TOEIC400から実践した「本気で英語が上手くなる」上達法5つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人旅行者の増加や2020年の東京オリンピック開催に伴い、英語に対する関心が年々高まってきています。この機会に“英語が話せないあなた”から、“英語が話せるあなた”へシフトチェンジしてみませんか? 

スポンサーリンク

積み重ねた分だけ、英語力はアップする!

帰国子女でも、ハーフでもない。留学経験もないし、英語の成績もずば抜けて良かったわけでもない。初めて受けたTOEICは400点、字幕なしで見た映画はサッパリ……。なーんて人も少なくないのではないでしょうか。

そんな人でも、チャレンジ次第で、辞書なしで会話ができるようになる人もいます。

大切なのは頑張りすぎないこと。肩の力を抜いて楽しみながら英語を勉強してくださいね。

1:英語が話せるようになりたい理由を明確にする

あなたが「英語が上手くなりたい」と思う理由はなんですか? 実は単純な質問のようで、大切なことでもあります。

これは一例ですが、壁をレオナルド・ディカプリオのポスターで埋めたりと、昔からアメリカ文化に憧れを持っていました人が、いつしか「英語が話せれば、ディカプリオ様の他にもたくさんのハリウッドセレブとお話ができるんだ!」と思うようになったことが、「英語が話せるようになりたい」とスタートを切った瞬間。そんな人もいます。

理由はなんだっていいんです。仕事で英語を使わなければならないでも、就職活動のアピールに英語の資格を取得したいでも、海外に行きたいでも、英語圏の友達が欲しいでもOK。理由をしっかりと見つけることが大切です。そして見つけたら、その理由を未来に向けてしっかりと膨らませること、これが英語を勉強する“やる気”へとつながります。

2:単語帳を1冊、どんなことがあってもやり遂げる

単語は覚えた分だけ、数をこなした分だけ、読解力が向上します。英字新聞や英語の小説を読むという勉強法もありますが、単語の意味が分からなければ読み進めることができず、途中で挫折してしまうことが多いです。それほど、単語力は重要になってきます。

『DUO 3.0』という単語帳には、現代英語で使われる重要単語1,600語と重要熟語1,000語が、560本の英文で収録されており、有名な英語学習教材の1つです。

『DUO 3.0』に掲載されていた単語やフレーズをひたすらノートに書き写し、最後の単語まで終わったらまた最初のページから……ということを繰り返してみましょう。例文も、優しすぎず難しすぎず、そしてたまにフッと笑ってしまうユーモアのあるものが多いため、とても覚えやすいです。

単語帳をやりきったことで、英語を勉強するスタート地点に立てると思っています。

3:インプットは自分が好きな映画・ドラマ・音楽から

今ではかなり身近になった英語圏の映画、ドラマ、そして音楽。これらは英語をインプットする材料としてかなり役に立ちます。筆者の場合は、アメリカのコメディドラマ『フレンズ』が、インプットにおすすめです。

1作につき20分前後で、日常会話で使えるフレーズがたくさん出てきます。『フレンズ』は10シーズンまであるのですが、最初の1周目は日本語字幕付きで、2周目は字幕なしで、そして3周目となる現在は英語字幕付きで見れるようになりました。「この表現、使えるな」と思ったら、ネットで公開されているスクリプトを確認。スクリプトから意味が汲み取れない場合は、解説を読んで理解という作業を繰り返すことで自然と頭に入ったように思います。

今回は『フレンズ』を例に挙げましたが、自分が夢中になれるものなら、それがあなたにとっての最高の教材となるはずです。そして自分に合った教材を見つけたら、様々な角度から(日本語→英語、英語→日本語など)勉強すること。リアルな英語を吸収でき、幅が広がるはずですよ。

4:どんな手段を使ってでもアウトプットは積極的に

一生懸命覚えた文法やフレーズは、その度にネイティブに披露してみてください。単語や英会話フレーズをどれだけ覚えたかに重点を置かず、どれだけ喋ったかに重点をおくことで実感を得ることができます。

自身の英語を披露するのは、ハードルが高いことかもしれません。「そんな表現知ってるなんてスゴイ!」と驚かれるかもしれませんし、「いつの時代の表現を使ってるの?」と笑われるかもしれません。

最初からいきなり上手くはいきません。でも、その度に「もっとリスニング力を鍛えなきゃ!」とか、「こっちの言い方のほうが今っぽいんだな」とか、1人で学習していても分からなかったことを知ることができるでしょうし、このハードルはぜひ乗り越えてください。

「周りにネイティブなんていないし……」という方もおられると思います。そんな時は、オンライン英会話を利用しましょう。1回のレッスンが200円前後なんて破格の値段のところもあります。

積極的にアウトプットすることで、英語に対する恐怖心が無くなり、さらに英語を話すのが楽しくなるはずですよ。

5:英語圏の友達をつくる

ここまで4つの英語上達法について説明してきましたが、実践的上達法が“英語圏の友達をつくる”です。

友達や彼氏との関係は、自分の意見や伝えたいことをしっかりと言葉にする努力をしないと成立しません。この努力が英語力を飛躍的にアップさせる鍵となるんです。メールの内容で使われている文法について調べてみたり、「この日本語、英語にしたらなんて言うんだろう?」なんて疑問が毎日湧いてくるはず。その度に面倒くさがらず調べてインプットしていきましょう。

だからと言ってこの上達法だけに頼ってしまうのはNG。ネイティブの友達は、ニュアンスさえ分かれば間違った表現でも分かってくれます。そのため、友達・恋人の間では伝わることが、世間一般的には全然伝わらない、なんてこともありえるのです。

しっかりとした英語を身につけたいのなら、机に向かって学習することも大切だということを心に留めておいてくださいね。

大切なのは「英語が好き」という気持ち!

一番心に留めておくことは、「英語が好き」という気持ちです。その気持ちを忘れずに勉強していけば、英語がどんどん上達していき、人とのコミュニケーションがもっと楽しくなりますよ。英語を勉強することに億劫になっている人は、この機会にぜひ一歩を踏み出してみてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい