腰痛の痛みがひどい!腰痛は左側?右側?前後?場所と痛みの原因

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛は、ほとんどの女性が経験したことのあるポピュラーな症状です。

特に育児をしているお母さんは、だんだんと重くなるお子さんを抱っこしたり、かがんだ姿勢で家事をすることで腰痛が出ることも多いことでしょう。

そんな腰痛の時にはどのような対処をすれば痛みが軽減できるのでしょうか?

また、腰痛に隠れた病気なども調べてみました。

スポンサーリンク

腰痛の痛みを緩和させるには「筋肉をやわらかくすること」

腰痛は急に痛み出す「急性腰痛」から、普段から鈍痛のように痛む「慢性腰痛」までさまざまです。

病気を伴わない腰痛の主な原因は、腰周辺の筋肉が硬くなり血行の流れが悪くなることで起こることが多いと言われています。

筋肉が硬くなると、腰まわりの神経を圧迫し、痛みが出てくるのです。

また、体重増加も腰痛の要因のひとつ。

体重が増え、重くなった上半身を支えるために腰には大きな負担がかかります。

ですから、腰痛に悩まされている方は、
・体重管理をしっかりすること(食べ過ぎない)
・身体を冷やさない(血行が悪くなります)
・重いものを無理にもたない
・生活していく上で、無理な姿勢をしないように気をつける

などの点に気をつけることが大事です。

右側だけが痛む腰痛の場合

遊走腎

遊走腎とは、比較的痩せ型で筋肉の少ない方に見られる症状です。

この遊走腎の原因は、腎の筋膜が弱いために腎臓が下がりることで腰痛が引き起こされます。

肝臓に関係しているので、肝臓のある右側に症状が出るのです。

この場合、命に関わるような病気ではないので安心ですが、痛みが強い場合にはコルセットなどで腰を固定することで痛みが和らぐ場合があります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、骨と骨の間にあるクッションの役目をしている「髄核」が、圧迫され左右飛び出すことで神経を刺激し痛みがでる症状です。

髄核が飛び出した方向によって、左右どちらかに痛みが出ます。

また、神経を直接刺激しているので症状の出ている方向の足の方まで痛みが発症することがあるのも特徴です。

椎間板ヘルニアになった場合には、手術によって飛び出した椎間板を切り取る方法がありますが、手術には数ヶ月ほどの入院が必要となりますので、入院のできない方は痛み止め(座薬)を出して貰ったりして痛みをなるべく軽減させ生活するしか方法がありません。

内臓の病気

腰の痛みは、内臓に何かしらの異常があることで出る場合もあります。

腎臓や肝臓の機能低下、もしくは何かしらの病気がある場合に右側の腰から肩甲骨にかけて痛みが出ることがあります。

これは、隣接した内臓から連動して右側の痛みにつながっていることがあるからです。

就寝時など、安静にしている時にも右側の腰やその周辺が痛む場合には内臓の機能障害の可能性もありますので、そうした症状が出た場合には一度病院で検査してもらうことをオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい