更年期の「もやもや」は更年期障害?もやもやするのは意外と危険?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害は身体の不調だけでなく、心の状態にも注意が必要。

ネガティブに傾きがちになる心の症状では、ひどくなると「うつ病」を発症するケースもあります。

不安感や憂鬱感、何だか心がもやもや・ざわざわするといった症状は多くの人に見られます。

そんな症状への対策ってあるのでしょうか?

スポンサーリンク

どうして起こるの?更年期障害

大切なホルモン「エストロゲン」

40歳を過ぎると卵巣機能が低下し、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が急速に減少します。

エストロゲンは自律神経や感情の動き、脳の働きにも作用する大切なホルモン。

このエストロゲンの減少は更年期の様々な心身の不調に繋がり、それを更年期障害と呼んでいます。

更年期は誰にでも訪れるものですが、更年期障害には個人差があります。

それまでと殆ど変わらないという人もいれば、日常生活には問題ない程度の人、その一方で寝込んでしまうほど重い症状の人もいます。

更年期障害の代表的な症状

更年期障害は、

・身体的症状~頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、動悸、首や肩のこり、腰痛、胸焼け、消化器不良、月経不順、睡眠障害など

・メンタル的症状~憂鬱感、不安感、喪失感、落ち込み、イライラ、感情の大きな浮き沈み、意欲、集中力、判断力の低下など

これらは一部の代表的なもので、その症状は多岐に渡ります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい