• 更年期
    更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
    2018年6月16日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
  • 閉経
    閉経後の出血の原因は不正出血? 出血量、血の色、腹痛の有無に着目
    2018年6月12日
  • 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 生理(月経)
    生理予定日前後の出血を解説
    2018年6月16日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 胸の悩み
    好調な時から予防知識を!乳首が痛い時は生理前・排卵・妊娠・更年期?
    2018年4月1日
  • 閉経
    閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
    2018年6月10日
  • 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    長い生理周期の原因と改善方法を解説!更年期の不正出血も気を付けて
    2018年6月21日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
がん保険に加入しているのにがんになっても給付金がもらえない?

がん保険に加入しているから大丈夫と思っていたのに、がんになっても給付金がもらえない?そんなことが起こっています。
がんと診断されただけでもショックなのに、当てにした保険で治療費を賄えないなんて!

実は、がん保険はどれも同じではないのです。押さえなくてはならないポイントは、きちんと押さえて選ばないと、いざというときにあなたの役にたてません。

では、どんなところに気を付けてがん保険を選ぶのがよいのでしょうか?

スポンサーリンク

■医療技術は進歩している。通院でも給付金がもらえる保険に入ろう!

入院しなくても、がんの治療ができるケースが増えてきていることをご存知ですか?医療が進歩してきており、がんと診断されても、通院しながら治療できるようになってきています。

がんと診断確定されたら給付される一時金(診断一時金)ですが、古いタイプの保険では「がんの治療を目的とする入院をしたとき」という条件がついている場合があります。この場合、通院でがんの治療をしても、一時金ももちろん入院給付金も支払われません。

通院治療でも、治療費はかかります。診断確定されたら、入院するかしないかに関わらず給付が受けられるがん保険を選びましょう。

■入院給付金は1日目から無制限の保険を選びましょう

反対に、がんの進行度合いや種類によっては長期の入院になるケースがあります。
基本的な医療保険では1度の入院について継続した60日分の入院給付としていることが多く、注意が必要です。

反対に、医療の進歩により、比較的軽度ながんの治療には短期間の入院で済むケースもあります。俳優の渡辺謙さんが胃がんの内視鏡手術を受けたとのニュースがありましたが、その手術を受けても翌日には仕事に復帰することができるそうです。体に負担がかからなく、なおかつ早く治癒できる手術法があるなら、もし治療費が高いとしても受けたいですよね。

■上皮内新生物では給付金が下りない保険がある

がん(悪性新生物)といっても、上皮内新生物と診断された場合には、給付されないがん保険があります。

「上皮内新生物」と「悪性新生物」のちがい

・「上皮内新生物」は、腫瘍細胞が粘膜の一番上の上皮内に留まり、基底膜を破壊していない状態。
→転移の可能性が低い。

・「悪性新生物」は、腫瘍細胞が基底膜を破り、上皮より内側に浸潤している状態。
→転移する可能性がある。

また、「上皮内新生物」と「悪性新生物」では診断一時金に差がある保険もあるので、加入する前に確認しましょう。

■診断一時金は何回でも受け取れるのがベスト

最新のがん保険の場合、がんと診断確定(再発)されれば何度でも受け取ることができます。ただ、2年に1度を限度とする会社が多く、中には1年に1回を限度に通算5回まで一時金を受け取れる会社もあります。

最近では、入院日数や手術による体の負担が少なくなってきているので、入院給付金より
一時金を重視しても良いと思います。

■がんと診断確定されたら、保険料を払わなくてよい特約

初めてがんと診断確定された以降の保険料が、免除される特約があるのが必須です。
それ以降、保険料の心配もなく、治療に専念することができます。

■加入時には正確に告知をしておきましょう

がんになった時に、保険金が支払われない事例に多いのは「告知漏れ」です。悪く言えば告知義務違反ですが、わざと隠そうとしていなくても、詳細を忘れていたり、関係がないと自分で判断しないことです。

例えば、胃潰瘍で治療を受けたことを告知せず、加入後に胃がんが見つかったが支払われなかったケースもあります。

また、よくある誤解として「継続して7日にわたる診察・治療・投薬」について。例えば
診察1日で7日分の投薬を受けたとするとこれに該当します。初診から治療終了の日までが7日あれば、告知しないといけません。

自分で判断つきにくい場合には、医師に尋ねるか、保険会社に確認しましょう。ほんの些細なことで、せっかくの保険がいざという時に役に立たないのでは仕方ありませんし。

がん保険の告知項目は保険会社によって異なり、審査の基準も異なるので、保険の内容を検討するときに、HPなどで告知項目も確認しましょう。

■以上6つのポイントをおさえてがん保険に加入すれば大丈夫

「通院」、「上皮内新生物」、「一時金は何度でも」、「保険料免除」、「告知事項」の6つをきちんと確認してから、がん保険に加入しましょう。

もし、今加入しているがん保険に1つでもないものがあったなら、保険料にあまり差がないうちに、最新のがん保険に掛け替えるのも良いと思います。

医療と共に「がん保険」も進歩しています。最新の「がん保険」を研究してみるのもとても勉強になります。せっかく入る「がん保険」ですから、いざという時に最大限利用できるように準備しましょう!

保険ブログの関連記事
  • 保険
    妊娠後に考えるべき女性特有の保険なんてあるの?
  • 保険
    ミニ保険?入りやすい小口の少額短期保険が人気!
  • 女性,保険
    女子が好きな海外旅行!海外へ行くなら事前に「海外旅行保険」を検討しよう
  • 保険
    知らないと損?保険の意外と知らない入院などの請求ポイント!
  • 女性,保険
    子供のために保険を!こどもの日常生活を守る保険とは?
  • 保険
    知って得する?保険料控除で少しでも税金を安くしよう!
おすすめの記事