更年期の骨粗鬆症の原因と予防・治療法は?40代~50代女性が悩む骨折や骨の病気

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代、50代と年齢を重ねる度に気になる体のこと、病気のこと。その一つに骨密度が減少し、骨の中身がスカスカになってしまう“骨粗鬆症”があります。特に女性は、更年期と骨粗鬆症とセットで耳にすることも多いのでは?簡単に言いますと、骨の内部がスカスカになってしまいモロくなって、簡単に骨折してしまう状態になる状態を指しています。

ここでは、骨粗鬆症の原因や予防方法、治療方法、食事や運動などもチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク

骨粗鬆症の原因は?

加齢とともに起こりやすくなる骨粗鬆症ですが、原因は単純に年齢だけではありません。

閉経後の女性の罹患率は男性の3倍と言われており、女性ホルモン“エストロゲン”が大きく関わっていると言われています。

エストロゲンには女性らしい丸みを帯びた体作りや、妊娠の準備、自律神経を整えるといった働きがありますが、骨の形成を促進し、骨密度を維持する役割も果たしています。にもかかわらず、40歳を過ぎると減少し始めるため、閉経を迎える頃の女性は骨の量が大きく低下してしまうこともあるそう。

高齢者がかかるものと油断せず、30代・40代から気をつけておくことが大切です。

背骨の変化に注意を!

背骨が曲がったり、背が縮んだりといった症状が見られたら、骨粗鬆症の可能性があります。背骨の骨折はもろくなった椎体が上下に押し潰されるような形で起こることが多く、これにより背中が曲がったり、身長が低くなったりするのです。

腰や背中に痛みを感じる人がいる一方で、何も感じない“いつの間にか骨折”を起こしていることも少なくありません。背骨や背中に変化を感じたら、骨粗鬆症を疑いましょう。

背中の骨がモロくなるとこんな症状も

背骨の骨は身体を支えている骨でありますから、ここが弱くなると重さに耐えられずに潰れたり、変形したりして圧迫骨折してしまいます。

また、そこまでいかなくても姿勢が悪くなったり、背骨が曲がったりして日常生活に影響が出るだけではなく、内臓にも負担を掛けます。

骨密度を測り、今の自分の状態を把握しよう

若い人の中には「ちゃんと毎日食べているし、運動もそれなりにしているから大丈夫」と思い込んでいる人がいますが、本当の骨の状態はきちんと検査を受けなくては分かりません。

骨密度はX線や超音波などを使って測りますが、その結果「なんらかの対策が必要である」と診断された場合は、速やかに生活習慣の見直しや治療をスタートさせてください。

骨粗鬆症には、遺伝や加齢、間違った生活習慣などが原因で起こる「原発性骨粗鬆症」と、栄養障害や病気、投薬などが原因となる「続発性骨粗鬆症」の二種類があるので、まずは原因を正確に把握することが大切です。

その上で、医師と相談しながらどのような治療を進めていくのかを決めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい