まさに現代病?精神疾患と医療保険

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代人の多くはストレスを抱えており、そのストレスを発散できないままに日々を過ごしています。

中にはそのストレスに気づかないまま頑張りすぎてしまって、気づいた頃には投薬が必要な状態にまでなってしまった。

なんてことも今では珍しくありません。

さらに保険には入っているけれど、給付金の請求はできるのか?など詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

■ストレスフリーは難しい。精神疾患の現状

▼意外と厳しい精神疾患

一度精神疾患を患ってしまうと保険の加入は難しいとされています。

今ではがんよりも厳しいと言われています。

もちろん患者数が増えた事もありますが、がんとは違って、目に見えない病気であり原因も不特定ということから診査基準は難しいとされています。

健康診断のように数値でわかるものやガンでも再発率の高い期間を過ぎれば緩和されたりしますが、精神疾患という病気は数値が無ければ特定の原因をも不明とされています。

そして投薬期間も長いことから、保険会社では判断に迷う所があるのです。

さらに女性の場合はホルモンの乱れによって精神疾患を患う可能性は高く、甲状腺の病気と併用して精神疾患を発症することもあり閉経前後の女性に多いと言われております。

さらに生理不順の方もホルモンの分泌に乱れがあり可能性があると言われています。

この精神疾患は常に隣合わせで私たちと共存しています。

ではその精神疾患で保険は対応されるのでしょうか?

■医療保険に加入していれば対応される!

▼精神疾患も病気!給付金の対象に!

精神疾患も一つの病気です。

手術をする可能性は極めて低いですが入院する可能性はあります。

入院した場合、女性特有の病気などの特約からの給付はないものの、主契約の医療保険(日額5000円など)部分は入院した日数に応じてきちんと給付されます。

一日5000円の医療保険に加入していて、1週間入院すれば35000円の給付を受けられ、入院見舞金などが付加されていればもちろん給付されます。

この場合、今後、保険の見直しは難しくなるため、保険の更新をするか満期になったら保険の消滅かどちらかになります。

一度病気になると見直しができなくなることも考えると更新の保険というのは高くなるイメージが高いですが、見直しができない人にはありがたいものです。

特約の金額などを減らせば保険料が高くなることなく更新をしてくれて、さらに古い医療保険の場合は新しい保険に自動で切り替わる事もあります。

期間が15年や20年で終わってしまってその後に新しく入り直そう!

と言われて加入した保険はその期間を持って終了、もちろん新しく加入はできないので無保険状態になってしまいますので医療保険の加入方法は考えることが必要です。

■精神疾患のほとんどは通院。

▼通院保障は少ない!

通院保険は今ではほとんどの保険会社で提供されていません。

ケガなどの通院で販売されている保険があるものの通院保険は不払い問題を引き起こし営業停止となった保険会社もあるほどです。

例えば一回の通院で3000円給付される保険に入っていても、診断書が5000円だったらマイナスになってしまいますよね?

マイナスになるのをわかっていて請求する人はいません。

しかし、給付金を払っていないということで保険会社は不払い扱いとなり、通院保険の販売のリスクが高いとして販売を停止しました。

少しずつ通院に対する備えの改善で発売開始している保険もありますが、ごく少数であり、ほとんどががん保険のがんで通院のした時の保障です。

精神疾患で入院することは少なく、ほとんどが通院で投薬と休養を勧められます。

そして、投薬も健康保険が利くのでそんなに高額な薬はほとんどありません。

しかし休養となってしまったら家計が圧迫されることは避けられません。

会社員の方は傷病手当があるのでお給料の約3分の2の保障はありますが、住宅ローンの返済や子供の教育費などの支出は減らないままに収入だけが減ります。

そんな時に頼りたいのは生命保険。

しかし精神疾患で対応される保険は少なく、一時金で少額をもらえる保険などごく一部でしか販売されていません。

保険会社の対応が急がれています。

■まとめ

精神疾患と聞くと自分には無縁のような気持ちもありますが、常に隣合わせにある病気です。

進行度合いでは日常生活に支障をきたすかたもいらっしゃいます。

さらに精神疾患は長く付き合っていかなければいけない病気で、とにかく心と体の休養を必要とする病気です。

そんな時でも毎月の支出は変わりません。

通院保障は少ないものの一時金でも対応される保険は販売されてきています。

一度でも精神疾患の疑いがあると加入はおろか見直しも難しくなるので、健康な時にしっかりと手厚い保障を検討することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい