楽しく安全な旅を!女性が海外に一人旅する際に、注意しておくべきポイント

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もが一度はあこがれる、一人旅。誰かと一緒の旅行も良いですが、スケジュールは自分次第、気の向くままに、自由な旅もいいものです。

ですが、女性は男性に比べて、いろいろなリスクがつきまといます。ここでは海外一人旅をするときに抑えておきたい注意点を6つご紹介します。

過度な服装は控える

地味で肌を隠すことが、トラブルを避ける最も手っ取り早い方法です。日本ではミニやノースリーブはファッションの一部だとみなされていますが、国によってはいろいろと勘違いされることも……。

また、女性が肌を見せることを失礼と解釈されるケースも! こうしたトラブルを避けるためにも、足を隠す長いスカートや、胸や肩を隠せるストールやジャケットなどを1つは持っておくようにしましょう。

必要な情報は紙に書いて持ち歩く

最近ではほとんどの人が、スマホやタブレットから宿の予約をしています。道に迷ったとしても、住所や連絡先をすぐ検索できますから、便利ですよね。

ですが、スマホやタブレットも可能性が高いものの1つ。

身の安全を確保するためにも、必要な情報はメモに取って持ち歩いておきましょう。宿屋訪れる観光スポットの情報だけでなく、日本大使館や利用した旅行代理店の連絡先なども持っておくと安心です。

また、パスポートもコピーをとっておくと良いでしょう。海外ではパスポートがないと、自分の身分を証明するのにかなりの時間と手間がかかってしまうので、いざという時になかなか動けなくなってしまいます。

お金は分散して持つ

トラブルに巻き込まれたら、身の安全が第一優先。しかし、財布に全財産が入っていてもっていかれたら、その後の旅行は台無しです。

財布にはある程度の現金を入れ、他にも分散させておきましょう。鞄に直接入れておいたり、ホテルに金庫があればそこに入れてもいいですね。

一番のおすすめは靴の中。ポケットの中まで調べられても、靴の中までチェックされる可能性はかなり低いです。もしものためにお札を少し入れておくと、役立つ時が来るかもしれません。

持ち運ぶものは、ノーブランドのものを

お気に入りのお財布やかばんがブランド品だったとしても、一人旅の時は日本に置いていきましょう。海外では、それらを持ち運ぶだけでリスクを前に押しだしているようなものです。

未だに、日本人というだけでお金を持っていると思われる場所もたくさんあります。そんな中で少しでもリスクを下げるには、持ち物を地味にしておくのがポイントです。

忘れがちなのが、アクセサリー類。いつもつけているものだとついついそのまま旅行に行ってしまいがちですが、置いていった方が無難です。

また、カメラを首から下げているカメラ女子のみなさんも、海外に一人でいるときはなるべく鞄の中などに入れておいた方が賢明でしょう。

ホテルでも注意する

海外一人旅中の女性が、トラブルに巻き込まれることは珍しくありません。こちらから用事を頼んでいないのに誰か来た場合は、要注意です。

まずはドアを開けずに相手を確かめ、身なりがおかしければ無視しましょう。スタッフや業者のような恰好をしていても、一度フロントに電話をして確認したほうが安全です。

また、部屋のドアはしっかりしめて、常にカギをかけておくのは必須です。万一のために、必ずチェーンもかけておきましょう。

身の安全を守り、快適な一人旅を

こうしたポイントを押さえておけばリスクを最小限に抑えられます。しっかり意識したうえで、旅行を楽しみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする