ルボックスってどんな薬?更年期障害の症状改善に期待されるルボックス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1999年、今までの抗うつ剤(三環系・四環系)とは全く違う画期的な抗うつ剤としてルボックスが発売されました。

現在は次々と新しいSSRIが登場し、ルボックスを処方する医師も少なくなりました。

とはいえ、発売当時はセロトニン受容体のみで三環系抗うつ剤などのように他の受容体に作用しにくい薬として大注目を浴びました。

スポンサーリンク

ルボックスはどんな薬?

ルボックスはSSRIと言われる薬で、日本語では「選択的セロトニン再取込阻害薬」と訳されます。

セロトニンとは、脳内の神経伝達物質の一つで、ルボックスはそのセロトニンを増やして、抗うつ作用を発揮します。

ルボックスがうつ病に効果がある理由

ルボックスはセロトニンを増やす薬です。

先ほど「選択的セロトニン再取込阻害薬」と書きしたが、「再取込阻害薬」の言葉を説明しましょう。

脳内に放出されたセロトニンは役目を終えたり、過剰になったりすると、回収処理を行いますが、この回収処理を「再取込」と言います。

ルボックスが、その回収処理をできないようにするため(阻害)、セロトニンの処理は行われず、セロトニンが増えていくというわけなのです。

又、ルボックスはセロトニンだけに反応するようになっているので、三環系抗うつ薬などにみられる抗コリン作用も抑えることができます。

抗コリン作用とは、アセチルコリンがアセチルコリン受容体にくっつかないように阻害する作用で、口渇、便秘、認知機能低下のような症状がでやすくなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい