• 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 胸の悩み
    好調な時から予防知識を!乳首が痛い時は生理前・排卵・妊娠・更年期?
    2018年4月1日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 更年期
    更年期の体温は高い、低い、微熱のどれ?上がる・下がる原因も解説
    2018年6月17日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
  • 生理(月経)
    生理前、生理中の体温は上がる?下がる?基礎体温測定で見えること
    2018年6月18日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理予定日前後の出血を解説
    2018年6月16日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
ホルモン効果!?恋とキレイの関係をチェック

「恋をしている女性はキレイだ」と言いますが、これに同意してくださる女性は多いのではないでしょうか。恋をしている女性は、はつらつとしていて明るく、そして肌がキレイになっている気がしませんか? 

実は、これにはちゃんとした理由があるのです。恋をすると、なぜ女性はキレイになれるのか?

スポンサーリンク

恋すると分泌されるホルモンがある!?

「私この人を好きなのかも?」って思った瞬間、急にドキドキしてきた経験はありませんか? 実はその瞬間、“PEAフェニルエチルアミン”というホルモンが分泌されているのです。

ドキドキが分泌のキッカケ?

ただこのPEAホルモンは、ドキドキすることで分泌されます。

好きになった人の前でのドキドキだけでなく、吊り橋のような高いところに行ってのドキドキのときも、不安からドキドキしてしまうときにも分泌されるのです。

ただ、同じ相手には3~4年しか分泌されず、その後は安定的な“エストロゲン”というホルモンの方が多く分泌されるようになることがわかっています。

PEAが増えると、食欲がなくなる!?

PEAホルモンが多く分泌されると、食欲抑制の効果があると言われています。「好きな人のことを考えると、食事ものどを通らない」はとても理に叶っており、このPEAホルモンのせいと言えるでしょう。

また、気持ちを上向きにする効果や美肌効果、瞳を潤ませる効果もあるそう。恋をするとキレイになる要因も、PEAが関係していると言えますね。

女性をより女性らしくするホルモンも存在している!?

ほかにも恋する女性をキレイにするホルモンがあります。それが、エストロゲン。

分泌されることにより、女性らしさがアップしてくるといいます。

更年期の症状も、改善してくれる可能性あり?

エストロゲンは更年期に減少しだします。ところが、エストロゲンの分泌が減っているにもかかわらず、下垂体は刺激されて分泌を促進しようとする動きもあるので、自律神経が混乱し、“更年期障害”と呼ばれるような症状が現れてしまうのです。

つまり、更年期の時期に入ってからもエストロゲンが分泌されるようにすれば、改善や予防に役立つと言えるのではないでしょうか。

だからといって、不倫をすすめているのではありません! 若いアイドルや韓流スターなどを対象にした“エア恋愛”でいいのです。ドキドキするような気持ちを味わうことで、エストロゲンを分泌させ、若々しくいられて更年期も抑えられたら、最高ではないでしょうか。

交際が長続きする人に多いホルモンがある!?

恋愛の初期段階で多く分泌されるPEAホルモンに対し、心を安定させる働きをするのがセロトニンです。このセロトニンが不足すると精神的に不安定になると言われています。

短い恋愛を繰り返す人は、PEAの分泌量が多く、恋愛が長続きする人はセロトニンの分泌が多いそう! 交際を長続きさせたい方は、セロトニンの分泌を促進させるあれこれを試してみるといいかもしれません。

ホルモンを意識すると、恋愛も上手くいく?

恋愛することで、ドーパミンや心地よさをもたらすエンドルフィンなどが分泌されるそうです。「なんだかうまくいってない」と感じる方は、ホルモンに注目して恋愛してみるのもありかもしれませんよ!

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
ライフスタイルの関連記事
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
  • 保険
    女性は気になる!更年期にさしかかる年代に備えておきたい医療保険!
  • ホルモン効果!?恋とキレイの関係をチェック
  • プライベートでも仕事でも役に立つかも?「プレゼン力」の磨き方
  • やっぱり運動はした方がいいの?子どもの運動不足を解消する取り組み3選
おすすめの記事