顔に噴き出る汗は更年期障害の症状?汗の症状対策は漢方の得意分野です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今までそんなに汗かきでなかったのに、最近、額などから汗が噴き出るようになったと言われる方、もしかしたら更年期障害が原因の汗かもしれません。

更年期の間に汗が異常に出やすくなるのは、女性ホルモンや自律神経のバランスが崩れることが原因です。

このような汗の対処に得意なのが、漢方です。

スポンサーリンク

更年期に汗が出やすい理由

周りの人たちは汗などかいていないのに自分だけがこんなに汗が出てしまって……。

もし年齢が40、50代であれば更年期障害の症状の一つと考えてもいいかもしれません。

このような汗を「ほてり」「のぼせ」「多汗」などといった言葉でよく表現されます。

女性ホルモンの減少

更年期と言われる年令にさしかかると、女性ホルモンが減少し、生理を終わらせる準備に入ります。

今まで常に一定量あった女性ホルモンの減少は、自律神経、つまり、交感神経、副交感神経のバランスを崩してしまいます。

このような体内の大きな変化に対応できず、汗が出る、動悸、頭痛、イライラ、冷え性などの症状がその代償として出現してしまうのです。

更年期障害の症状は人それぞれ、違います。

症状によっては婦人科を受診し、例えばホルモン補充療法を施すなど専門的な治療を必要とすることもあります。

しかし、軽度の人は、ドラッグストアなど簡単に購入できる漢方薬でもそれらの症状の改善は期待できます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい