医療保険を考える前に知っておきたい国の公的保障!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気にかかったときに入院や手術を受けると非常に大きなお金が動きますよね。

その支払いで貯蓄が無くなったり生活が圧迫するのは避けたい。

そんな状況に陥らないために加入するのが医療保険です。

しかし、加入者の多くは病院へ支払う額が大きいと思い多額な保険に加入している人が多いのです。

「お金がかかる」イメージが強すぎて、ついかけすぎてしまうのが心配性な日本人の特徴ですが

日本には公的保障といわれるとても親切な保障がありますので、その保障を理解したうえで足りないと思う分だけを医療保険でカバーしておけばかけすぎやかけなさすぎを防止することができます。

それでは国の公的保障についてご説明していきます。

スポンサーリンク

■病気やケガでの公的保障!

▼自己負担額の違いはなぜ?

健康保険証を出して受ける診察は3割負担なのは今では国民すべてが一律です。

しかし年齢や所得制限によって自己負担額が変わってきます。

・小学校入学前…2割負担(※お住まいの自治体の補助にとり軽減か無料の所が多数)

・小学校入学後以上70歳未満…3割負担(※お住まいの自治体の補助にとり軽減か無料の所が多数)

・70歳~74歳…2割負担(※所得・生年月日によって異なる)

・75歳以上…1割負担(※所得・生年月日によって異なる)

と、お住まいの自治体や年齢や所得によって病院へ支払う金額は人それぞれなので、加入する保険もそれぞれ違うのも納得がいきます。

▼自己負担の上限はあるの?

大きな医療費がかかった場合高額療養費制度がありますがこちらの制度も所得区分に応じて金額が異なってきます。

    自己負担額(70歳未満)

所得区分

自己負担限度額

標準報酬月額

83万円以上

252.600円+(医療費-842.000円)×1%

※4回目以降は140.100円

標準報酬月額

53万円以上83万円未満

167.400円+(医療費-558.000円)×1%

※4回目以降は93.000円

標準報酬月額

28万円以上53万円未満

80.100円+(医療費-267.000円)×1%

※4回目以降は44.000円

標準報酬月額

28万円未満

57.600円

※4回目以降は44.000円

住民税非課税

35.400円

※4回目以降は24.600円

    ※平成27年1月から所得区分が変更されました。

この表を見ていただければわかるように高額療養費制度は、1か月の自己負担額が一定額を超えた場合超過分が請求することにより支給されます。

会社の社会保険に加入している人は健康組合から高額療養費制度について問い合わせてくださったりしますが、健康保険の方はご自身で市区町村へ行き、ご自身で申請する必要があります。

■公的保障を知った上で必要となる医療保険

▼意外と保険はいらない?

高額療養費制度を見ると思っていたよりも自己負担額はないんだなと知った方もいらっしゃると思います。

例として胃がんと診断され22日入院した場合。

22日間の入院

手術あり

医療の合計は健康保険適用内だったため140万の3割だけの支払いだった。

140万の3割でも決して安くはありません。

140万円の3割負担額は42.1万円です。

ここは医療費だけですので差額ベット代や食事代は含まれていません。

一番世帯的に多い所得区分で計算してみます。

標準報酬月額28万以上53万円未満の場合で計算

80.100円+(42.1万円-267.000円)×1%=81.640円

そこに22日間の食事代と差額ベット代(室料)を合わせ約19.7万円

医療費81.640円+差額ベット代が19.7万円で

総額278.640円となります。

22日間の入院のため1日当たりの料金は12.665円でした。

▼実際の医療保険はどれくらい出るの?

もちろん加入している保険会社によって異なります。

例えば

入院日額5.000円

手術給付金10万円の場合

5.000円×22=110.000円

手術給付金100.000円 二つ合わせて22万円なので足りないので少しの金額を負担します。

さらに保険を請求する際は保険会社で用意してもらう診断書が必要となり、こちらは病院によって異なりますが1通4.500円~12.000円の負担が出てきます。

しかし今回の例として「胃がん」でお話しをしていますので、ここにがん特約が付加されていて、がんでの入院時は日額に+5.000円

手術給付金も上乗せで10万支払われる保険に加入すれば、44万円の給付となるため支出より給付金のほうが多くなることもありえるのです。

通常の病気やケガで入院時は5000円 がんの時は上乗せの5.000円ぐらいで足りる?と思っていた方には朗報ですね!

日額1万円と多くの保険に加入している方もいらっしゃいますが、日本は本当に優しい国ですので意外と多くの日額は用意しなくても大丈夫なのです。

■しかし落とし穴もある!

今までの話は全て「健康保険が対象の入院手術」の話でした。

しかし、がんという病気だけは非常に特別であり、がんに侵された部位によって治療法は大きく異なります。

医師からの説明の中には「保険適用外」の治療のお話しが出ることもあります。

がんの治療の多くは保険適用外の治療が多く、さらにほとんどが通院となります。

この保険適用外の治療を受けるということは、今まで健康保険のきく3割負担の治療を受けていたとしても全てが自己負担へ切り替わります。

ですので先ほどの胃がんの場合は140万の支払いとなるのです。

しかし、保険適用外の治療法は生存率を高め最新技術として多くのがん患者の命を救ってきているのも事実です。

この現状を知っている人たちは「がんはお金がかかる」と口をそろえて言うのも納得がいきます。

ですので世の中には溢れんばかりにがん保険が販売されているのです。

■まとめ

医療保険は多くの方が自分にとって一番身近でありちょっと多めにかけておこうと思われる保険ですが、使ったら助かりますが使わなかったらもったいないだけです。

使っても助かり使わなくても損しない保険に加入することが一番の良いので、がん以外の治療に関しては健康保険が聞くので日額は5.000円~6.000円と手術給付金を医療保険から用意して、がん保険だけは別に加入することをおすすめします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい