若い独身女性も抑えておきたい保険について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若ければ若いほど生命保険とは無縁だと思いこみ保険を後回しにしている人はたくさんいます。

生命保険の必要性は身近な人が病気になったり自分が病気して初めて気づかされるもので自分から進んで保険を検討する人はほとんどいません。

しかし、心配になっている時に保険会社に勧められたままの保障に加入し実際に蓋を開けてみたら「かけすぎている保険」に加入している人が多いのも現実です。

保険は必要なものですが、その年代に合った保険に入りかけすぎない事が大切です。

年代別に必要な生命保険のご説明を致します。

スポンサーリンク

若ければ若いほど必要なのは医療保険!

20代の保険

死亡保険に多く加入すると保険料が高くなりますが、死亡保障を下げれば保険料は割安になり医療保険の充実させることができます。

生命保険は自分の近辺整理とお葬式費用の準備で必要な約300万~500万円ほどで十分だと思います。

もちろん病気になってしまったら見直しできない場合もありますので絶対に少ない金額でも良いとは言う話ではありませんが20代でのリスクを考えると低めなので、最初から大きな保障をかけなくてもいいと思います。

20代女性は医療保険が高い。

20代の場合女性の医療保険は男性よりも高めになっております。

20代は出産適齢期と言われ妊娠出産に関する給付金請求が多く特に帝王切開はどこの会社でも給付金ランキング1位~3位に入るほどです。

帝王切開だけではなく、妊娠中毒症や切迫早産で入院なども増えてきています。

こちらは病気と診断され給付金を請求することができます。

この事から20代女性は医療保険の請求をするリスクがあるという事です。

妊娠してからの加入の場合は子宮に関する入院(妊娠中毒症や帝王切開など)は請求しても給付金はおりませんよという条件というものが付加されますので結婚妊娠まえから医療保険だけはしっかりと備えておくことをおすすめします。

30代の生命保険

30代女性の生命保険と医療保険のあり方

独身の場合は大きな保障を残す必要もありませんが会社でバリバリと働いている場合はもし自分に万が一の事態が起きたとき、お葬式の参列者も20代の頃よりも多くなり、それなりに大きな葬儀になることは予測されますので500万~800万は家族に残しておくと良いと思います。

また結婚が近い人は先々、子供を産むことも仮定して家族の為に1000万~働き続ける人は1500万ほど残しておくと残された家族が少しでも早く元の生活スタイルに戻る為に保険金を使うことができます。

医療保険は出産以外にも30代になってくるとガンのリスクも上がってきます。

30代女性は身体の変化が大きく出てくる年代でもあり

さまざまな病気のリスクが一気に上がります。

医療保険は女性特有の病気に対する特約を付加して充実した保険に加入することをおすすめします。

40代の生命保険

40代女性の生命保険と医療保険のあり方

この年代の医療保険が一番難しいのです。

独身の場合は30代と同じように800万~1000万ほどで十分だと思いますが30代と同じような充実した医療保険に加入しつづけると保険料は上がってきます。

しかし病気のリスクもかなり上がってきていますので特に重要なのはガン保険をメインに医療保険を考えましょう。

40代から乳がん・子宮がんのリスクは急激に上がります。

乳がんや子宮がんは闘病期間も長くかなりのお金が必要となってきます。

ガンにかかったら100万円おりますよ!

という一時金形式のがん保険では無く

「実損填補型」の治療にかかったぶんの治療費を全て支払います!のような保険の方が安心して治療を受けることができます。

乳がんは12人に1人がかかると言われている病気ですが生存率は毎年上がっています。それだけ医療技術が上がってきているという事です。

45歳からが医療保険の境目

45歳を超えてくると妊娠出産にかかわる給付金のリスクが減ってくる為、女性医療特約ではなく成人病特約に切り替えることをおすすめします。

これだけで保険料を少し抑える事ができます。

まとめ

いつの年代も生命保険は必要な商品です。

しかし、大切な事は年齢に応じて準備する保険が違うという事です。

病気のリスクは年代によって大きく変化していきます。

ですので、年齢別に見直しのできる更新型でなるべく安い保険だけど充実している保険を選び、その時の自分の年齢に合った生命保険に加入することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい