• 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 生理(月経)
    長い生理周期の原因と改善方法を解説!更年期の不正出血も気を付けて
    2018年6月21日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理予定日前後の出血を解説
    2018年6月16日
  • 更年期
    更年期の体温は高い、低い、微熱のどれ?上がる・下がる原因も解説
    2018年6月17日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 生理(月経)
    生理前、生理中の体温は上がる?下がる?基礎体温測定で見えること
    2018年6月18日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
  • 胸の悩み
    好調な時から予防知識を!乳首が痛い時は生理前・排卵・妊娠・更年期?
    2018年4月1日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
ママは保険を見直そう!ママが入院したら子どもはどうなるの?

小さな子どもがいるママが体の異変やケガで突然入院したら?子どもはどうなっちゃうのだろう?近くに祖父母が住んでいない場合には、誰に預けたらいいのか?とても心配ですよね?

子どものことが心配で、自分の治療に専念することもできないかもしれません。

出産で入院する場合は、上の子どもも同室で育児ができる病院もありますが、ケガや体の異変での入院となるとそうはいきません。

ほとんどの病院は、小さな子どもの面会すら断られます。
旦那さんがお仕事を休めればいいのですが、急な入院だとそうはいかないこともあります。

そんなとき、保育所等で預かってくれるサービスがあります。どんなサービスなのか?どのくらい費用がかかるのか?調べてみましょう。

スポンサーリンク

■ママが入院したときに子どもを預けることができる「緊急一時保育」

保護者が体の異変や出産、仕事の都合などで、緊急に子どもを預けなくてはならなくなったとき、保育所で一時的に預けることができます。

この制度を利用できるのは、通常は保育所を利用していない方が対象です。ご存知のように、保育所を通常利用しようとしてもなかなか希望の保育所に子どもを預けることができないのが現状ですが、多くの自治体ではこの通常利用枠とは別に、一時保育や緊急一時保育枠を用意しています。

ただ、一時保育や緊急一時保育専門の保育所はほとんどなく、通常の保育所の中で実施している保育所で、なおかつ空きがある場合に利用することができます。

利用する場合の料金システムは、各自治体によって異なります。

例えばA区の場合
保育時間が4時間以内は900円
保育時間が4時間以上8時間以内は1,800円
超過料金30分につき180円

B区の場合
区内に住所がある場合1日1,500円
区外に住所がある場合1日2500円
超過料金30分につき150円

など、自治体によって異なるので、万が一のためにインターネット等で調べておくのがよいでしょう。

▼24時間対応の保育所もある

C市の場合、「24時間型緊急一時保育」があります。
急な健康状態の変化があったとき、ご家族が近くにいないときなどに、24時間電話受付をしてくれます。

こちらの保育所は、夜間・宿泊を含め24時間365日対応してくれますが、あくまで「緊急
時」のためなので、原則として3日以内の利用となっており、それ以外は「一時保育」となります。

利用料金は、子どもの年齢と時間帯によって異なりますが、0歳から4歳までともに24時間の上限が1万円となっています(別途食事代1食につき300円)。

利用できる日数や料金は、各自治体によって異なります。1か月まで利用できる自治体もありますし、区内や市内に住所がないと受付けてもらえない自治体もあります。

ママになったら、自分自身の体調が悪くなったときに、まずどうしたらよいか?きちんとリスト化しておきましょう。

■ママが入院したときには治療費以外にかかる費用がある

独身の方や男性が入院するのとは違い、ママが入院すると治療費以外にお金がかかることは理解していただけたでしょうか?1日2日はなんとかなるかもしれませんが、長期の入院となれば、旦那さんもずっと仕事をお休みすることもできないでしょう。昼間の間だけでも保育所に子どもを預けることができれば、少しは安心して治療に専念できます。

▼入院したらいくらぐらい費用がかかるのか?

入院1日あたりの自己負担金額(差額ベッド代を含む)は、平均約10,000円です。
手術を受ければその治療費がプラスされます。

例えば
盲腸で入院した場合 重症化していなければ、手術と入院費用を含めて、健康保険が3割負担で約8万円から10万円。
あまり傷を残さない腹腔鏡手術を受けたとすると手術代だけで、約15万円から20万円となり、高額になってきます。

切迫早産で入院が必要になった場合 出産のための入院を予定していた時期よりももっと早く入院することになってしまい、準備もままならないことも。切迫早産の入院期間は2~3ヶ月になることも多いです。

比較的軽度で、子宮収縮を抑える薬の投与や簡単な手術を受けて7日ほどで退院できる場合もあります。でも、自宅でも絶対安静が必要になりますから、入院はしていなくても子どもの世話は誰かに看てもらう必要があると思います。

病院に支払う治療費の他に、着替えや洗面道具、病室でのテレビ代、そしてママなら子どもの保育料金が必要になります。

■ママは絶対医療保険に入っておくべきです

子どもにとってママはひとりしかいません。あなたが倒れてしまっては、子どもは生きていくことができません。

それでも万が一、体の異変やケガで急に入院することになっても、サポートしてくれる制度があることは知っていただけたと思います。

そして、早く体の異変やケガを治すことが何より子どものためになります。入院している間の資金を心配しなくていいように、医療保険に加入するようにしましょう。

保険ブログの関連記事
  • 保険
    妊娠後に考えるべき女性特有の保険なんてあるの?
  • 保険
    ミニ保険?入りやすい小口の少額短期保険が人気!
  • 女性,保険
    女子が好きな海外旅行!海外へ行くなら事前に「海外旅行保険」を検討しよう
  • 保険
    知らないと損?保険の意外と知らない入院などの請求ポイント!
  • 女性,保険
    子供のために保険を!こどもの日常生活を守る保険とは?
  • 保険
    知って得する?保険料控除で少しでも税金を安くしよう!
おすすめの記事