きちんと知っておきたい乳がんの実態!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人女性の25~30人に一人が抱える乳がんは30歳代から増加を始め、50歳前後にピークを迎えます。

働き盛りの女性に多い身近ながんの一つであり女性の死亡原因1位を長年キープしています。

乳がんへの備えや自己検診など色々とありますがまず乳がんと言う病気をしっかり知っておきましょう。

■乳がんの特徴とは?

▼開発が進みやすいがんの一つ!

乳がんは進行が緩やかで患者の平均年齢も低く、治験結果が得やすことからさまざまな治療薬の開発が進んでいます。

また薬での療法だけではなく外科手術や放射線治療などと組み合わせた選択肢も幅を広げてきています。

■乳がんでも胸を残したいと思うのが本音!

▼温存治療のあり?なし?

もし乳がんと診断されたら一番最初に思い浮かぶのは「胸は残せるのか?」だといいます。

この乳房の切除への境目はがんの進行度によって変わってきます。

乳房を摘出しない場合は早期発見である事が重要となってきます。

もしかなり大きながん細胞を発見した場合でも乳房は何とか残したいと思われる方も多く、

その場合は、手術の前に抗がん剤を投与し、がん細胞を小さくしてから外科手術をする方法もあります。

こちらの場合は費用がかさむ可能性が高いため、医療保険やがん保険をどれだけしっかりと加入している事が重要となります!

やはり命の選択、乳房を残す選択をしたいと思った時にも保険にしっかりと加入していなければ治療も難しい。

この現実ががんという病気なのです。

■乳がんの治療費は実際どれくらいかかる?

▼がんはお金がかかるというけれど…?

がんと聞くと莫大なお金がかかるイメージが強いですが、実際はどこにどれだけの費用がかかってくるのかイメージはわきにくいものです。

乳がんの平均入院日数は16日。

昔のように長期入院をするパターンは少ないので医療保険の加入する際も短期入院に手厚くするほうがよいでしょう。

そして、手術ですが、乳房を切除したりする手術もありますが、検査費用、入院費、手術費を含め4日間のトータル3割負担で計算すると約9万弱です。

これだけみると「お金がかかるイメージ」は払拭されるので、がん保険の必要性をあまり感じません。

しかし、上記にも記載した通り乳がんの発症率の高い年代は「働き盛り」であること。

実際にがんと診断された後の仕事事情はかなり変わってきます。

がんと診断されてから仕事を辞めた人は約17%

給料が減った人が31%

と、生活に直結する事態に直面する人も多くいるのです。

そこでがん保険もしっかりと対応されなければ、治療はおろか先々の生活も苦しくなるのは明らかです。

さらに生活のためにカードローンを組もうとも「がん」という病気を告知するだけで組めないこともあります。

治療して治ったとしても「再発」という恐怖は付きまとうため、様々な診査の足かせになってしまうことは珍しくありません。

■一番かかる費用は術後!

▼今まで発生してこなかったものへの出費が始まる!

乳がんの怖い所は再発ももちろんですが、術後のさまざまな角度から発生する出費です。

抗がん剤治療を約18回ほど(3週間に1回)行いますが

こちらの治療は健康保険適用の治療の場合は大きな負担ではないですが、抗がん剤の副作用で抜ける髪の毛を隠すためにウィッグを購入したり、人工乳房や専門の下着の購入など小さいようで大きな出費が重なっていくのもダメージとしてジワジワと効いてきます。

■まとめ

乳がんという病気は女性なら誰もがかかる可能性の高い身近な病気の一つです。

これだけ知名度も高い病気にも関わらず保険への対策をしていない方も多く、さらに乳がん検診を受けていない人も多いのです。

乳がん検診に至っては、先進国で受診率は最下位に近い程未受診の方がほとんどです。

各自治体では40歳を超えてからくる検診無料クーポンがありますが、乳がんの発症率は30歳代から高くなってくるため、早期発見のためには、30歳を気に検診に行くことをおすすめします。

乳がんにかかった人が家族にいなくても関係はありません。

働き盛りの女性であれば誰にでも可能性がありますので検診と同時にしっかりと医療保険やがん保険にも加入して最善の治療を選ぶために、生活のために備えておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする