バストアップに最適!胸を大きくしたい人におすすめの「胸のツボ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胸が小さいことに悩んでいる人は、さまざまな方法で胸を大きくしたいと思っていることでしょう。

生活習慣や食事など、さまざまな方法がありますが、「バストアップに効果があるツボ」についてご存知でしょうか?

そこで、胸の大きくする効果が期待できるバストアップのツボについて解説していきます。

■乳腺に効果的な「天溪」

まずは、乳腺を発達させるのに効果的な「天溪」というツボについて解説していきます。

▼天溪とはどんな効果がある?

天溪を刺激することで、「乳腺の発達を促す」という効果が期待できます。

乳腺は、胸の中にある「乳汁を分泌する」組織であり、胸の内部ではこれの周囲に脂肪が蓄積されています。

胸の大半は脂肪で構成されているのですが、乳腺が発達することで脂肪も集まりやすくなり、胸が大きくなるのです。

▼天溪はどこにある?

天溪というツボは、乳頭と同じ高さに存在しており、乳頭の外側にあります。

骨と骨の間に位置するツボであり、押すと少し痛みが生じるのが特徴です。

▼天溪の押し方

天溪を刺激する際には、親指を使って左右の胸を持ち上げるようにして、内側に向かって押すことが必要です。

左右の天溪を当時に刺激することがコツとなります。

■バストのハリに効果的な「渕腋」

次は、バストのハリに関わるツボである「渕腋」について解説します。

▼渕腋とはどんな効果がある?

渕腋というツボには、「肌のハリを出す」「背筋を伸ばす」「姿勢を正しく維持できるようになる」と言った効果が期待できます。

バストアップに関しては、姿勢が正されることによって血行が改善され、スムーズに栄養を行き渡らせる事ができることによって、胸が大きくなるための栄養も胸に行き届きやすくなります。

▼渕腋はどこにある?

渕腋は、乳頭から10cmほど外側の、脇の下に存在します。

その付近を軽く押してみて、痛みを感じるようであれば渕腋です。

▼渕腋の押し方

渕腋を押す方法は、渕腋の場所をゆっくりと親指で押します。

両方同時に押す事が必要になります。

刺激した際には痛みがあると思いますが、その後に気持ちよさがやって来るという特徴もあります。

■美肌にも効果的な「壇中」

次は、美肌にも効果があるとされる「壇中」というツボについて解説していきます。

▼壇中とはどんな効果がある?

壇中というツボには、女性ホルモンを促進するという効果があります。

女性ホルモンが増加することによって乳腺の発達などが促され、さらに美肌効果も期待することができます。

ホルモンバランスが乱れることで生理痛やPMSに苦しんでいる女性にも、それらの改善効果が期待できます。

▼壇中とはどこにある?

壇中は、左右の乳頭の間、体の中心と乳頭を結んだ線の交差するところに存在します。

これも、押した際に痛みがあることで見つけることができます。

▼壇中の押し方

壇中を押す方法は、壇中に指をあてて、ゆっくりと力を入れていきます。

3秒ほど力を入れていき、力を抜きながら指を壇中から離します。

これを1回につき5回のペースで続けていきます。

■母乳にも効果がある「乳根」

最後に、母乳にも関わりを持つツボである「乳根」について解説していきます。

▼乳根とはどんなん効果がある?

乳根というツボは、女性ホルモンの分泌に関わる効果があります。

また、リンパの流れが促進される効果もあります。

さらに、母乳の出を改善する効果があり、母乳の出に問題を抱えている女性にとっても有益なツボであると言えます。

▼乳根はどこにある?

乳根は、乳頭から指2本分ほど下にあります。

この位置は、第五肋骨間にあたります。

▼乳根の押し方

このツボも、壇中と同様に指で3秒ほど押し、ゆっくり離していくということを繰り返します。

複数の役割を持つツボであるため、利用する機会も多いツボであると言えます。

位置と押し方に関しては、きちんと覚えておくようにしましょう。

まとめ

体中にはさまざまなツボがあり、胸やバストアップに関するツボも数多く存在しています。

位置が位置ですので外出先で押すには些か不自然な場所ではありますので、自宅での利用が基本になると思います。

また、効果の現れ方についても個人差がありますし、全く効果が見られないということも考えられます。

しかし、胸を大きくしたいと本気で悩んでいるのであれば、他の方法と併用することである程度の効果は期待できるのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする