更年期の「暑い」症状が悩み!暑くて眠れないのは更年期障害?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害の症状で最も有名なものと言っても過言ではない「ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)」。

急激に暑くなって大量の汗をかいたと思ったら、その後に悪寒が襲って来たりと、その体調の変化にヘトヘトになってしまう人も少なくありません。

そんな症状が、ぐっすり眠りたい夜中に表れることも…。

この「暑い」症状、どうにか出来ないのでしょうか。

スポンサーリンク

更年期障害は、なぜ起きるの?

エストロゲンって どんなホルモン?

更年期は閉経を挟んだ前後10年程度の期間を指します。

40歳を超えると卵巣の機能が衰えて、女性ホルモンエストロゲンが急激に減少します。

エストロゲンとは…

・妊娠の準備を整える
・女性らしい身体作りをする
・骨の形成、維持
・自律神経や脳の働きに作用
・血管系疾患の予防

といった働きをする大切なホルモンです。

更年期障害の仕組み

エストロゲンの分泌をコントロールしているのは脳の視床下部という所にある下垂体。

この下垂体が卵巣に「エストロゲンを出しなさい」と指示を出します。

しかし加齢とともに衰えた卵巣はエストロゲンを指示通りに分泌することが出来ません。

エストロゲンが分泌されないことで下垂体は何度も繰り返し指示を出し続け、それでも分泌されないことで脳が混乱してしまうのです。

その混乱が同じ視床下部にある自律神経にも影響を与え、身体に様々な不調を及ぼします。

これが更年期障害の原因なのです。

症状によっては深刻な更年期障害

更年期障害の症状は人それぞれ

更年期障害は、

・身体的症状~ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、
       動悸、冷え、肩や首のこり、消化器不良、月経不順、睡眠障害など
・メンタル的症状~憂鬱、不安、落ち込み、喪失感、イライラ、集中力や意欲の低下、
         感情の大きな浮き沈みなど

これらの症状が良く知られています。

症状の出方は人それぞれで、

・全く何の症状も出ない人
・仕事や家事などの日常生活には影響がない程度の症状の人
・何も出来ず、完全に寝込んでしまうほど重い症状の人

など、まさに十人十色なのです。

ホットフラッシュは意外と深刻な症状なのです

更年期障害の代表的な症状でもあるホットフラッシュ。

季節や気温に関係なく、いきなり身体がカーッと暑くなって大量の汗をかきます。

首から上の顔や頭部を中心に起きるケースが最も多く、突然顔が真っ赤にほてり、滝のような汗が流れます。

汗は首から背中や胸、腹部などまでビショビショにし、着ている衣類が濡れて不快な思いをするほどです。

何の前触れもないことから事前に防ぐことが出来ず、人前で恥ずかしい思いをしたという人も少なくありません。

このホットフラッシュの症状が苦痛で人前に出るのが嫌になり、外出を躊躇する人もいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい