がん保険に入っているといいことは治療費だけじゃない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師から「がん」を告知されて冷静でいられる方はほとんどいないのではないでしょうか?
やはり「がん」という言葉から、最悪の事態を想像してしまうことと思います。どうしたらよいのか?わからなくなり、とても不安な気持ちでいっぱいになることでしょう。

子どものことや仕事のこと、これからはじまる長い治療生活のことを考えるだけで、胸が苦しくなりそうです。

でも、「がん」にかかってしまった以上、治療をしていかなくてはなりません。そんなときに「がん保険」に加入していれば、ほとんどの場合、金銭面を心配することなく治療に専念することができます。

「がん」の治療に関して、お金はとても重要です。お金がなくては完治させるための治療を受けることもできません。保険に入っていてよかったと思うことでしょう。

ですが、最近の「がん保険」は、治療費を給付するだけにとどまりません。「がん」に対して、被保険者と一緒に戦っていくための、いろいろなサポートを用意しています。

「がん保険」の給付内容はもちろんのこと、付加価値も「がん保険」を選ぶ際の、基準にしてはいかがでしょう?

■「がん」にかかったあなたに、こころのサポート

自分が納得できるまで、担当の医師と治療に関するお話ができれば理想的です。でも、診察の際に聞こうと思っていたことを忘れてしまったり、診察の時間が短く、とても相談できない・・・など、「がん」にかかった多くの方が困っていることがあるようです。

その際に、セカンドオピニオンとしてサポートするサービスがあります。

例えば
メットライフ生命 ガン保険Guard X
契約後のサービスとして「ガン総合サポートサービス」があります。
これは、ガンに関するさまざまな質問や相談に応じる総合的なサービス(無料)です。

・専門スタッフが対応する「ガン電話相談ダイヤル」
・総合相談医が面談にて粒子線治療への適応を判断した場合に、粒子線治療ができる医療機関を紹介する「粒子線治療サポートサービス」
・主治医以外の医師として、各専門分野の医師である総合相談医がセカンドオピニオンを提供する「セカンドオピニオンサービス」

※セカンドオピニオンとは、診断や治療方針などについて、主治医以外の医師の「第二の意見」を聞くことです。異なる医師の意見を聞くことにより、患者自身が治療を選択する材料になります。また、セカンドオピニオンを受けた結果、主治医の治療方針に納得できれば、なにより安心して治療を受けることができます。

また、被保険者だけでなく、その家族の不安に寄り添ってもらえるのが「ガンこころのサポート」です。

これは、ガンと診断された場合のショックやこころの不安を、メンタルケア専門カウンセラーに電話や面談で相談できるサービスです。

面談は年間3回まで(1回50分)無料となっていますが、電話による相談は常に無料です。

「がん」と診断された場合、本人はもちろんのこと、家族もとてもショックを受けます。ですが、家族は本人を気遣ってなかなか不安を表に出すことがむずかしいので、このような家族へのサポートをしてくれるのは、とてもありがたいことだと思います。

被保険者ご本人だけでなく、家族へのサポートが受けられることはポイントが高いです。

▼がんを正しく理解して治療をはじめる準備をお手伝い

「がん」告知されたものの「がん」という病気を理解するのがむずかしい、医師の説明がわかりにくい、薬の副作用など、治療をスタートするにあたって、疑問に思ったことを聞きに来てくれるサービスがあります。

例えば
アフラック 新 生きるためのがん保険Days
がん専門相談サービス「プレミアサポート」は、5年以上の臨床経験とがんの専門知識を持った看護師がカウンセラーとして、訪問してくれます。

※初回面談(約2時間)、その後は帆ローコール2回(1回30分)となり、無償の範囲を超える場合は有償となります。利用規約があります。

■家族みんなの健康を相談できるサービス

ほとんどの保険会社で、「がん」以外でも、電話で健康の相談ができるサービスを行っています。日々の健康管理はもちろん、緊急時にも対応できるように24時間・年中無休で電話がつながるようにしているのが主流です。

このサービスのチェックポイントとしては、対象が「被保険者のみ」か「被保険者と家族」なのかです。

例えば
アクサダイレクト生命 がん終身
「24時間電話健康相談サービス」は、被保険者と同居の家族も対象になっているので、
深夜に子どもの高熱で困っても、電話にて応急処置方法を教えてくれますし、近くで夜間にあいている病院を探してくれます。また、不慮のケガに対する応急処置の方法も相談することができます。

また、旅行先での体調不良でも最寄りの病院を探してくれるなど、柔軟な対応をしてくれる保険会社もあります。

介護についての相談もできるかどうかもポイントです。

■「がん保険」付加価値のサポートで選ぶなら

・がん治療に対して不安な時に、24時間電話相談ができるか?
・被保険者本人だけでなく、その家族もサポートしてくれるか?
・電話だけでなく、面談で相談することができるか?

「がん保険」は加入してからが重要です。心強いサポートをしてくれる保険会社を選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする