胸筋を鍛える方法は筋トレ?女性が胸筋を鍛えるための簡単な鍛え方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に「筋トレ」というと、男性が行うというイメージが強いです。

しかし、女性にとって「胸筋を鍛える」ということは、胸を大きくしたい時に必要なアクションでもあるのです。

しかし、男性のようなハードな筋トレは難しいものです。

そこで、女性でも実行できる胸襟の鍛え方について解説していきます。

スポンサーリンク

■基本的な「腕立て伏せ」

まずは、胸筋を鍛えるための基本的な筋トレ方法である「腕立て伏せ」について解説していきます。

▼腕のトレーニングじゃないの?

腕立て伏せと聞くと「腕のトレーニング」というイメージを持つ人が少なくありません。

実は、腕立て伏せは大胸筋を鍛えるためのトレーニング法なのです。

▼腕立て伏せを行う際の注意点

腕立て伏せで胸筋を鍛えるという場合には、「胸筋で身体を持ち上げる」というイメージを持ってください。

背中をまっすぐに伸ばして息を吐きながら胸の力を意識して、身体を持ち上げていきます。

身体を降ろしていく時には息を吸いながらゆっくりと降ろしていきます。

その際、スピードを重視するのではなく、ゆっくりと動作することでトレーニングとしての意味をきちんともたせるようにしましょう(早く行おうとすると勢いだけになってしまうので)。

▼腕立て伏せは辛い、という場合は?

しかし、腕立て伏せは基本的なトレーニングながら、最初から回数をこなすことは中々に難しいです。

そこで、最初は「膝をついて腕立て伏せを行う」という方法があります、これを「ニースタンスプッシュアップ」といいます。

つま先立ちの腕立て伏せよりも負荷が少ないので、筋トレ初心者におすすめの方法です。

■腕立てがムリなら「合掌のポーズ」

そもそもに腕立て伏せ自体がムリだという場合には、胸筋を鍛える方法として「合掌のポーズ」が挙げられます。

▼合掌のポーズとは?

合掌のポーズは、文字通り「合掌」を行っているポーズで胸筋を鍛える方法です。

背筋を伸ばして、胸の前で両手を合わせます。

その状態で肘を肩の高さまで上げて、その状態で両手を押し合います。

その際には胸筋を使っているイメージを強く持って、効率よく胸筋を鍛えることが重要です。

▼合掌のポーズのメリット

このトレーニング方法の最大のメリットは「手軽」だということです。

腕立て伏せの場合、ちょっとしたスペースが必要ですし、そもそも外出先では実行すること自体が難しいです。

ですが、両手を合わせるだけの合掌のポーズであれば、時と場所を選ばず、どこでも実行可能です。

仕事中であっても、ちょっと休憩をとってその際に実行することができます。

特別な道具や場所を必要とせず、手軽に行える合掌のポーズは、腕立て伏せを行っている方でも行動の合間に実行することができる便利な筋トレになるのです。

■鍛え方とは違うけど…

もう一つ、「胸筋の鍛え方」とは異なりますが、胸筋を鍛える上で日常的に気をつけておきたいポイントについて解説していきます。

▼重いものを片手で持つことは危険

例えば、買い物でバッグや買い物袋に買ったものを入れて持ち帰る時、片手で持って変えることが多いと思います。

その際、重い荷物を持っている腕の筋肉が鍛えられるのではなく、それを支えている胸筋が鍛えられています。

しかも、これを日常的に行っている場合だと、これだけでもそれなりに鍛えられる事になります。

問題となるのは「片手だけ使っている」という場合です。

そうなると、基本的に「利き腕」の方で荷物を持っていることになります。

その場合、鍛えられるのは胸筋全体ではなく、利き腕側の胸筋だけになります。

▼するとどうなるか?

そうなると、例えば利き腕が右腕だったとすると、鍛えられるのは右側の胸筋だけになります。

胸筋が鍛えられることでその分だけ胸が大きく見えるようになりますが、利き腕側ばかり鍛えられることで「胸の左右差」が生じてしまうのです。

使っていないもう片方の腕側の胸筋は元のままであり、荷物を持つことで鍛えられた方の胸筋は大きくなり、それによって左右差が生まれます。

なので、日常的に片腕だけ使って荷物を持つ際には、可能な限り腕を替えて、均等に胸筋が鍛えられるようにしましょう。

まとめ

「筋肉を鍛える」と聞くとハードなイメージを持つ人が多いですが、実は日常的に胸筋を鍛えることができるということが理解できたかと思います。

しかし、そのためには「まず実行に移す」「継続的に鍛える」ということが重要です。

胸筋を鍛えることによる胸に対するメリットは大きいので、是非とも継続していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい