卵巣がんには注意したい!女性は気になる女性特有のがんの一つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性には必要な卵巣という臓器がありますよね。
女性の骨盤内に左右1つずつあって女性ホルモンを分泌している臓器であり、女性にとっては非常に重要な部位です。

この卵巣がんは女性特有のがんの中でも死亡率がもっとも高いとされていて、年々死亡者数は増加しています。

そんな卵巣がんについて解説していきます。

■卵巣がんの基礎知識

▼卵巣がんという病気を正しく知ろう!

卵巣がんの基礎知識をポイントでまとめてみました!

・卵巣という臓器は腫瘍ができやすい部位である。
・死亡率が極めて高い。
・腫瘍の80%以上が良性であると言われている。
・自覚症状がほとんどない。
・卵巣自体が身体の奥にあるため検査での発見率が低い。
・40歳から発症率があがり50歳後半ごろピークに達する

これだけのことが分かっていながら、検診でも見過ごされている事が多いので精密検査まで受けないと発見できる可能性も低いと言われています。

子宮がん検診の時に卵巣も見てくれることもありますが、奥までは検査できていないため、発見されないことも多々あります。

さらに卵巣では女性ホルモンの分泌など様々な細胞が活発に活動しているため、腫瘍ができやすいと言われています。

■卵巣がんによる死亡率

▼日本人女性は知っておきたい確率

卵巣がんでの死亡率は欧米に比べて比較的に少ないとされていますが、それでも卵巣がんにかかる患者数は年間約8000人以上もいて、そのうち、亡くなる人は年間約4000人以上もいるのです。

卵巣がんと診断された方の約半数の人が命を落とす病気です。

この統計を見てみると日本人の90人に1人が卵巣がんにかかることがわかり、さらに180人に1人が亡くなっていることもわかります。

この死亡率はやはり発見の遅さが原因と言われています。
初期症状がほとんど無く、検査でも見つけにくいということも重なり、発見されたときは「進行していた」なんて話は卵巣がんには珍しくないのです。

卵巣がん患者の早期発見は約10%以下と極めて低い数字もあります。
進行がんの場合のほとんどの方が骨盤内までがんが進行しているほどの状態で見つかる事がほとんどです。

検診の受診率も大切ですが、検診での発見率が上がらなければ死亡率の低下は避けられません。

できるだけ施設の整った病院で定期的に精密検査を受診することをおすすめします!

■卵巣がんの主な原因

▼がんは生活習慣病の一つ!

卵巣がんもがんの一つであるため生活習慣が原因とされていますが、それ以外にも女性特有の生活もかかってきています。
原因についてポイントにまとめてみました。

・初潮が早い方
・閉経が遅い方
・生理不順や不妊症の方
・妊娠や出産の経験がない方
・高脂肪の食事が多い方
・肥満、高血圧、糖尿病など数値に引っかかっている方
・喫煙者

以上のポイントが原因とされていますが、ひっかかるからと言って絶対に卵巣がんにかかるとも言えないですがリスクが高いという事はわかります。

このポイントに当てはまらないからと言って卵巣がんにかからないわけでもないので、生活習慣を意識しながらきちんと検診を受診しましょう!

がんと聞くと「遺伝」という言葉が浮かびますが、卵巣がんの患者のうち、遺伝は約1割とされていて、卵巣機能に異常がある方などに比べると少ない傾向にあります。

その他の原因として、年齢のピークもあり一番のピークは50代後半から60代が多く加齢により、がんを併発する可能性を高めていると言われています。

さらに乳がんにかかったことのあるからは卵巣がんに発症リスクが高いとも言われており、関係性の研究が急がれています。

そして子宮内膜症などの婦人科系疾患を経験されている方は卵巣がんの発症率も少し高まるとされています。

■まとめ

乳がんほど有名ではないものの、卵巣がんは乳がんよりも死亡率が高い事もわかっています。

やはり、検診で見つかりにくいことが原因であるからです。

卵巣がんの治療はかなりの費用を必要とし、また乳がん同様に病気と付き合っていく時間もかなり長いのです。

卵巣がんのほとんどが進行がんで見つかる事が多いことでわかるのは、手術や薬の多さが初期段階よりも多い事であり、再発を防ぐための抗がん剤治療も長く続きます。

がんにかかった時に給付されるがん保険はもちろんですが、再発や通院でも完璧に対応されるがん保険でなければ、治療の選択肢は閉ざされてしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする