胸が冷たいとバストアップの妨げに?胸が冷たいこととバストアップの関係

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、ご自分の胸を触ってみて「冷たい」と感じてはいませんか?

もし、胸が冷たいと感じる人は、バストアップの妨げになっている可能性があることをまず自覚しなければなりません。

そこで、胸が冷たいこととバストアップの関係について解説していきます。

■胸が冷たいとバストアップの妨げになるの?

まず、そもそもの問題として「胸が冷たい→バストアップの妨げ」という部分に関しての解説を行っていきます。

▼胸が冷たいということは?

まず、胸が冷たいということは単純な体温の低下ということではありません。

これは「胸の血行が悪くなっている」ということを意味します。

▼胸の血行が悪いと?

胸の血行が悪いということは、それだけ「栄養がスムーズに行き届かない」ということを意味しています。

血液自体は流れているので壊死を起こすようなことはありませんが、血液が運んでいる栄養が胸に十分量行き届かなくなってしまうのです。

胸が大きくなるということは、それだけ栄養を必要とします。

例えば「タンパク質」や「ビタミンB1」といった栄養を必要としますが、これが胸に行き届かなければバストアップにはつながりません。

つまり、胸が冷たいことが胸の血行悪化を意味し、それによってバストアップに必要な栄養が胸に行き届かなくなることで、バストアップの妨げになるというプロセスになります。

■胸の血行を改善する

胸が冷たいと血行が悪い証拠であり、それがバストアップを妨げます。

なので、バストアップのためには胸の血行を改善する必要があります。

▼マッサージによる血行改善

胸の血行を促進する方法として、第一に挙げられる方法は「マッサージ」です。

これにはバストアップの効果そのものも見込めますので、日常的に実践したい方法です。

ただし、胸のマッサージには「バストダウン」の効果をもたらす方法もあります。

基本的に「脂肪を燃焼させる」ような、胸を揺らすマッサージがバストダウン効果があるとされています。

なので、バスト全体が揺れるような激しい動きのマッサージは避けて、ゆっくりとマッサージするようにしましょう。

▼マッサージのタイミング

胸の血行を改善するためのマッサージには、適したタイミングというものがあります。

それは「お風呂あがり」です。

入浴後には身体が温められており、身体が温まっているうちにマッサージをすることで、血行改善の効果が増加し、バストアップ効果も倍増します。

その際には「クリーム」を利用することで、マッサージによる摩擦で肌トラブルが起きることを避けることを忘れないようにしましょう。

バストアップクリームを利用することによって、さらにバストアップ効果を高めることができます。

■胸を冷やさないために気をつけたいこと

最後に、胸が冷えてしまうことを避けることについて解説していきます。

これを怠ると、マッサージで胸を温めても意味がなくなってしまう可能性があります。

▼物理的に冷やさない

単純な話、冷たいものが胸にあたっていたり、寒い場所に長時間居続けると、胸はおろか、体全体が冷えてしまいます。

土地柄、もしくは仕事柄そういった冷たさを回避することができない場合でも、可能な限り胸を冷やさないようにする工夫を必要とします。

▼身体を冷やす食べ物を避ける

そして、胸が冷える原因は外的な冷たさだけではありません。

私達が日常的に食べたり飲んだりしているものでも、身体や胸が冷えてしまうことが考えられます。

代表的なものとしては「コーヒー」が挙げられます。

これはカフェインによって身体を冷やす効果があり、かつ外国での研究によってコーヒーを飲むことがバストダウンに直接的に関係することが証明されています。

コーヒーー以外にもカフェインを含む飲み物や、夏場に旬を迎える食べ物には身体を冷やす効果があります。

食べ物による体の冷えは、バストアップの妨げだけではなく「生理痛」「冷え性」「腰痛」などの原因になる可能性もあります。

そうした食べ物や飲み物を日常的に口にしている場合であれば、出来る限り別の食べ物・飲み物に代えるようにしたほうが良いでしょう。

まとめ

胸が冷たいことが、バストアップの妨げになるというイメージはなかなか難しいのではないかと思います。

しかし、「血行が悪い」ということを知れば、それがバストアップの妨げになるという根拠としては理解しやすいのではないかと思います。

まずは胸を触ってみて、冷たさを感じた場合は、胸の血行が悪いことを自覚し、バストアップを目指すのであれば十分な対策をするようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする