• 生理(月経)
    長い生理周期の原因と改善方法を解説!更年期の不正出血も気を付けて
    2018年6月21日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理予定日前後の出血を解説
    2018年6月16日
  • 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 胸の悩み
    好調な時から予防知識を!乳首が痛い時は生理前・排卵・妊娠・更年期?
    2018年4月1日
  • 更年期
    更年期の体温は高い、低い、微熱のどれ?上がる・下がる原因も解説
    2018年6月17日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 更年期,生理 更年期
    更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因
    2018年4月6日
  • 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
キレイな乳首でありたい・・そんな人に届けたい!乳首の美白とは?

女性にとって乳首の色というのは気になるポイント・・気になる黒ずみを少しでも薄くしたい・・そんな女性に気になる乳首の美白は、どのようにすればできるのでしょうか?

スポンサーリンク

■黒ずみの原因

普段から人に見せるものではないから分かりづらいですが、何もしていないのに乳首が黒ずんでいる女性は多数いるはずです。

黒ずみの原因は何なのか、それがわかれば気持ちが楽になる女性もいるのではないでしょうか?

▼メラニン

乳首の黒ずみの原因は、主にメラニンによるものです。

メラニンとは皮膚上に存在する黒い色素で、シミや黒ずみのもととなるため基本的に女性には嫌われています。

そんなメラニンですが、肌を紫外線など外的刺激から守ってくれる良い面も持っています。

▼乳首の黒ずみと肌の色

乳首の黒ずみは、肌の色と比例しています。

メラニンの保有量は個人差があり、基本的に肌が色黒の人はメラニンの保有量が多く、色白の人はメラニンの保有量が少ない傾向にあります。

ゆえに、色黒の人は乳首が黒ずみ、色白の人は薄く、中間の人は茶色いということになるのです。

■乳首に有効な美白成分

少しでも薄い色の乳首を望むのであれば、美白を行うことをオススメします。

ただ、顔用の美白化粧水は刺激が強かったりなどして乳首には向きませんので、塗るようなことはしないでください。

乳首には乳首向きの成分があります。

乳首に効果的が期待できそうな美白成分をご紹介します。

▼ハイドロキノン・トレチノイン酸

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれ、ビタミンCやトレチノイン酸と合わせて使うことで効果的といわれています。

ちょっと前までは刺激が強すぎるため皮膚科のみでの処方でしたが、現在は刺激を弱くし製品化されたものが販売されています。

トレチノイン酸は、肌の新陳代謝を促します。

効果はあるものの、肌が赤くただれるようになることもあるので医師の指導のもとで使うことをオススメします。

▼注目されている美白成分

ルミキシルペプチドは、美白効果とメラニンの生成を抑える作用があります。

刺激が少なく効果もあるということで、ハイドロキノンよりも今注目されている美白成分となります。

ビタミンC誘導体は、もともと壊れやすいビタミンCを化粧品に配合するために調整して作られたものです。

体内で酵素と混じりあいビタミンC化することにより、メラニンを生成しにくい環境を作り上げます。

さらに、できてしまったメラニンを還元させ、シミを薄くして肌を白くしていく作用もあります。

■黒ずみ緩和の注意点

黒ずみは、わざわざ美白成分を使わなくてもある程度の緩和可能でので、まずは日頃の生活習慣を見直してみてください。

また、美白をしたいとは思ってみても、その製品が全部が全部安全とは限りません。

副作用の危険性も頭に入れておく必要があります。

▼美白成分を使う前のチェック

乳首への刺激は黒ずみの原因となります。

お風呂で乳首を洗う際の力加減や、乳首の乾燥などが原因となり掻いてしまったりしたときの刺激が黒ずみを誘発することがあります。

まずは、日頃のそのような習慣などを直すことを優先してください。

▼美白成分を使う際の注意点

ドラッグストアやネット販売などで、美白成分が配合されている製品は多数あります。

中には刺激が強く、乳首の使用には向かないものもありますので注意してくださいね。

アレルギーなども心配されるので、必ずパッチテストを行うなど細心の注意が必要です。

まとめ

 

更なる黒ずみは避けたいところですよね。

市販されている美白化粧品には、ジェル・クリーム・ピーリング剤などがあります。

乳首部分は皮膚が薄いため、慎重に選ばないと皮膚病・肌荒れの原因となってしまいますので注意してくださいね。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
美容, 女性の悩みの関連記事
  • 女性の疑問
    いつまでも女性らしくあるために、きれいな乳首をキープしよう!
  • キレイな乳首でありたい・・そんな人に届けたい!乳首の美白とは?
  • 胸を美しく、そして理想的に・・「美」を追求するレーザー治療とは
  • 背中の脱毛どうしてる?見えにくい届きにくい背中の脱毛方法とは
  • 油断大敵!背中のお肉に要注意!正しい背中ダイエットできれいに痩せる
  • 肌悩みが減っちゃうかも!?美容大国・韓国で大ブーム「卵白美容」でツルツル肌に
おすすめの記事