「初めての彼のご実家訪問」で好印象を持ってもらうポイント5つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

待ちに待った、初めての彼のご実家訪問、両親との顔合わせ。多くの人が緊張する瞬間です。「少しでも好印象を持ってもらいたいけれど、具体的にどうすればいいのかわからない! そんな方必見の、超基本ポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

手土産は、お義母さんに喜んでもらえるものを

手ぶらで行く方はいないと思いますが、手土産選びに悩む方は多いのではないでしょうか。

選ぶコツとしては、お義父さんよりも、同性であるお義母さんに気に入られること。事前に、彼に好みを聞いておいて、それに合わせた3,000円前後のものを持っていきましょう。

また、切り分ける必要があるものよりも、小分けに包装されたものの方がGOODです。ご家族の人数を確認しておき、過不足ないようにしておくのもお忘れなく。人数より少し多く入っているものを選んでおくと安心です。

彼とライフプランを一致させておく

彼のご両親にとって、息子の結婚は一大イベント。実家訪問となれば、そうした話題が上がる可能性は高いです。結婚の話題を通して、あなたと彼がどれくらい真剣に交際しているのかを知ろうとしてくる部分もあります。

「あなたに転勤の可能性はあるの?」

「もし、息子が転勤したらどうする?」

「結婚後も働き続けるの?」

「子供は何人くらいほしい?」

こうしたライフプランについて、彼とは意見をある程度、一致させておきましょう。そうすればこうした話題を振られた時も臆せず答えることができ、二人が将来的なことまで考えてお付き合いしていると思ってもらえます。

長居しすぎない

初対面の人と長くいるのは疲れますし、その相手に気に入られたいと思っていればなおさらです。あまり長居してしまうと、緊張と疲れから上手く会話ができなくなってくる可能性があります。

相手の家族もあなたに多少なりとも気を遣ってくれているはずですから、同じく疲れを感じていることでしょう。そのため、あまり長居をしてしまうと、せっかく好印象を持ってもらえても、最終的に「なんだか疲れたな」という印象に終わってしまう可能性があります。

こうした事態を避けるため、彼の実家には長居せずに、さくっと帰る意識を持ちましょう。基本的には日帰り、それが難しい場合は、彼は実家、あなたは近くの宿に泊まると賢明です。

もしも彼のご家族に泊まるよう促されたら、宿の予約をしてあることを伝えましょう。それでも「どうぞ」と言ってくださる場合は、ありがたく受けてくださいね。その場合は、できるだけ早めに就寝することをオススメします。

清潔感のある身だしなみをする

ご実家に行くときは、清潔感のある服装をしましょう。スーツでは“仕事の雰囲気”が流れてしまうので、きれいなワンピースなどが無難です。

あくまで好印象を持ってもらうことが大切なので、あなたの好みはさておき、彼のご両親によく思ってもらえる服を選ぶようにしてください。髪型も一つにまとめるように、小物も地味な色合いを選んだ方がいいですね。

ネイルにも気を使い、薄いピンクやベージュ程度のとどめておきましょう。特にネイルは、派手な色合いやストーンなどがついていると「料理しない人なのね」と思われてしまう可能性が高いですから。

また、ご実家に上がるときは靴を脱ぐことになるので、靴下やストッキングにも注意しましょう。もしものときのために、予備を一つ持っておくと安心です。靴も、ヒールは5㎝程度におさえ、汚れのついていないものにしてくださいね。

話題選びに気を付ける

初めての方との会話は、とても緊張するもの。それが彼のご両親であればなおさらです。あまり無言の時間が続くと印象も良くないので、こちらから色々話題を振るようにしましょう。

盛り上がるのは、彼の小さいころの話。生まれたころや小・中学生時代など、あなたにとって新鮮な話が聞けるかもしれません。また、彼のご実家でペットを飼っているようならその話題も無難です。

避けたい話題は、政治や宗教、スポーツなど、好みがはっきりと分かれるもの。また、学歴の話も避けておきましょう。あなたの方が高ければ「女のくせに生意気」と思われる危険性がありますし、反対に低ければ「うちの息子と釣り合わない」と思われる場合も……。どちらに転んでも盛り上がりにくいので、話題にしないようにしましょう。

せっかくのチャンス、ご両親に好印象を持ってもらおう

初めてのご実家訪問は、誰しもが緊張するもの。できるだけ準備をして、粗相のないように気をつけましょう。失敗してしまっても大丈夫。彼がカバーしてくれますから、気負いすぎず、楽しんで行ってらしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい