胸を美しく、そして理想的に・・「美」を追求するレーザー治療とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の胸、その大きさ・形に絶対なる自信を持っている人というのは、全国的にみてどのくらいいるのでしょうか?

世の中には豊胸手術など美を目的とする外科的手術が存在しています。

ということは、恐らく、全国的にみて皆、何かしらのコンプレックスを抱えていると考えても間違いないのではないでしょうか?

豊胸手術を含め脱毛など、美を目的とする手術にはレーザー治療が必要不可欠な時代となりました。

でも、レーザー、レーザーといっても、その詳細ってよくわかっていない人が殆ど・・レーザーで何ができるのか、そしてその効果についてご紹介します。

■レーザーと豊胸

豊胸というと、一般的には注射で胸の中にヒアルロン酸などを注入したり、メスを使って胸の中にシリコンバッグを詰めたりという方法を思い浮かべます。

そんな豊胸手術も今やレーザーで行うことができるのです。

さて、レーザーで行うとは、どのような仕組みになっているのでしょうか?

▼レーザーとは

レーザーとは光の束のこと・・人工的に作られた光です。

レーザーとひとことで言っても、溶接用・医療用といろいろあります。

当たり前のことではありますが、胸に当てるレーザーは医療用で、波長の長さによって特定の色や物質に反応するようできています。

▼レーザーによる豊胸手術

豊胸のための特殊なレーザーを胸に照射し、血液・リンパの流れを促進させ、脂肪細胞を膨張させてボリュームを出させます。

レーザーの役目はこれだけでなく、クーパー靭帯という乳房を支えている靭帯の強化も期待でき、それにより垂れた胸を引き上げる効果も期待できます。

肌も美しくなるともいわれ、女性には嬉しい相乗効果が期待できます。

■豊胸手術のメリット・デメリット

どのようなものでも、メリットもあればデメリットもあります。

いいところだけにとらわれず、もしもの時のためにも、ちゃんと悪いところも知っておかなくてはいけません。

レーザーで行われる豊胸手術には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

▼メリット

まず、第一に「メスを使わない」ということがあげられます。

それにより、術後の腫れや痛みが少なくてすみますし、入浴など日常生活の制限が少なくすませることができます。

また、「レーザーを照射するだけ」という手軽な方法なので、それほど覚悟の必要がないことが考えられ、気軽に受けることができます。

▼デメリット

少なからず痛みを感じますので、麻酔が必要となるケースが多くあります。

また、メスを使った手術と違い、その効果は人によりけり・・うまく効果を引き出せないこともよくあります。

確実性がないわりには価格は高く・・相場としては約20万円ぐらいかかります。

■レーザー脱毛

豊胸だけでなく、胸の谷間や乳輪周りの毛に悩む人は多く、レーザーで胸の脱毛を行う人がいます。

手足の脱毛と違いうので、何となく躊躇してしまう人もいるかと思いますが・・実際、どのように行われるのでしょうか?

▼胸のレーザー脱毛

一般的に胸の脱毛というと、デコルテから乳房にかけて行われます。

手足と違ってデリケートな部分であるということと、毛が細い(産毛)という傾向にあるということで、施術するにあたっては熟練された医師の技術が必要となります。

痛みの程度は人それぞれ・・「痛みはほとんど感じない」という意見の方が多い傾向にあります。

それでも、場所によっては多少なりとも痛みが生じるようで、特に皮下脂肪の少ない肋骨辺りは痛みを感じる傾向にあります。

▼レーザー脱毛のメリット・デメリット

豊胸とともに気軽にできるというのがレーザーのメリットではあるのですが、これもまたデメリットとして、人によって効果の差があるということがあげられます。

また、「増毛化現象」「硬化現象」というものがあり、レーザーを照射する度にムダ毛が増えたり硬くなったりすることがあります。

以前にこのような経験があったのであれば、速やかに医師に報告し、適切な対処をとってらうよう心がけてください。

まとめ

美しくなるためとはいえ、メスを使う方法に抵抗がある人は多い傾向にありますので、メスを使わずに気軽にできるのが、レーザーのいいところです。

リスクはないと謳っているクリニックもありますが、そのような言葉に惑わされることなく、きちんとリスクの可能性についても考えておきましょう。

また、レーザーは絶対的なものではありません。

口コミなどで評判がよかったとしても、必ずしもそれが自分自身に効果がでるとは限らないということも頭に入れておいてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする