つらい「むくみ」の原因と毎日できる予防法とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血液は、栄養や水分を隅々にある細胞にまで届ける役割を担っています。と同時に、不要になった水分や老廃物を運んで体外へ排出する役割も果たしています。しかし、何らかの原因で血液の流れが悪くなると不要な水分が体内に留まり、それがむくみを引き起こすと言われています。

今回は、女性の多くが頭を抱えるむくみの原因と予防法をお伝えします。

スポンサーリンク

知っておきたい!むくみの原因

むくみを引き起こす原因は様々。 睡眠不足や過労、女性の場合は生理や妊娠などでも引き起こされると言われています。特に多い、むくみの原因を挙げてみました。

長時間に渡る同じ姿勢~立ち仕事の人は要注意!

長い時間立ったままでいたり、座っていたりすると、足に血液がたまりやすくなります。すると、血液の循環が悪くなってしまい、不要な水分を運ぶことが出来ずに、足のむくみを引き起こてしまうのです。

運動不足~足の筋肉は重要です

重力によって、足にはどうしても血液が溜まりやすいです。それを、足の筋肉がポンプの役割を果たすことで改善し、血液の循環を促しています。ふくらはぎが“第二の心臓”と呼ばれているのには、そういった意味があるのです。

この足の筋肉が衰えるとポンプの役割を果たすことが出来なくなってしまうため、血行不良やむくみに繋がります。

塩分の過剰摂取

塩分を過剰に摂取すると、血液中に水分が溜まりやすくなります。塩分が必要以上に体内に入ったために、その濃度を薄めようとするからです。水分が溜まると、むくみに直結するため、塩分の摂り過ぎに注意する必要があります。

むくみに、こんな病気が隠れていることも……

たかがむくみと侮ってはいけません。肝臓や腎臓の疾患が隠れていることもあるので注意が必要です。

肝臓や腎臓は、不要な水分の排出を促す役割を持っています。これらの臓器が弱って十分に働くことが出来なくなると、足だけでなく顔などもむくむと言われています。

腎臓の疾患としてはネフローゼ症候群、急性糸球体腎炎、腎不全等、肝臓の疾患としては肝硬変、アルコール性肝炎、慢性肝炎などが考えられ、子どもから比較的若い世代でも発症する可能性があるのです。むくみだけでなく、体重の増加や息苦しさ、食欲不振や高血圧などの症状もあるようでしたら、一度病院に行き、診察を受けるほうがいいでしょう。

むくみ予防法は、生活習慣の見直しから

運動不足の解消

長時間、同じ姿勢でいることがむくみの原因になりますから、適度に運動をし、血行を促すことが非常に重要です。

栄養バランスを考えた食生活

揚げ物や焼き肉、ファストフードやスナック菓子などの油っこい物ばかりを摂取すると、血液がドロドロになり、血行不良の原因となります。また塩分の摂り過ぎにも注意が必要です。栄養バランスを考えた食事を摂るように心がけましょう。

しっかり入浴

夏場でもシャワーで済ませずに、しっかり入浴することが大切です。半身浴で体の芯からじっくり温め、血行を促すようにしましょう。

過労やストレスに要注意

疲れやストレスを溜めると、自律神経の働きに乱れを生じてしまいます。自律神経が乱れると心身をしっかり休めることが出来ず、様々な体調不良に繋がってしまうので、生活リズムを整えることが大切です。体調不良=血行不良と覚えておきましょう。

むくみは、気付いたら撃退を

ふくらはぎマッサージ

足首から膝の裏に向けて、優しくマッサージをおこないましょう。クリームやオイルを使うと、スムーズに出来ます。体の末端から中心部に向けてマッサージをおこない、リンパの流れを良くしておくと、むくみが早く改善されることを覚えておきましょう。

足をあげておく

オーソドックスではありますが、リラックス出来る時や就寝時には足を高くしておきましょう。着圧ソックスやフットマッサージャーの利用もおススメです。逆に、締め付けの強い衣類や靴を長時間着用すると、血行を悪くしてしまうので、むくみの原因となりますので気をつけてください。

むくみは体の不調です

むくみを頻繁に起こすようになると、その症状に慣れてしまうこともあります。しかし、むくみは体の不調です。中には大きな病気が隠れているケースもあるので、日々しっかりとケアすることを意識して、ひどいむくみが続く場合は、出来るだけ早く医療機関で診てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい