更年期障害の辛い精神症状に眠くならない精神安定剤なら抑肝散

             

抑肝散が更年期障害改善に効果がある理由

この漢方薬はイライラ、気が高ぶりやすい、あるいは緊張が強く、体ががちがちになりやすい人に効果的です。

更年期障害のように自律神経のバランスが乱れ、色んな精神不安定症状を抱え込んでしまうような場合も効果的ということです。

更年期に入ると、不眠を訴える人も少なくないのですが、抑肝散を就寝前に飲むことで、気が静まり,安らかな、深い眠りを導いてくれます。

精神科、心療内科に行くほどではない症状

精神科等の受診までは必要ないと思うけれど、、更年期障害による精神不安定症状はあり、多少なりとも辛いものがあるといった時に、抑肝散をまず、飲んで、改善を試みるというやり方もお勧めです。

又、精神科、心療内科を受診し、異常なしと言われたにもかかわらず、精神不安定症状はあいかわらず、に改善されないといったケースもOKですね。

上記のような理由で抑肝散を飲み続ければ、症状の緩和緩和、また、快適だったころの生活のリズムを取り戻すことも期待できます。

       
最新情報をチェックしよう!