うつ病になりやすい更年期の不安感‥現在認められている有効な治療法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期の不安感や抑うつ気分は、更年期にあたる女性の40%に観察されるとのこと。

これらの症状を放置しておくと、本格的なうつ病になりやすいと専門医は危惧しています。

うつ病への移行を阻止するために、行われている現在の治療も紹介します。

スポンサーリンク

更年期の不安感、抑うつ気分を感じる時に起きる身体、精神の変化

更年期の不安感などは、エストロゲン(女性ホルモン)の減少、個人の気質、色んな心理的要因(会社、人間関係、親しい人の死別、容姿の変化、老後の不安など)が複雑に絡み合って出現してきます。

更年期に現れた精神症状は更年期障害そのものなのか、更年期に発症したうつ病の症状なのか、この二つの症状は重なる部分が多いため、その区別は非常に困難とされています。

血清FSH値で更年期に入ったかどうかを確認

FSHは卵胞刺激ホルモンの略名で、血清FSH値の高値が続く場合、エストロゲンが十分に分必されていないこととなり、更年期に入ったことを意味し、更年期障害の諸症状がでてきます。

閉経周辺期間にうつ病の発生率がピークとなって閉経した後は減少し、エストロゲンは低値に落着き、精神症状もおちついていきます。

一方で、更年期の女性が抱える問題(前述)、それを受けとめる本人の気質が重なり合って、うつ病の発症への危惧が懸念されます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい