胸が張って痛い!更年期障害による痛み?乳ガンの可能性も考えて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期に入るまでも生理前になると胸が張って痛くなったことがある人は結構、多いと思います。

では、更年期近い年齢になって、今までの痛みとは違う、又は痛みがひどくなったなどという経験はありませんか?

今までとは違う胸の張り、痛みについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

どんな時に胸が張って痛くなる?

生理の前後に関係するのか、生理が終わっても痛みは続くのか、胸の張りや痛みの出方は、人それぞれです。

生理前の胸の張りや痛みの場合

一般的に胸の張りや痛みは生理前に起き、生理後にはそれらの症状は消えていることが多いものです。

それは生理前になると、プロゲステロンという女性ホルモンの分必が活発になり、乳腺が発達してきて、妊娠、出産をするための体つくりが行われます。

生理後の胸の張りや痛みの場合

更年期の年令にさしかかると、ホルモンのバランスが乱れ、生理後でもプロゲステロンが分必されてしまうことがあるようです。

又、生理後も胸の張りや痛みがある場合は、ホルモンバランスの乱れ以外の原因も考えなくてはいけません。

一番、考えなくてはいけないことは「乳ガン」の可能性です。

乳ガンも又、乳房の張り、傷みを生じる場合があります。

マンモグラフィや超音波の検査で発見されることが多いですが、乳房の痛みで受診し、乳ガンだったというケースも珍しくありません。

乳ガン以外、乳腺炎や乳腺繊維腺腫(良性腫瘍)でも整理前後に関わらず、張りや痛みを感じます、

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい