保険で備えておきたい女性特有専用の特約は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性特有の病気に対しての特約を知っている人は多いとは思いますが、ご自身が加入している保険に付加されている特約を把握されている方はほとんどいません。

入院したら給付金受けられるのは知っているけどいくらだっけ?

女性疾患なら全ての病気が対象だと思っているなど、さまざまな考えがありますが、保険は万能ではありません。
医療技術と同じように進化を続けている保険でも決して完璧ではありません。

加入する保険で大きく変わってきますので、おさえておきたい女性特有専用の特約についてご説明しておきます!

■そもそも女性特有の病気って何?

▼帝王切開も給付金の対象!

女性にとって妊娠・出産は命がけのことですが決して病気ではありません。

しかし、一つの命をお腹の中で育てながら守るため、母親の母体は悲鳴を上げることもあるものであり、常に命と隣合わせであると言っても過言ではありません。

出産時はさまざまな病気を併発しやすい状況になります。
妊娠時は胎児への栄養をおくる反面、母体への栄養が不足しがちになるからです。

妊娠中・出産時で一番多い女性特有の保険から請求がくる給付金は帝王切開です!

例えば、帝王切開で出産して10日間入院した場合
・入院日額×10日分
・女性特有日額×10日分
・帝王切開の手術給付金
の3種類から給付金を受けることができます。

帝王切開で給付されない会社は少ないですが念のため確認しておくことをおすすめします。

次に多い給付金の請求は、妊娠中毒症や切迫早産での緊急入院をした時です。

この二つも請求は年々増加傾向にあります。

■一番怖いのはやっぱりがん?

▼女性は男性よりもがんになる種類が多い!?

女性のがん患者数も年々増加しております。
しかし、がんになる人が増えたというよりも女性の場合は、ひと昔前に比べて会社勤めの女性が増えて健康診断を受ける人が増えたからとも言われております。

もちろん医療技術の進化によって今まで見つからなかったがんも見つけられるようになった事や各自治体から配られる検診無料クーポンにより受信者が増えてきている事も理由に挙げられています。

しかし、会社の健康診断では女性特有のがんの検診を実施している企業は少ないので、ご自身で病院へ行かれる方が多いのです。

女性特有のがんとして
・乳がん (男性でもごくまれに発症する方もいる)
・子宮がん
・子宮頸がん
・卵巣がん
が有名です。

このがんは女性特有であり、かなりの医療費を必要とします。
さらに乳がんの発症率は40代から急激に増えてきますが、子宮頸がんは20代前半でも発症率が上がってきています。

特に女性のがんの備えは必ず備えておくべきです!
肺や脳などのがんに効果的な先進医療が多く存在しますが、乳がんや子宮がん、子宮頸がん、卵巣がんは今でも「部位を切除する」ことが多く、体に大きな負担を与え、さらに、抗がん剤治療も5年間必要とします。

この5年の抗がん剤は再発リスクを減らす為に通院で通う必要が出てくるため、治療費と同時に病院や病気に対する正しい知識が必要となるため、がんという病気に対するセカンドオピニオンも利用できて、充実しているがん保険を選ぶことをおすすめします!

■女性特有の病気はいつまで必要?

▼必要な時期は出産適齢期まで!

出産適齢期が過ぎ、ある程度の年齢に差し掛かってくると女性特有の特約はかなり保険料が割増しとなってくるため、かけ続けることが非常に難しくなってきます。

ですので、40台後半からは女性特有の特約を外し成人病などの特約を付加することをおすすめします。
ここで注目しておきたい成人病特約は保険会社によって範囲が異なります。

3大成人病特約・・・がん、脳血管疾患・心疾患の3つしか保障されない会社もあれば、

成人病特約・・・上記の3つに+して糖尿病・高血圧まで含まれている会社もあり、

さらに8大生活習慣病では上記の5つの病気に+して肝疾患・腎疾患・膵疾患までも幅広く対応している保険があり、女性特有の医療保険では8大成人病のところまでカバーしてくれている可能性が高いので、保険料は割高となっています。

成人病特約に変更する際は、5大成人病まで保障してくれて、必ず手術給付金の上乗せがある医療保険に切り替えましょう!

■まとめ

女性の体にはまだまだ現代医療でも解明できていない病気が多く存在します。
そしてがん患者も若年化の傾向にあります。
まだ若いからと言わず、今では20代に突入したばかりの女性でも女性医療保険に加入しておくことをおすすめしておきます。

しかし40代後半からはかなり保険料が値上がりしますので、成人病特約に切り替え続けられる保険に見直しをすることをおすすめします!
※これから出産をひかえる40代女性の場合は女性医療保険に加入することをすすめます。

保険とは必要な時に必要な特約をうまくつけこなすことで保険料の無駄を省くことができますので、正しい知識で検討しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする