更年期の物忘れ~もしかして認知症?更年期障害の物忘れの症状とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期になると物忘れの症状が目立つようになることがあります。

これは女性ホルモンの分泌量が減少すること、また強いストレスも原因になっていると言われています。

稀に認知症の初期症状だったというケースもあるので、物忘れの症状がひどくなっている場合は医療機関を受診しましょう。

スポンサーリンク

更年期障害の症状を知っておこう

女性ホルモンの働き

更年期は閉経を挟んだ前後10年程度の期間を指します。

日本人の場合、45~55歳に訪れることが一般的とされています。

40歳を過ぎると卵巣の機能が衰え、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が急速に減少。

エストロゲンは妊娠の準備や女性らしい身体作り、骨の形成だけでなく、自律神経や脳の働きにも作用するホルモンなので、心身に様々な不調を及ぼします。

更年期障害の症状とは?

更年期障害はホットフラッシュ、頭痛、めまい、耳鳴り、肩や首のこり、吐き気、冷え、動悸、消化器不良、生理不順、睡眠障害といった身体的症状と、憂鬱、落ち込み、不安、イライラ、喪失感、集中力・判断力・意欲の低下、感情の激しい浮き沈みなどのメンタル的症状があります。

症状はこれ以外にも多岐に渡っており、その出方にも個人差があります。

集中力や判断力・意欲の低下などは記憶力にも影響を与えるため、更年期に「物忘れ」の症状が表れやすくなるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい