• 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
  • 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理前、生理中の体温は上がる?下がる?基礎体温測定で見えること
    2018年6月18日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 生理(月経)
    長い生理周期の原因と改善方法を解説!更年期の不正出血も気を付けて
    2018年6月21日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 閉経
    閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
    2018年6月10日
  • 更年期
    更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
    2018年6月16日
  • 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
  • 更年期,生理 更年期
    更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因
    2018年4月6日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
ポリープって?がんと似ているポリープの詳細知ってますか?

よく聞く言葉のわりには、ポリープの実態をよく知らない人が多いためか、ポリープと聞くと「がんなのか?」と心配になることも・・。

ポリープって悪性なのでしょうか、それても良性?

ポリープって治療が必要?放っておいても自然治癒する?

知識がないと、何とも心配でいろいろなことを考えちゃいますよね。

病院でポリープと診断される人は多くいます。

もし、自分がポリープと診断されたときのためにも・・知識を身に付けておくことは大切です。

スポンサーリンク

■乳管内乳頭腫(にゅうかんないにゅうとうしゅ)

乳がん検診などで、胸にポリープがあると診断されることがあります。

このような乳房関係のポリープは乳がんと思ってしまうこともあるので、何とも不安でたまらなくなるかと思いますが・・ポリープが必ずしも乳がんとは限らないので心配しすぎないようにしてください。

ポリープと診断されたら、乳管内乳頭腫の可能性があります。

▼乳管内乳頭腫の症状

痛みの程度やその他の症状の程度も人それぞれなので一概にはいえませんが、主に乳頭からの分泌物・乳房の肥大・しこり・痛みなどの自覚症状がある人が多くみられます。

分泌物の量は少量の人もいれば大量に出てしまう人もいたりで、主に茶褐色や赤色の分泌物が乳頭から出るケースが多く見られます。

自覚症状があって自分で病院に行き発覚する人もいる中、最近では乳がん検診で発見されることも多くあります。

▼乳管内乳頭腫の治療

乳管内乳頭腫は良性のポリープとなりますので経過観察が原則となります。

ただ、乳がんと似たような症状ですので、まずは詳しく調べて乳がんと区別する必要があります。

乳管内乳頭腫の人は、将来乳がんを発症する確率が高いといわれているので、良性だからとこれで安心せずに定期的な検査を受けるようにしましょう。

■ポリープ

ポリープは、乳管内乳頭腫のように胸にできるものばかりではありません。

喉・胃・大腸・・とにかく体のどの部分にできてもおかしくない症状になります。

そんな、体の至るところにできてしまうポリープって、いったい何なのでしょうか?

そして、できてしまう原因とはどのようなものなのでしょうか?

▼ポリープとは

粘膜部分や皮膚上にできるできもので、茎を持っているものをポリープといいます。

イボと考えてもらうと、イメージしやすいかと思います。

その形は様々でして・・球形・楕円形・キノコ型などがあり、表面はゴツゴツしていたりなめらかだったりと、これまた様々あります。

良性・悪性とありますので、詳しい検査ののち悪性であれば手術等で乗り除くことが必要になってくることがあります。

また、良性であっても取り除くことで後の危険を回避することができます。

▼ポリープの原因

どこのポリープに関しても、未だ詳しい原因がわかっていないというのが現状です。

諸説ありますが、一般的には傷ついた組織が再生する際の過程におけるものといわれています。

組織が傷つく原因としては、薬物によるもの・細菌によるもの、またはストレスや食べたものなどによる影響などと様々なことが考えられています。

■ポリープの分類

ポリープと一言でいっても種類は様々、また、いろいろなところにできます。

それは良性のこともあれば悪性のことも・・。

▼ポリープの良性・悪性の見分け方

体にできたポリープ・・良性か悪性かが気になるところですよね。

良性か悪性かの判断は増殖スピードで決まります。

基本手kにスピードが速ければ悪性で、遅ければ良性ということになるのです。

疑わしいようなグレーゾーンのポリープであれば経過観察、または組織を直接取り出して顕微鏡で調べるなどの検査が行われます。

▼ポリープの種類

代表的なものというと、声帯にできる「声帯ポリープ」や大腸にできる「大腸ポリープ」で、その他にも鼻腔粘膜にできる「鼻ポリープ」、子宮頚部にできる「頚管ポリープ」などがあります。

また、ポリープという文字こそ使っていませんが、皮膚にできるウィルス性イボのことを尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)・胸(乳管)にできた乳管内乳頭腫などがあります。

まとめ

「ポリープ=がん」ということではないのですが、実のところ、最近ではポリープはがん化する確率が高いともいわれているのです。

基本的には良性のものが多いのではありますが、良性といわれても安心せずに定期的に検査をしていく必要があります。

中には最初は良性だったとしても、徐々に悪性化していくポリープもありますので油断は禁物です。

必要とあれば第2オピニオンなども取り入れて、キチンと診察してもらうよう心がけてください。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
  • 好調な時から予防知識を!乳首が痛い時は生理前・排卵・妊娠・更年期?
  • 女性の疑問
    いつまでも女性らしくあるために、きれいな乳首をキープしよう!
  • 女性の疑問
    乳首のお手入れどうしてる?正しいケアで大切な乳首を守りましょう!
  • 女性の疑問
    乳首も保湿が大事・・簡単にできる保湿方法や乳首のケアとは?
  • 女性の疑問
    保湿クリームだけで大丈夫なの?シーン別でみる乳首のケア方法とは!
  • ポリープって?がんと似ているポリープの詳細知ってますか?
おすすめの記事