• 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    更年期女性の眠気・睡魔は更年期障害?眠い時の眠気覚まし方法や対策
    2018年4月6日
  • 更年期,生理 更年期
    更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因
    2018年4月6日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 胸の悩み
    乳首が痛い…読者の皆さんは?生理前・妊娠・更年期?乳首痛の体験談と考察
    2018年4月1日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
生命保険や医療保険。妊娠前に必要?

結婚をされた時、見直しするべき一つの項目に保険が入ってきますが、ご主人様の保険は真剣に考えるけど奥様の保険は意外と後回しにされがちです。

中には結婚前に加入しているのをそのまま続けている人もいらっしゃいますが、ご主人様の保険を見直す時に同時に奥様の保険もしっかりと検討し、お互いの加入している保険がどうなっているのか理解しあって、受取人や契約住所の変更などもしっかり行いたい所です。

それ以上に結婚後に夫婦で考えるのは住宅やお子様の事です。
お子様が生まれてから奥様の保険を考える方、お子様を授かってから考える方もいらっしゃいますが、実はそれでは遅いのです。

今回は医療保険に付加する女性特約についてご説明してまいります。

スポンサーリンク

■結婚と同時に見直しを!

▼見直しの時に女性特約は付加しましょう!

女性特約は若ければ若い程必要です。

特に結婚後は妊娠を望むご家庭が増えてきます。

妊娠してからでは対応できないのが女性特有の体の異変です。
必ず妊娠前に検討しましょう!

▼今後、期待されている不妊治療の補てん

現在では不妊治療を受けた女性に対し各自治体で補助を受けられる政策がありますが、それだけではなく保険会社からも特約を付ければ、不妊治療を受けた際、医療保険から給付金を受けられる保険を販売することを国が認可したのが平成27年末です。

まだ発売が決まっていないものの、これから間違いなく発売されていく保険です。

こちらの不妊治療を開始してからではもちろん加入できないと思います。
しかし、誰がこの治療を受けるかはわかりませんが結婚と同時に考えておく一つの案であると思います。

▼妊娠時の様々な体の異変の併発

例えば女性特約に加入しておけば万が一帝王切開になってしまったり、出産と同時に痔で手術をする事になっても給付金の対象となります。

しかし、手術を受けた後に加入を考えても入れない場合もあったり、妊娠前に加入するよりも不利な条件が出たりすることもあります。

例えば帝王切開で初めての子供を出産してから、女性特約の加入を検討した場合「子宮に関する給付金は5年~3年間の間は給付されませんよ」という条件が求められる可能性が高いのです。

年齢やお子様の数によって年数は異なりますが、帝王切開で出産したということは次の出産も帝王切開であることがほとんどです。

そのたびに給付金の支払いはできませんので、こういった条件というものが出てきてしまいます。

▼意外と厳しいのは妊娠中の糖の値

何事もなく出産を終え、保険を考えて加入しようと思っているけど、健康診断受けていないとなると診査に必要な情報は出産後1年間は母子手帳で判断される事が多いです。

その際に見られるのは妊娠中の検診ごとの血圧や糖の値、出産後の体調などを見ますが、意外と厳しいのは「糖」の値が+に丸がついていたときです。

多くの女性は妊娠中に糖がでてしまうものですが、近年、加入診査が厳しくなって生きている為、「6か月後にまた診査してください」や「病院に行って精密検査を受けてください」などの可能性が上がってきます。
糖の値が+になっていると糖尿病のリスクがやや高い?と思われがちな為、診査基準も厳しくなってしまうのです。

▼命を分け与えるのが妊娠

女性は妊娠すると赤ちゃんに栄養を上げるため、様々な栄養不足に陥りがちになります。
免疫力の低下もわかっています。

その為、今まで水面下にいた体の異変が活動しはじめ体への攻撃をしてくることがあります

貧血であったり、甲状腺の体の異変であったりします。

何事もなく出産をすることは奇跡に近いことなのです。

どんな女性特有の体の異変に対しても妊娠前に備えておくことをおすすめします!

▼妊娠をきっかけにみつかりやすい子宮の体の異変

妊娠が分かると子宮ら卵巣、卵管の検査をします。

初期症状がまったくなかったため妊娠するまで気づかなかったけど、検査してみたら子宮筋腫があった。

子供が大きくなるにつれて筋腫も大きくなってしまうから、手術して取りましょうとなれば出産後に保険を考えることは数年間難しくなります。

このようなことから妊娠をきっかけに何かの体の異変が見つかることも多くあり、出産後に保険を考えることは難しくなるケースがあるため結婚後に保険に加入しておくことをおすすめします。

▼出産お祝い金が出る保険も登場する!

一定の条件が必要となりますが、子供を一人出産すると○万円の給付金が受けられるという医療保険の発売もあります。

まだ決められた保険会社でしか取り扱いはされていませんが、女性としては非常に嬉しい保険です。

今まで販売されていた保険は契約期間中5年間の間に手術による給付金がなかった場合に、健康お祝い金が受け取れますよという保険がほとんどでした。

しかし出産してお祝い金が受け取れるのはとてもありがたい特約です。

これも妊娠する前の加入が絶対条件ですので妊娠を望む女性にはありがたいものです。

■まとめ

女性の保険は何かと後回しにされがちです。

子供が生まれてからでは加入が難しい可能性もあります。
もしも加入ができないまま無保険状態でいるほうが先々不安ばかりが募ります。

女性の保険も非常に重要であるためご主人様の保険を考えると同時に夫婦でともに考え、検討し見直しすることをおすすめします。

特に若いうちに女性特約を付加したほうが保険料も少しやすくなるので誕生日前には加入する事をおすすめします。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
保険ブログの関連記事
  • 保険
    妊娠後に考えるべき女性特有の保険なんてあるの?
  • 保険
    ミニ保険?入りやすい小口の少額短期保険が人気!
  • 女性,保険
    女子が好きな海外旅行!海外へ行くなら事前に「海外旅行保険」を検討しよう
  • 保険
    知らないと損?保険の意外と知らない入院などの請求ポイント!
  • 女性,保険
    子供のために保険を!こどもの日常生活を守る保険とは?
  • 保険
    知って得する?保険料控除で少しでも税金を安くしよう!
おすすめの記事