• 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 胸の悩み
    好調な時から予防知識を!乳首が痛い時は生理前・排卵・妊娠・更年期?
    2018年4月1日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 更年期
    更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
    2018年6月16日
  • 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
  • 生理(月経)
    長い生理周期の原因と改善方法を解説!更年期の不正出血も気を付けて
    2018年6月21日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
  • 更年期,生理 更年期
    更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因
    2018年4月6日
バストアップに大きく関係する睡眠、正しい睡眠で効果的な胸育を!!

人にとって良質な睡眠がとても大切だということは皆さん既に存じのことと思います。

そして、その睡眠はバストアップにもとても重要なファクターとして関わってくるのです。

ご自身の睡眠をもう一度見直し、バストアップにも身体にも良い影響を与える質にできているか検証してみませんか?

スポンサーリンク

■なぜ睡眠が大切なの?

質の良い睡眠をとることで、胸にもしっかりと栄養が行きわたりバストが育ちやすい体内環境をつくることができるのです。

▼バストアップだけではない様々な効果

質の良い睡眠をとることはバストアップだけでなく、肌や髪、骨や筋肉など身体の細胞1つ1つに良い影響を与え、ダイエット、アンチエイジングにも効果があることが分かっています。

▼質の良い睡眠とは?

質の良い睡眠と一言にいいますが、具体的にはどういったものなのでしょうか。

身体にとって良い効果をもたらす睡眠が「質が良い」とされますので、身体のリズムに沿った内容を構築する必要があります。

▼具体的にどうすればいい?

いくつか具体的にご紹介しましょう。

① なるべく24時までに眠る

睡眠のゴールデンタイムという言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。

一般的に22時~26時が睡眠のゴールデンタイムと呼ばれます。

これは、人にとって大切な成長ホルモンの分泌が一番活発となる時間だからといえます。

成長ホルモンは成長期にはもちろん必要なホルモンですが、傷ついた細胞を再生させるにも大変重要なホルモンです。

このホルモンの分泌が活発な時間帯にしっかりと睡眠を取れていると、成長ホルモンの効果を最大限に引き出すことができるといえるのです。

② 就寝環境を整える

いつもの生活習慣の中で22時~26時に睡眠がとれる方は問題ないかと思いますが、学業や仕事の関係で22時就寝が難しい方も多いでしょう。

そういった方々が1週間のうち何度か22時の就寝を試みても、中々寝付けないといったことが起こるかもしれません。

そういった時にはぜひ、就寝環境を見直してみてください。

自分にとって気持ちのよい寝具を使う、アロマやお香を利用して自分が落ち着く環境を作る、部屋の明かりを薄暗く調整する、睡眠導入しやすい音楽を流す、など色々とできる工夫があります。

これは22時に就寝する時だけでなく、それ以降の時間帯に就寝する時であっても良質な睡眠を確保するための効果的な方法といえます。

■ゴールデンタイムに就寝時間が確保できない場合

睡眠のゴールデンタイムはよく理解しているけれど、どうやったってそんな時間に眠ることが難しいという方も多くいらっしゃることと思います。

▼重要なのは細胞の修復と再生

睡眠のゴールデンタイムといいますが、22時~26時に睡眠をとることが大切な主な理由は、成長ホルモンの分泌が一番活発な時間帯だからです。

確かに成長ホルモンの分泌に睡眠を合わせることで、より効果的な細胞の修復と再生が行えます。

しかし、それよりも大切なことは「細胞の修復と再生」「栄養の供給」です。

効果が多少少なくなっても、これらがきちんと出来ていればバストアップ、ダイエット、アンチエイジングは行えるということになります。

▼とにかく睡眠不足を避ける

細胞の修復と再生、栄養の供給の最大の敵は「睡眠不足」です。

睡眠をとる時間ももちろんとても大切ですが、それよりも睡眠不足にならないことが何よりも重要なのです。

睡眠があまりとれていない時、身体がだるくて疲れが抜けなかったり、肌に張りがなくなりものすごく老けて見えたりしますよね。

これは、睡眠時に行っている細胞の修復と再生、栄養の供給が行えていないことを指しています。

いわば、身体からSOSが出ている状態なのです。

■体内時計に合わせて上手く睡眠をとろう

人間には遺伝子レベルで体内時計が存在します。

そして、その体内時計のそれぞれの時間ごとに役割が決まっているのです。

▼成長ホルモンの分泌だけでない、それぞれの時間

睡眠のゴールデンタイム(成長ホルモンの分泌の最盛)が22時~26時であるのと同じように、その他の機能にもゴールデンタイムが存在します。

以下の時間は、それぞれの機能が最盛となる時間帯です。

朝4時~昼12時:老廃物を体外に排出する

昼12時~夜8時:胃腸を活発に動かし、消化、・吸収を行う

夜8時~朝4時:新しい細胞を生み出したり修復・再生を行う

▼自分のライフスタイルに合わせた睡眠を

それぞれの時間に、身体がどういった動きをしているかはご理解いただけたかと思います。

この時間を見ると、ゴールデンタイムは22時~26時ですが、夜8時~朝4時の間のどこかで睡眠をとれていれば、最大効果は得られなくとも「細胞の修復と再生」の機能を得られているといえるのです。

夜型のライフスタイルの方は、せめて深夜1時までに就寝するようにすれば、成長ホルモンの分泌のピークと細胞の修復と再生の機能をきちんと得られているといえるのです。

もちろん、更に規則正しい時間でより効果的に睡眠をとることがお勧めですが、お仕事の都合などで中々難しいということもあると思いますので、できることから心がけることが大切といえそうです。

まとめ

夜8時以降は食事をとらない、24時以降は就寝しているようにする、朝日を浴びられる時間内に起きるなど、健康を維持するために推奨されている事柄にはホルモン分泌が大きく関わっているようです。

これはダイエットやアンチエイジングの方法としても推奨されていることですから、少し心がけるだけで、バストアップ以上の結果を得ることができるかもしれません。

早寝早起き、朝活の習慣を今日からでも取り入れて、より健康で美しいプロポーションを目指しましょう!

関連キーワード
  • 好調な時から予防知識を!乳首が痛い時は生理前・排卵・妊娠・更年期?
  • 女性の疑問
    いつまでも女性らしくあるために、きれいな乳首をキープしよう!
  • 女性の疑問
    乳首のお手入れどうしてる?正しいケアで大切な乳首を守りましょう!
  • 女性の疑問
    乳首も保湿が大事・・簡単にできる保湿方法や乳首のケアとは?
  • 女性の疑問
    保湿クリームだけで大丈夫なの?シーン別でみる乳首のケア方法とは!
  • ポリープって?がんと似ているポリープの詳細知ってますか?
おすすめの記事