「DHA」と「EPA」の効果とオススメ食材をチェック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一度は耳にしたことがある“DHA”と“EPA”という言葉。体に良いものであるという認識はあっても、違いや効果について、きちんと分かっていない人は多いように思います。

今回は、血管や脳の健康維持に必要と言われる“DHA”と“EPA”について詳しく、そして分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

血液をサラサラにしてくれる“DHA”と“EPA”

DHAが“ドコサヘキサエン酸”、EPAが“エイコサペンタエン酸”という、舌を噛んでしまいそうな正式名称があります。

DHAとEPAは、さば・いわし・まぐろなどの青魚中心に含まれている“不飽和脂肪酸”のひとつで、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、血液もサラサラの状態を保つ効果があります。

また、不飽和脂肪酸の中でも、オメガ3系の脂肪酸がたくさん含まれているのも特長です。

オメガ3は魚油・荏胡麻油・亜麻仁油・紫蘇油といった非常に質の良い油であるため、新陳代謝を活発にし、生活習慣病(高血圧・糖尿病・肥満など)の予防に繋がります。

更に、アレルギー症状の抑制や緩和、脳の働きを活発にし、記憶力などを向上させる効果(認知症の予防にも有効)、脂肪の燃焼を促し、肥満や便秘を予防するなどの効果もあるとされているほど!

体内で合成される物質ではないため、食べものやサプリメントなどで意識して摂取する必要があります。

DHAは脳、EPAは血管に効果が!?

より細かく見ていくと、DHAとEPAでは少し効果に違いがあります。

DHAの効果

脳の神経細胞を守るため、脳に入ろうとする物質を選択・制限する部分を通過できるDHAは、記憶力や学習能力を司る海馬へ、酸素や栄養を送り届ける役割を担っています。DHAが脳にたくさん送り込まれることで、集中力や判断力も向上すると言われているほど。

他にも、記憶力の向上、抗うつ効果、認知症の症状の改善や予防、視力回復効果も期待されています。

EPAの効果

EPAは高脂血症、閉鎖性動脈硬化症の治療薬にも使用されており、医薬品としても優れた効果を発揮しています。また、血栓予防、血管を健康に保つ役割を担っており、抗炎症作用や免疫力を高める効果も期待されています。

効率良く摂取するには…

厚生労働省のHPによれば、「DHAとEPAを合わせて1日当たり1000mgを摂取すること」を勧めています。

この2つが多く含まれる食品は、下記。

・あんこうの肝

・いくら

・すじこ

・大西洋さば(ノルウェーさば)

・くろまぐろの脂身

・いわし

・さんま

ですが、これらの食品を毎日摂ることは難しいですよね。そんな時は「さばの味噌煮の缶詰」や「まいわしの蒲焼きの缶詰」、「さんまのみりん干し」などの加工品からも摂取できますから、取り入れてみてはどうでしょうか。

「それも厳しい」という人は、手軽に摂れるサプリメントがおススメ。出来るだけ継続して摂取することが大切なので、無理なく続けられる方法を選択しましょう。

脳の健康にはDHA、血管の健康にはEPA

食生活が欧米化してきた現代では、この2つが豊富に含まれる青魚などを食べる機会が少なくなっています。しかし、DHAもEPAも体内で作られる物質ではないため、意識して摂取することが必要です。加工品やサプリメントなどを上手に活用して、継続的に摂取していき、脳と血管の若々しさを維持しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい