更年期は虫歯が多くなる?更年期障害と虫歯の関係~キーワードは唾液?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期は心身に様々な不調をもたらします。

その不調を更年期障害と呼んでいます。

更年期障害は、全く症状が出ない人から寝込んでしまう人まで個人差があり、その症状は身体的なものからメンタル的なものまで多種多様です。

子どもから高齢者まで発症しやすい虫歯も、更年期障害の症状のひとつと言われています。

スポンサーリンク

更年期障害はこうして起きる

エストロゲンがポイント

更年期は閉経を挟んだ10年前後の時期を指します。

一般的には45~55歳に訪れることが多いとされています。

40歳を過ぎると卵巣の機能が衰えて、女性ホルモン「エストロゲン」が急速に減少していきます。

このエストロゲンは妊娠の準備や骨の形成、女性らしい身体作りといった作用のほかにも、自律神経や脳の働きに影響を与える大切なホルモンです。

多岐に渡る更年期障害の症状

エストロゲンの減少が原因となって様々な心身の不調が表れることを更年期障害と言います。

  • 身体的症状~頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、肩や首のこり、腰痛、冷え、消化器不良、月経不順、睡眠障害など
  • メンタル的症状~憂鬱、不安、落ち込み、イライラ、集中力や意欲の低下、喪失感、感情の浮き沈みの激しさなど

ここに挙げたのは症状の一部であって、更年期障害の症状はもっと多岐に渡ります。

どんな症状がどれくらいの期間に渡って表れるのかも個人差があり、全く症状の出ない人から寝込んでしまう人まで様々です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい