朝に食べるだけの「モーニングフルーツダイエット」で手軽に理想体重に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運動や食事制限、サプリメントなど、巷には様々なダイエット方法が溢れています。ですが、効果的であるとされていても、「痩せた!」と実感できていない人が実はとても多いんです。

もしかしたら、あなたの体質にあっていないのかもしれません。そんな方は、次に“モーニングフルーツダイエット”を試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

モーニングフルーツダイエットの原理

モーニングフルーツダイエットは、その名の通りフルーツを食べるだけのダイエット法。

午前中を“排泄時間”、昼12時から夕方までを“活動時間”、夜を“吸収の時間”とし、この循環を考えた食生活を送ることで、排泄リズムを整えて痩せ体質を得る仕組みです。

フルーツを摂取するのは、午前中。消化・吸収の良いフルーツのみにすることで、内臓が本来のリズムである排泄に集中することができるため、体の不純物を効率的に排出することができるのです。その上、消化する力が活発になるため、便秘やむくみなども改善し、「体が軽くなった」と実感する方も多いのだそう。

また、フルーツに含まれる酵素の力もダイエット効果を促してくれます。酵素は、体のサビを落とす力がありますから、不要な脂肪や老廃物などを押し出して、キレイにしてくれるので、キレイになりながらダイエットをすることができるんです。

モーニングフルーツダイエットがもたらす変化とは?

モーニングフルーツダイエットをすることで、ダイエット効果も期待でき、そのほかにも嬉しい変化をもたらしてくれます。

便秘改善

食事制限や置き換えダイエットをすると、便秘に陥りやすくなりますが、モーニングフルーツダイエットは便秘解消効果が期待できます。

フルーツには食物繊維が満点な上、酵素の力も働き、体の中の不要なものを排出してくれやすくなるのです。フルーツを食べる習慣をつけるだけで、便秘が解決する可能性があります。

美肌

排泄リズムがととのって代謝が活発になると、お肌のターンオーバーも整ってきます。すると、お肌の古い角質も除去され、くすみやシミなどのお悩みを解決することも期待できます。

アンチエイジング効果

フルーツには、アンチエイジング効果のある抗酸化作用があると言われています。そのため、フルーツの若返り力を上手に吸収し、若々しさを維持できる人が多いようです。

集中力アップ

お腹がいっぱいで眠くなってしまうことって、よくありますよね。これは、お腹の中のものを消化するために、お腹に力が集まってしまい、脳に送られるパワーが不足していることが原因です。

朝食に消化の良いフルーツだけを食べることは、吸収するための力をあまり使わずに済むため、集中力がアップします。余分なものを食べ過ぎないことで、脳に必要なパワーを送ることができ、集中力もあがるというわけです。

モーニングフルーツダイエットのやり方

モーニングフルーツダイエットのやり方はいたってシンプル!

朝はフルーツとお水だけ!

朝食の代わりにフルーツを食べましょう。飲み物は、水かお白湯が最適です。

フルーツの種類は特に問わないので、りんごやバナナ・オレンジ・イチゴ・キウイなど、好きなフルーツを選びましょう。その季節の旬のフルーツを選ぶと、おいしい上にリーズナブルに手に入りやすいのでおすすめです。

1つ注意しなければいけないのが、フルーツと水以外のものは一切食べないこと。フルーツ以外のものを口にすると、効果が出にくくなってしまうので、注意しましょう。

コーヒーなどの飲み物も口にできないため、毎朝コーヒーを飲む習慣がある人にとっては最初は辛いかもしれませんが、続けていくうちに慣れていくのでご安心ください。

空腹感に負けないためには?

「朝食にフルーツしか食べられないと、お腹がすいてしまうのではないか?」と思う人もいるかもしれません。

モーニングフルーツダイエットでは、フルーツであればどれだけ食べてもOKなので、お腹がすいたらフルーツをつまんでください。腹持ちがいいりんごやバナナを食べるのが、オススメです。

ずぼらな人にピッタリな、モーニングフルーツダイエット

おいしいフルーツを楽しみながら実践できるモーニングフルーツダイエットは、若い人から年齢を重ねた人まで、幅広い方がチャレンジしやすいダイエット方法です。手間もかからず、とても簡単。

なかなかダイエットのための時間を設けることができない人でも挑戦できるのは、嬉しいポイントですよね。ダイエットしながらきれいになることができる、モーニングフルーツダイエットに、ぜひ挑戦してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい