• 更年期
    更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
    2018年6月16日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理予定日前後の出血を解説
    2018年6月16日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 胸の悩み
    好調な時から予防知識を!乳首が痛い時は生理前・排卵・妊娠・更年期?
    2018年4月1日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 閉経
    閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
    2018年6月10日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 閉経
    閉経後の出血の原因は不正出血? 出血量、血の色、腹痛の有無に着目
    2018年6月12日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
  • 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 更年期
    更年期の体温は高い、低い、微熱のどれ?上がる・下がる原因も解説
    2018年6月17日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
日頃の行いの表れ!?現代人が抱える「腰痛」の原因と改善ポイント4つ

「なんだか腰が痛いけれど、いつものことだから」と見ないようにしていませんか? 現代社会には、腰痛の原因となり得る様々な要素が潜んでいます。実は、大きな体の異変が隠されているなんてことも……!

今回は、そんな腰痛の原因と改善策にスポットを当て、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

腰痛の原因4つ

(1)運動不足

運動する機会が減ると、自然と筋力の低下してしまいます。特に背中や腹筋などの筋肉が弱ってしまうと、その分背骨や腰骨に負担がかかってしまうのです。

(2)姿勢が悪い

机に向かう時間が長くなってくると、猫背になっていたり、足を組んで椅子に座っていたりしませんか? それだけでなく、いつも同じ肩にバッグを掛けていたり、同じ向きで寝ていたりすると、骨盤や背骨にゆがみが生じてしまう可能性があります。この歪みが、腰痛を引き起こすのです。

それだけでなく、正しく筋肉が使われなくなることによって、筋力や柔軟性も低下し、筋肉の強張りを招いてしまいます。そこから血行不良が起こすことも、腰痛の要因と言われています。

くわえて、姿勢が悪くなると背中の片側の筋力だけが弱るなんてことも……。すると、左右のバランスが崩れて強い負担がかかり、腰に痛みが出てしまうのです。

(3)長時間同じ姿勢での作業

デスクワークなどで長時間同じ姿勢が続いたり、運搬などの腰を使う作業や過度な運動を続けたりすると、筋肉が疲労します。すると、腰や背中の血流が悪くなってしまい、腰痛が誘発されてしまうのです。一般的には『疲労性腰痛』や『筋膜性腰痛』と呼ばれています。

(4)寝不足やストレス

寝不足やストレスにより身体の疲労が改善されていないと、腰痛を招きます。特にストレスが蓄積されていくと自律神経や脳内物質のバランスが崩れてしまうため、本来大したことないはずなのに腰にズキッと重い痛みを感じてしまうなんてことも……。

生活習慣が原因の腰痛改善テクニック4つ

上で挙げたように、腰痛の原因の多くは“生活習慣”です。

マッサージや湿布で多少治まったとしても、要因となっている生活習慣の改善に努めなければ何度もぶり返してしまいます。そこで今日から実行してほしい、腰痛改善のポイントをまとめました。

(1)適度な運動・ストレッチ

年齢を重ねれば重ねるほど、運動不足による筋力の低下が腰痛を招くようになります。トレーニングをする必要はありませんが、自転車のところを徒歩に変えてみたりするなど、生活の中に運動を取り入れると良いでしょう。

ですが、最近は長時間机に座って作業することが増えたこともあり、なかなか運動をする時間を取れないというのが実情だと思います。

そんな時は、椅子に座った状態で伸びをしたり、1時間に1度は立ち上がってストレッチをしたりと、同じ姿勢で長時間過ごさないように意識してみてください。

また、朝起きた時や夜寝る前にストレッチをするのを習慣にすれば、腰痛予防・改善になるだけでなく、目覚めや入眠も変わってくるのではないでしょうか。

(2)ビタミンB群・ビタミンE・たんぱく質・カルシウムを摂るように

肩こりや腰痛の医薬品にも使われている“ビタミンB1”と“ビタミンE”。ビタミンB1には筋肉疲労を回復する効果が、ビタミンEには血行促進と筋肉弛緩の効果があります。そして、筋力をつけるために必要なたんぱく質やカルシウムを摂るようにしましょう。

アーモンドに赤ピーマン、レモンと鶏ささみで、サラダやエスニック料理なんかにすると取り入れやすいのではないでしょうか。

これらの食品を摂ることは、健康的な美しさを保つのにも必要不可欠なので、毛嫌いせずバランスの良い食事を心掛けてくださいね。

(3)腰痛へのマイナスイメージを捨てる

腰が痛くなると、それをかばうような生活をしてしまう人は多いのではないでしょうか? 「歩くとつらい」「背中を伸ばすと痛い」というマイナスイメージを持ち続けてしまうと、余計に姿勢が悪くなったりと、どんどん悪循環に陥ってしまいがちです。

実際、「伸ばすと本当に痛いんだよ!」と言っていた方が、整体で背中を伸ばしてもらっても痛くなかったなんて話もあるほど。

「腰が痛いから……」「腰が痛くなったら嫌だから……」などといったことは、なるべく考えないようにするのがオススメです。

(4)痛くなったら、マッサージや湿布で軽減を

持続性は低いですが、効果が表れやすく、痛みが軽くなるため、「腰が痛くて、本当に辛い! 今どうにかしたい!」という方には効果的です。

それでも辛い人は、整形外科・内科の受診を!

しかし、ここまで紹介した方法をとったり、「湿布を貼る日々が何週間も続いてる」という方は、根本療法が必要です。

体の異変や疾患の可能性が……!

有名なのは『椎間板ヘルニア』や『腰部脊柱狭窄症』、『急性腰痛症(ぎっくり腰)』です。また、胃腸・膵臓・腎臓・胆のう・心臓・尿道・婦人科系など、腰痛を伴う体の異変も非常に多く存在しています。

原因をしっかりと特定して、不安を一新

まずは病院を受診することが先決といえるでしょう。

しかし、腰痛の85%は原因が特定できないと言われており、貼り薬や痛み止めになってしまうことが多いのも事実です。そういった場合は、先生と相談しながら生活習慣などを振り返り、原因を特定して改善することが望ましいでしょう。

日々の生活と向き合うことで、腰痛は改善できる!

生活習慣が主な原因である、腰痛。自身の身体や生活と向き合う良い機会と捉えて、腰痛を改善・予防し、快適ライフを送りましょう。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
病気・不調の関連記事
  • 病は気から…はNG!更年期女性が注意すべき婦人科系の病気や体の衰え
  • 胸の打撲は要注意!そこには重要な臓器を傷つけている可能性がある!
  • ポリープって?がんと似ているポリープの詳細知ってますか?
  • 胸・背中など体のいろんなところにできるヘルペスって何?
  • 乳腺にできたしこりって乳がんなのか?胸の病気って他にもあるの?
  • 胸の不調や病気で病院へ・・どんな病気の可能性が?どの科へ相談すれば?
おすすめの記事