独身女性が備えておくべき生命保険

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独身時代、特に若ければ若い程「生命保険なんて必要ないわ」と思われる方のほうが多いと思います。

確かに年齢が若い程病気や死亡のリスクは低いので必要性の部分では感じない人のほうが多いのも納得いきます。

しかし若いうちは男性よりも女性のほうが保険料は高いのです。

その理由は「給付金の請求率の高さ」は若いうちは女性のほうが多いからです。

では独身女性の方が備えておくべき生命保険とはどんな保険なのかご紹介いたします。

かけすぎなくていいので保険料は抑えましょう。

現役で働いていてもかけすぎの保険は不要!

日本人が月々払っている保険料は正直高い人のほうがほとんどです。

それは選ぶ保険会社によっても異なりますが

かけすぎているのが本音です。

ではかけすぎている?というのはどういうことなのかご説明いたします。

若ければ若い程介護保障はいらない。

介護保険で1000万円ほど備えている人が見受けられますが若い人ほど介護保険はいりません。

若いうちに介護状態になったら国の保障は何もない。というのが販売員の売り言葉ですが

介護状態になるリスクの低さと介護状態になったとしても給付金を受けられる可能性の低さを見ても保障をかけるほど保険料が割高になり使わない可能性のほうが高いのです。

そして介護保険には死亡保障も含まれている可能性が高く

死亡しても1000万円

介護状態になっても1000万円 どちらか先に給付することができますという

保険のタイプが多いため保険料が割高になっています。

どうしても備えておきたいという方は300万円ほどに抑えておくことで保険料も抑えることが可能です。

高額すぎる死亡保障は不要!

現役で働いていたとしても1000万円以上を超える高額な死亡保障は必要ありません。

独身時代の死亡受取人の多くはご両親のどちらかです。

その場合必要となってくるのはお葬式代です。

会社勤めの方は会社の方たちがお葬式に参列する可能性が高いため葬儀をしないわけにはいきませんし、いきなり高額な葬儀費用をご両親に負担させるわけにもいきませんので

社会人として最低500万円ほどは残しておきましょう。

500万円でも多いと思われる方も多いと思いますが

葬儀後は1周忌、3回忌など年数が過ぎて行ってもお金が発生する機会は非常に多いのです。

さらに現代の独身女性に多いのが「カード払いでのショッピング」の負債です。

毎月一括払いで返済している人はそんなに重要ではないですが

リボ払いなどにしている人は負債が残っている可能性があったり

更に奨学金の支払いをしている人など「負の遺産」を抱えている方は

自分に万が一の後はご両親に一括返済を求められます。

そういった返済があるかたは必ず生命保険をかけ何があってもご両親が困らないようにすることも大切です。

がんは心配だから保障で残しておきたい!はもったいない!?

いつの時代も人気なのが「がん保険」です。

しかしがん保険の多くは医療保険に付加するものではなく死亡保障の上に準備して加入している人が多いのです。

加入者の多くはその事実を知らないままに加入している人が多いのです。

「がんになったら一時金で500万円うけとれます」

こんな保険に加入しているひとはまず、自分の加入携帯を調べましょう。

一時金系のがん保険は、がんになったら500万円かがんにならずに亡くなった場合は500万円のどちらでも備えられています。なんて言われますが

死亡保障を上乗せしているのと同じですので保険料が割高です。

さらに通常の死亡保障が無くがんの一時金で500万だけで加入している場合はがんで先に500万受け取った場合は死亡保障は無くなってしまいます。

そんな加入の仕方をしてしまうと保険料が高いだけではなく、本当に何かあって困ったときに必要な金額を受け取れない可能性も出てきますので

がん保険の一時金タイプには十分に気を付けるか

がんでの死亡保障を付加するのではなく医療保険の特約として付加するか、がん保険だけを別で加入することをおすすめします。

まとめ

独身時代は保険なんて…と謙遜する人が多いですが、意外に知られていない事実として若ければ若い程女性のほうが保険は必要だったりします。

若くてもなる可能性の高いがんにかかってしまったら

保険を選ぶどころは加入することもできません。

しかし、女性は一回加入すると男性のようにライフサイクルに応じて見直しをする必要もないので

最初に入る保険はよく考えて必要な分だけ加入しかけすぎないように注意しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする