胸を冷やすことは悪影響?胸を冷やすことによってどんな影響が出るのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「胸を冷やすとバストアップに悪影響」という話を聞いたことがあるかと思います。

確かに、身体が冷えることは良くない影響が出るものだというイメージはできますが、実際に胸を冷やすことは良くないことばかりなのでしょうか?

そこで、胸を冷やすことによる影響について解説していきます。

■胸を冷やすとバストアップに良くない

まず、胸を冷やすとバストアップにとって良くないということについて解説していきます。

▼胸を冷やすと血行が悪化する

胸を冷やすということは、その部分の血行が悪くなるという事になります。

血行の悪化はさまざまな病気・症状の原因になる可能性がありますが、その中でもバスとアプにおいて不利益となることは「栄養」に関係します。

▼せっかくの栄養が無駄になる

バストアップとは、つまり「胸の成長を促す」ということになります。

胸の成長は体の成長と同様に、栄養を使って大きくすることを表します。

バストアップには主に「タンパク質」「ビタミンB1・B2」を必要としますが、その栄養は食べ物やサプリメントから摂取し、吸収して血液を媒介に体中に運びます。

血行が悪くなるということは、その栄養の流れを滞らせる事にもなりますので、せっかくバストアップのために摂取した栄養が胸に行き届く流れも滞ることになるのです。

■胸を冷やすことによる処置

次に、胸を冷やす必要性があるということについて解説していきます。

▼毛穴の引き締めと新陳代謝の促進

スキンケアの一環としてご存じの方も多いかと思いますが、皮膚を冷やすことは「毛穴の引き締め」や「新陳代謝の促進」に効果を発揮してくれます。

そのため、「冷やすスキンケア」というものも利用されており、胸のスキンケアにもこの技術を利用することができます。

▼胸が張る時には応急処置となる

また、授乳時に授乳に問題があり、胸が張ってしまうという症状の際には、その応急処置として胸を冷やすという方法があります。

その他にも、何らかの理由で胸に炎症が起きている時には、温めるよりも冷やす方が症状を改善することに役立ちます。

このように、胸を冷やすことが絶対的に悪いということはなく、さまざまな場面で胸を冷やすことになる可能性があるのです。

▼冷やし過ぎは悪影響

ですが、問題となるのは「冷やし過ぎ」ということです。

特に、スキンケアの一環として胸を冷やす場合だと、冷やし過ぎることで血行が悪化する可能性があります。

スキンケア目的で胸を冷やす場合は、冷やし過ぎない温度と、冷やし過ぎないための冷却時間を適切に運用することが必要になります。

保冷剤のように冷たくなりすぎるものを利用する場合、タオルなどを巻いて適度な温度で利用できるように工夫することを心がけておきましょう。

■生活の中において胸を冷やすことを避けるには?

胸を「冷やす」ことだけでなく、「冷える」原因についても考えておかなければなりません。

自らの意志で行うのではなく、生活の中で胸が冷える原因があるとしたら、どういった対処法が必要なのでしょうか?

▼冷やす原因があれば取り除く

もし、自分の生活の中に胸が冷える原因、冷やす原因がある場合には、それを積極的に取り除く必要があります。

まずは自分の胸を触ってみて、冷たいと感じるかどうかを確認しましょう。

冷たいと感じている場合、胸が冷えている証拠です。

自分お生活を振り返ってみて、胸が冷える原因がないか、無意識に胸を冷やしているのではないかということを確認しましょう。

▼基本的には温めて、必要に応じて冷やす

よほど暑い場所にいる、もしくは炎症などの冷却の必要性がある状況を除き、基本的に胸を温めることを心がけましょう。

食事でも身体が冷えてしまう原因があり、特に胸の場合だとカフェインによって体が冷えることと、ある研究で胸が小さくなることが確認されている「コーヒー」は避けておきましょう。

しかし、胸を絶対に冷やしてはいけないということではありません。

冷やす必要性があるのであれば、その時には適切な処置を行うことを十分に注意しておきましょう。

冷やし過ぎさえしなければ、血行が悪化するリスクは最低限に抑えることができます。

まとめ

胸を冷やすことは、基本的にバストアップの妨げになります。

しかし、時と場合によっては胸を冷やすことも健康上、有効な手段ではあることは覚えておきましょう。

上手く使い分けることで、健康とバストアップを両立させることができるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする