「子育て世代が終わった後の女性の保険はどんなのがいいの?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険の重要な期間は子育て世代と言われており、子育て中のご家庭では大切な家族のためにしっかりと保障に加入している人が多いですが、お子様が独立した後でもそのまま加入し続けている人が多いのも特徴です。

生命保険という商品は一度加入すると「入っているから大丈夫」と安心される方が多く、どうしても忘れられがちです。

しかし、いつまでも子育て世代の保険をかけ続けると保険料ももったいないので、お子様が独立後は最後の見直し時期となります。

それでは子育てが終わった後の女性の保険のご説明をします。

■夫婦二人の保険にかけなおす!

▼保険の見直しは健康であることが条件!

現代の保険種類の中には「病気でも加入できる」という保険も登場してきていますが、まず、この保険を考える方は保険に加入していない方向けです。

もし加入している人がこれらの保険を考えられる際は、今よりもグレードが落ちる可能性が高いためです。

病気をしても更新型の保険の場合は保障を下げれば保険料を抑えながら保障を持ち続けることができます。

もし、健康診断に異常も無く入院手術の経験がない人であれば新しく加入することもできます。

先々のお葬式代の約300万~500万ほどの保障を確保しておきましょう。

▼考える保障は介護保障!

気を付ける保障としてNO:1は介護保障です。
老老介護という言葉が認知度を高めてきていますが、現実的に老人ホームや介護施設に入居したくてもできない現状が続いています。

もしご自身がそうなってしまった場合、介護する側の人間が思うことは、「お金があれば人を雇う」という発想です。

在宅での24時間介護は介護状態の重さにもよりますがかなりの精神的負担が大きく、さらに経済的負担も一緒にやってきます。

しかし介護保険が給付できれば経済的負担も軽くなり、週に1~2回でもデイサービスの利用ができれば介護者の精神的負担も軽減されます。

長寿大国日本の大きな課題の一つである介護という壁に対し国の保障は、手厚くありませんので、ご自身で備えておく必要です。

その際介護保険と死亡保障がきちんと分かれている保険に加入しましょう。

そして介護保険の給付条件もかなり重要です。
最新の介護保険は要介護1と認定されたら給付されますという介護保険もありますので、加入する際は要介護1か要介護2と認定されたら給付できる介護保険に加入することをおすすめします。

加入の際は保障のかけすぎに注意して最高でも500万ほどに抑えておきましょう。
国の介護サービスは介護認定を受けた後は1割の負担だけで介護サービスを受けることができるので、500万でもさまざまなサービスを受けることが十分可能です。

▼がん保険は必要?

年齢を重ねるとともにがんの発症率は上がっていくのは有名な話ですが、がん保険は手厚く入る必要はありません。

特に60歳を超えてからの手術は体力的な問題も出てきますし、がんの進行も遅いといわれています。

そのため手術をあえてしないという選択の可能性も出てきますので、がんになったら1000万出ますよ。
という大きな保障をかけている方は保障を下げ100万から300万に減らし、医療保険にがん保険の特約を付加しましょう。

高度な手術ができない可能性が高いということは健康保険の提要範囲内での治療である可能性が高いという意味です。

その場合高額療養費の申請ができるので、例えば100万の手術費がかかったとしても申請で約9万ほどに抑えられます。

ですので無理に大きながん保険をかける必要は無くなってきます。
しかしがん保険の需要なところは一時金でもらえる金額よりも通院による治療費の補てんが重要となってきますので、がん保険を検討されているかたは通院にも対応する保険を検討しましょう。

■まとめ

年齢を重ねるほど体の衰えを感じさらに不安が大きくなっていくものです。

そうなってくると心配に心配が重なり過剰に保険をかける人が増えていきますが、先々のことも考え保険料の負担や不必要な保障も必ず出てくるものです。

人生のライフサイクルに合わせ必要な保障は変わってきます。

お子様の独立後は自分のための保険を考え、ここで初めて一生涯の保険(終身保険)を考えてもいいと思います。

先々の保険料負担が苦しくなるのが嫌と思われる方は一時払いで保険料を先に一括で支払ってしまうのも一つの手でもあります。

保険の掛け方はそれぞれですが必要な保障を必要な分だけ加入し、かけすぎに注意して上手く保険と付き合っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする