ダイエットで胸から痩せる…胸から痩せないダイエット法ってあるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく「女性はダイエットすると胸から痩せる」といったことを耳にする機会が多いかと思います。

確かにダイエットは女性にとって身近な存在ではありますが、同時に女性の象徴・アイデンティティとも呼べる胸が痩せてしまったら意味が無いと思いませんか?

そこで、ダイエットと胸のサイズダウンの相関関係について解説していきます。

■ダイエットすると胸から痩せるの?

実は、ダイエットをすることで胸から痩せていくということには、きちんとした根拠があるのです。

▼胸の脂肪は燃焼されやすい

まず、胸の脂肪というものは「燃焼されやすい」という性質があります。

よく「セルライト」という言葉を耳にすることがあると思いますが、それとは逆の性質を持つため、ダイエット時に燃焼されやすい性質が有るのです。

胸の9割は脂肪で構成されており、これが燃焼されることでバストダウンの結果が生み出されやすくなるのです。

▼食事制限による胸の細胞生成のストップ

また、ダイエットしているということは、少なからず食事にも制限をかけているものと思われます。

つまり、それだけ栄養の摂取量も少なくなっているということになります。

胸も体の一部であり、これは細胞で構成されています。

つまり、栄養不足に陥ることで、胸を作っている細胞を作り出すことができなくなり、胸が痩せてしまうのです。

▼栄養不足による女性ホルモンの低下

最後に、ダイエットという状況による原因です。

ダイエットによって摂取カロリー量が減少すると、身体はそれをダイレクトに反映させていきます。

少し大げさかもしれませんが、カロリー量が不足することで身体は「命の危機」を感じ取ります。

その場合、不要な部分から身体の機能を切り捨てていきます。

その代表格として「女性ホルモンの分泌」の機能が低下するのです。

女性ホルモンには、胸の組織である「乳腺」を発達させる働きがあり、これが低下することで乳腺の衰退が起こることも胸が痩せる原因となります。

■ダイエットしても胸を痩せさせない方法「胸筋を鍛える」

しかし、ダイエットをしながらも胸のサイズを維持する方法は有るのです。

▼胸筋を鍛えることでバストサイズを維持

それは「胸筋を鍛える」ということです。

文字通り胸部の筋肉であり、これを鍛えることはバストアップや、大きな胸を支えることによる胸の下垂防止の役割を果たしてくれます。

胸筋が発達することとダイエットには両立の余地があり、ダイエットの一環として胸筋を鍛える運動を組み込んだり、ちょっとしたエクササイズを取り入れることで効率よく胸筋を鍛えることができます。

▼運動が苦手なら「合掌のポーズ」で胸筋を鍛える

その代表格としては「腕立て伏せ」があるのですが、腕立て伏せが苦手、あるいはそもそも運動自体が苦手という女性は少なくありません。

そんな人が胸筋を鍛える方法としては「合掌のポーズ」があります。

胸の前で両手を合わせて、お互いに押し合うことで胸筋を鍛えることができます。

場所を選ばず、スキマ時間で実行可能なエクササイズなので、是非とも生活の一部に取り入れてもらいたいです。

■ダイエットしても胸を痩せさせない方法「胸を大きくする食べ物」

また、トレーニングだけでなく、食事を見直すことで胸のサイズを維持しながらダイエットを行うこともできるのです。

▼大豆製品を積極的に取り入れる

胸を大きくするための食べ物としては、エストロゲンと同じ働きをする「イソフラボン」が豊富な「大豆」が挙げられます。

大豆そのものだけではなく、大豆から作られた「豆腐」「豆乳」などでもイソフラボンを摂取することができます。

ただし、イソフラボンや大豆由来の栄養は、どのような加工を施しているかによって大きく変化し、例えば「豆乳飲料」の場合だと無調整の豆乳に比べてイソフラボンの含有量は大幅に低下します。

▼栄養のバランスは注意する

とは言え、食事の大原則としては「栄養のバランスを意識する」ということが挙げられます。

バストアップのためにはタンパク質がメインとなりますが、それ以外の栄養が不要ということはなく、特定の栄養が不足することで何らかの不調を引き起こしたり、別の栄養の吸収を阻害する結果になる可能性もあります。

大豆の場合だと栄養のバランスが比較的良好な食品であるため、それをメインに食生活を見直す場合であれば大豆にない栄養を他の食品で補い、栄養のバランスを整えることを意識しておきましょう。

まとめ

ダイエットによって胸が痩せやすいということは避けられない事実です。

しかし、工夫することで胸のサイズダウンを可能な限り抑え、理想の体型を手に入れるための手助けとなるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする