胸を大きくするのに「豆乳」は効果的か?胸の成長と豆乳の関係

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

胸が小さいことを気にしている女性は、胸を大きくするためにさまざまな努力や工夫をしていると思います。

工夫の中には「食事」に関係するものがあり、いわゆる「胸が大きくなる食べ物」というものもあります。

その中の一つである「豆乳」について解説していきます。

スポンサーリンク

■豆乳がバストアップに有効な理由

まず、そもそも豆乳がバストアップにおいて有効である理由がどこにあるのかということについて解説していきます。

▼タンパク質が豊富

まず、大豆由来のタンパク質の多さが理由となります。

バストアップにはタンパク質が欠かせないのですが、「畑の肉」と評される大豆にはタンパク質が豊富です。

その大豆から作られているため、豆乳にはタンパク質が多いのです。

▼栄養のバランスが良い

また、大豆由来はタンパク質だけではなく、ビタミンとミネラルもバランスよく含まれています。

そのため、栄養のバランスを整えることにも役立ち、かつ、「飲み物」であることも重要なポイントです。

大豆の場合、調理しなければ食べることはできません。

大豆加工品の「納豆」「豆腐」も、ちょっと手を加えないとすぐに食べることはできません。

豆乳の場合、コップに注ぐか、最悪そのまま口につけて飲むことで、手軽に摂取することができることも魅力となります。

▼イソフラボンが豊富

さらに、大豆に含まれている「大豆イソフラボン」には、バストアップに必要なエストロゲンと同じ働きをすることがわかっています。

つまり、エストロゲンを増やすことによってバストアップを目指すことと同じ効果が得られるということになります。

■豆乳の種類と適性

このように、豆乳はさまざまなポイントでバストアップに効果的な飲み物であることがわかります。

ここで一つ気になるポイントは、「豆乳」の種類です。

▼イソフラボンが多いのは「無調整豆乳」

食品スーパーに行くと、乳飲料系のコーナーには豆乳が多く陳列されていると思います。

そこで、同じメーカーの商品を見てみても、複数の商品があると重いますが、これは「豆乳に種類がある」ということで、具体的に「無調整豆乳」「調整豆乳」「豆乳飲料」の3種類に分かれます。

この中で最もイソフラボンが多いのが「無調整豆乳」なのです。

▼イソフラボンが少し控えめの「調整豆乳」

それに比べると、「調整豆乳」は少しイソフラボンが控えめになっています。

また、その他の栄養に関しても少しずつ違いがあります。

ですが、そこまで大きな差はありませんので、この辺りは好みで分かれるかと思います。

▼イソフラボンは少ない「豆乳飲料」

最も違いがあるのは「豆乳飲料」です。

豆乳を使った、さまざまな味の飲料があるのですが、これにはそこまで多くのイソフラボンは含まれていません。

しかし、味を選ぶことができる余地があるので、普通の豆乳は飲めないという人にとってはイソフラボンの摂取源として十分に活躍してくれることでしょう。

▼牛乳の代わりになるのか?

もう一つ付け加えておくと、豆乳を「牛乳の代わりに使えるか」ということです。

これは、実はダメなのです。

豆乳と牛乳では原料が全く異なるため、牛乳の代わりとして豆乳を飲んでも栄養に違いがあります。

顕著なものは「カルシウム」であり、豆乳は牛乳の7分の1しかカルシウムが含まれていません。

■豆乳を利用する際の注意点

最後に、胸のために豆乳を利用する際の注意点について解説していきます。

▼イソフラボンの過剰摂取によるホルモンバランスの乱れ

豆乳を飲み過ぎることで、イソフラボンが過剰摂取を起こす可能性があります。

特に、イソフラボンの含有量が多い無調整豆乳を多く飲む場合に起こりやすく、これによってホルモンバランスが乱れる可能性があります。

▼豆乳を上手に利用するためには?

豆乳は、紙パックで200mlの商品が多いです。

調整豆乳の場合だと、それだけでイソフラボン摂取の推奨量が摂取できますが、1日2本程度であれば問題ないと思われます。

ですが、1日の食事でほかに大豆製品を食している場合であれば、これを少し見なおす必要が有るかもしれません。

日々の食生活を見直して、自分にとって最適な摂取量を見抜きましょう。

まとめ

胸を大きくしたい女性にとって、手軽に摂取できる豆乳は大きな力となってくれることでしょう。

ですが、牛乳の代替はできず、過剰摂取も問題となります。

上手に利用することを第一に心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい