低用量ピルのマーベロンでプレ更年期・更年期を快適ライフに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

低用量ピルは経口避妊薬ですが、今はそれだけでなく、快適な更年期ライフを送るためには欠かせない薬となりました。

特にマーベロンは他の低用量ピルに比べ、エストロゲンの量が少なく、副作用の心配もあまりありません。

更年期障害の諸症状に苦しむ女性の味方といえる「マーベロン」を紹介します。

スポンサーリンク

マーベロンが更年期障害に効果がある理由

マーベロンは女性ホルモンのストロゲンやプロゲステロンが入った低用量ピルです。

低用量ピルと言えば、避妊薬ですが、成分が女性ホルモンということもあって、生理痛、生理不順、更年期障害等の改善に効果があります。

低用量ピルが生理痛や生理過多を改善する仕組み

低用量ピルを飲み続けると、血中に女性ホルモンが常に一定量、保たれることになります。

そのため、排卵がなくなり、子宮の内膜が薄くなっていきます。

子宮の内膜が薄くなれば、出血量が減り、痛みも軽減されていきます。

マーベロンの効能・効果

避妊効果は勿論のこと、HRTと同じような更年期症状改善効能があります。

また、35~45歳までのプレ更年期に起きるトラブル解消にも対応可能で、子宮内膜症や月経前症候群の症状緩和にも効果画あります。

そしてニキビですが、ニキビは男性ホルモンの影響を受けます。

マーベロンに入っている黄体ホルモンのプロゲステロンが女性の体内にもある男性ホルモンの働きを抑えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい