• 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 閉経
    閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
    2018年6月10日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 更年期
    更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
    2018年6月16日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
  • 生理(月経)
    生理予定日前後の出血を解説
    2018年6月16日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
  • 閉経
    閉経後の出血の原因は不正出血? 出血量、血の色、腹痛の有無に着目
    2018年6月12日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 生理(月経)
    長い生理周期の原因と改善方法を解説!更年期の不正出血も気を付けて
    2018年6月21日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 生理(月経)
    生理前、生理中の体温は上がる?下がる?基礎体温測定で見えること
    2018年6月18日
女性の髪の悩み‥更年期が原因?円形脱毛症になってしまったら

円形脱毛症は美容院に行って、頭を見た美容師さんが「あらあ、ここに」と言われて初めて気づいたなんてことがよくあるみたいですね・

女性は髪が長いので、自分ではなかなか気づきにくいものですが、円形脱毛症と言えば、ストレスなどが原因でなると大体の人は知っています。

更年期は身体や精神の変調をきたす時期で、ストレスを産みやすい状況です。

果たして関連性は?

スポンサーリンク

まずは円形脱毛症を学ぼう

円形脱毛症は男性脱毛症とは原因が異なり、自己免疫疾患の一つです。

免疫システムが「何等かの原因」でおかしくなってしまい、本来ならその体を守ってくれるはずのリンパ球が、何と守るべき体の毛根(毛母細胞など)を攻撃してしまうため、その部分の脱毛が始まるわけなのです。

円形脱毛症のタイプ

まずは単発型。いわゆる10円はげと言われるもの。

いきなり、ポッと10円硬貨大の無毛域を発見するところから始まりますが、このあたりまでであれば、6割は自然治癒すると言われています。

ところが、治癒せず、進行すると、それが2個以上になるなることが。

個数が増えたり、隣同士の無毛域がくっつき、大きくなったりという現象が起きてきます。

そして、治癒の機会がなければ、多発融合型、全頭型、汎発型とどんどん進行し、最終的には無毛域が全身に広がる全身脱毛症(悪性円形脱毛症)になってしまいます。

円形脱毛症と更年期はどういう関連性がある?

円形脱毛症になるには「何等かの原因」があると前述しましたが、この原因のいくつかにストレスやホルモンバランスの乱れがあります。

更年期になると、エストロゲンが減少するとよく言われますが、育毛効果のあるエストロゲンが減るわけですから、当然、抜け毛は起きてきます。

免疫システムもホルモンバランスの影響を受けやすい

円形脱毛症は免疫システムに異常が起きた自己免疫疾患ですから、当然、更年期の乱れてしまったホルモンバランスの影響をうけた結果の状態と言えます。

そのため、円形脱毛症だけでなく、他の更年期障害の諸症状も重症化している可能性があります。

重症化をはっきりと自覚できるものもあれば、自覚症状はまだ現れないものの、潜在的に重症化している場合もあります。

実はアレルギー性が約8割

アトピー性皮膚炎、喘息などのアレルギ―疾患を持った人は円形脱毛症になりやすいと言われています。

アレルギーがある場合でもストレスが発症の原因となり、アレルギ―の重症度に円形脱毛症も重症化していきます。

只、ストレスで誘発されたのであれば、ストレスが解消されれば、半年程度で完治できる望みもあります。

更年期障害の抜け毛を改善する方法

エストロゲンは女性に「美」を齎すもので、髪の毛にも美しさ、艶やかさを演出しています。

そんなエストロゲンが更年期あたりには自覚症状が出てしまうほど、減少してしまうのですから頭髪が抜けはじめ、薄毛になっていくのも自然なことでしょう。

だからと言って、薄毛になっていくのを自然にまかせるのではなく、やり方次第では薄毛にストップをかけることも可能です。

育毛剤を利用する

今、色んな女性用の育毛剤が市場に出回っています。

育毛効果の高いプラセンタエキスをはじめ、、コラーゲン,ビタミン剤を含んだ育毛剤があります。

又、男性用の発毛剤として名高いミノキシジル配合のリアップX5の女性版も出ています。

女性版の方がミノキシジルの濃度が低く、安全性が高くなっています。

エストロゲンの血中濃度を下がりにくくするサプリメント

エストロゲンに似た作用を持つイソフラボンやプラセンタのサプリメントがお勧めです。

只、ホルモン感受性の乳ガンの人はイソフラボンのサプリメントは摂らない方がいいでしょう。

ストレスをためない、作らない

(まとめ)

女性にとって髪のダメージは辛いものです。

とはいえ、形脱毛症の初期の段階であれば、治りやすいとどの専門医も言います。

しかし、更年期の円形脱毛症を克服できても、エストロゲンの減少を食い止めない限り、薄毛状態は続きます。

円形脱毛症をきっかけに髪全体を見直し、ヘアケアに勤しみましょう。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
  • 病は気から…はNG!更年期女性が注意すべき婦人科系の病気や体の衰え
  • 胸の打撲は要注意!そこには重要な臓器を傷つけている可能性がある!
  • ポリープって?がんと似ているポリープの詳細知ってますか?
  • 胸・背中など体のいろんなところにできるヘルペスって何?
  • 乳腺にできたしこりって乳がんなのか?胸の病気って他にもあるの?
  • 胸の不調や病気で病院へ・・どんな病気の可能性が?どの科へ相談すれば?
おすすめの記事