「若いときほど備えておきたい女性の医療保険!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と知られていないのが20代の女性からの給付金請求が多いという事実。

20代での出産時、帝王切開の給付金は保険会社でも毎年、病気別給付金ランキング3位以内にランクインするほどの多さです。

独身の方には関係ないと思われてしまうかもしれませんが、20代の多くの方は子宮関係での給付金請求が非常に多いです。

ですので社会に出たらすぐに女性特有の病気に対し医療保険は充実したものに加入したほうが安心です。

独身女性に必要な医療保険についてご説明してまいります。

■20代の医療保険は女性のほうが高い!

▼年々増え続ける給付金請求

20代は病気に無縁と思われがちですが、20代女性は別です。

独身だから妊娠とかないし。というのも違います。
20代でも結婚は多くさらに妊娠率も高いのです。
妊娠が分かってから医療保険に加入するのでは遅いのです。

さらに子宮の変化が表れ始めるので、子宮内膜症や子宮筋腫などの発見が多いのも20代です。

独身であっても結婚されていても若いうちから女性用の医療保険には必ず加入しておきましょう!

▼がん発症の若年化

男性のがん発症は40歳でピークがくるのに対して、女性のがんは年代を超えていつでも可能性があります。
部位別でみれば年代は30後半から40代と言われていますが、子宮頸がんだけは性行為を1回でも経験がある方なら誰にでも発症する可能性があります。
子宮がんだけは特殊でウイルスによって起こりうるがんであるためです。

さらに男性よりも部位の多い卵巣、卵管、子宮、子宮頸がんとあらゆる所にがんの可能性はありますので、若くても女性にとってがん保険は非常に重要であるのです。

▼医療保険を守るものは自分の生活!

結婚していない時に守るのは自分の生活です。
病気にかかってしまいお仕事をお休みになられたり、離職を辞さない状態までになってしまったら収入が無くなるため先の生活は絶望的になってしまいます。

さらに医療保険が無ければお金の限られた治療しか選択できない時も出てきてしまいます。

ご自身の健康を取り戻しながら生活を維持するために医療保険に加入するのです。

かけすぎる必要はありませんので、女性特有の病気やがんに手厚い医療保険に1つ加入しましょう!

■まとめ

独身時代は「保険は結婚してから考える」とおっしゃる方が多かったですが、婚期は年々遅くなってきています。

だけど医療技術の進歩により今まで見つからなかった病気も見つかるようになってきました。

病気によっては結婚してから加入する事が出来ない場合も多くあったり、加入時に不利な条件が提示されることもあります。

そうならないために独身時代であっても自分を守るために、医療保険には加入しておきましょう。

そして結婚の時期が来ましたら、新しい保険に見直しすることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする