もしかして妊娠?と勘違いしてしまいがちな更年期の症状とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期を迎えた40~50代の女性には、吐き気などのつわりに似た症状を訴える人が少なくありません。原因が思い当たらないため「まさか妊娠した?」と考えてしまう場合も多いようです。

今回は、更年期におこるつわりのような症状の原因や解消法についてご紹介します。

スポンサーリンク

更年期特有の吐き気とは

吐き気の原因は更年期障害とは必ずしも言えません。一般的な吐き気との違いはどのように判断したらいいのでしょうか。

通常の吐き気との違い

風邪などで体調不良になった場合や、食あたりなどで胃腸の調子が悪くなった場合など吐き気はさまざまな原因でおこります。それだけに吐き気がおきても更年期障害の症状かどうか判断しにくいこともあります。

一般的な吐き気と更年期障害の吐き気との違いは、期間の長さです。一般的な吐き気は風邪や食あたりなどの原因がなくなれば数日から一週間程度で解消しますが、更年期障害の吐き気は長期にわたって続くことがほとんどです。

頻繁におこりやすい

また、更年期障害の吐き気は一般的な吐き気とは異なり頻繁におこることが多いです。毎日おこる、一日のうちに何度もおこるといったことも珍しくありません。

吐き気の程度もさまざまです。むかむかする程度でおさまる場合もあれば、急激な強い吐き気でトイレに駆け込む場合もあります。ただし本当に吐いてしまうことはまれです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい