• 更年期
    更年期の体温は高い、低い、微熱のどれ?上がる・下がる原因も解説
    2018年6月17日
  • 胸の悩み
    好調な時から予防知識を!乳首が痛い時は生理前・排卵・妊娠・更年期?
    2018年4月1日
  • 生理(月経)
    長い生理周期の原因と改善方法を解説!更年期の不正出血も気を付けて
    2018年6月21日
  • 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 閉経
    閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
    2018年6月10日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    体温調節ができないのは更年期障害?異常な汗、ほてり、のぼせの症状
    2018年6月17日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 生理(月経)
    生理予定日前後の出血を解説
    2018年6月16日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 更年期
    更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
    2018年6月16日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
超低金利時代!教育資金を貯めるなら絶対に学資保険

銀行に定期預金を預けても、ほとんど利息が付かない時代です。ただ銀行に預かってもらっているだけ。おかげで家庭用金庫の売れ行きが好調だとか。

普段の生活に預金をしておくことはいいのですが、将来のための積み立てにはあまりにもうま味がありません。

しかし、この超低金利時代に特別際立つ貯蓄商品があるのです!それが、「学資保険」です。
「保険がなぜ貯蓄になるの?」とピンとこない方は、ぜひともこの先を読んでみてください。「保険」の考え方が変わりますよ!

スポンサーリンク

■学資保険の仕組み

学資保険は
契約者が、父親や母親(祖父母が契約者となることも可能)、被保険者が子どもである保険です。子どもが被保険者ということですから、子どもが死亡した時には給付金がおりることになります。

「子どもに保険をかけるなんて」と早合点しないでください。あくまで「学資」のための保険なのですから、契約者である「親」が亡くなった時に、その子どもが以後の教育を変わらず受けられるように資金を準備するのが、大元の目的である保険です。

それでも、最近では保険の要素よりも貯蓄がメインで、払い込んだ保険料よりも受け取り金額が多くなる学資保険が主流です。

入院給付などの保障部分をつけるとこの返戻率が低くなることもあり、多くの学資保険には入院給付などを付加することができません。子どもの医療保険は学資保険とは別に準備する必要があります。

※かんぽ生命 学資保険 「はじめのかんぽ」には、無配傷害入院特約・無配当疾病傷害入院特約を付加することができます。
積み立てた保険料は子どもの年齢、入学の時期に合わせて学資金として受け取ることができます。何歳で受け取るかは、パターンの中から選ぶことができます。

 

■返戻率を高めるために保険料払込を短期間で完了させる

保険料の払込期間を短くすればするほど、資金を運用する期間が長くなり、返戻率が上がります。また、こまめに教育資金を受け取るよりも満期に一括で受け取る方がさらに返戻率が高くなります。

例えば
ソニー生命 学資保険 [無配当] Ⅲ
契約者 30歳 被保険者 0歳 保険期間22年
基準学資金額40万円 受取学資金総額 200万円

<契約例> プラン1 プラン2  
払込保険料総額 1,812,672円 1,724,160円  
保険料払込期間 18歳まで 10歳まで  
月払保険料 8,392円 14,368円  
返戻率 110.3% 115.9%

※返戻率=受取学資金総額÷払込保険料総額×100(小数点第2位以下切捨)

プラン1 保険料を18歳まで払う場合、差額が187,328円
プラン2 保険料を10歳までに支払い終わる場合、差額が275,840円
保険料を早く払い終わるプランの方が、より貯蓄性が高くなります。

▼途中で保険料が負担になったら

返戻率を高くするために、早く支払おうとして、月々の保険料を高く設定していると、後々保険料が負担になるかもしれません。

その場合は、以後の保険料の支払いを中止して、保険料払い済みの払済学資保険に変更することができます。変更後の基準学資金額は変更時の保険会社の所定の金額に基づいて新たに決まり、契約時と比べて少なくなります。

貯蓄性が高い学資保険の途中解約はおすすめできません。満了時に多く受け取れるように運用していますので、途中で解約すると、解約返戻金は払込保険料よりも少なくなります。

契約時には、将来的にも無理のない設定をするようにしましょう。

■子どもが小さいうちに加入しないと返戻率が下がる

普通の保険(契約者=被保険者)とはちがい、学資保険は契約者の年齢によって保険料に
あまり差がありません。

例えば
アフラック 夢みるこどもの学資保険
契約者 30歳 被保険者 0歳 保険期間22年
基準学資年金額100万円 受取総額 300万円(15歳50万円・18歳100万円・19歳50万円・20歳50万円・21歳50万円)
月払保険料は22,560円
契約者 40歳でも月払保険料は22,640円となり、契約者の年齢では保険料にあまり差がないことがわかります。

満期(子どもの学費が必要になる年齢)が決まっているので、それまでに何年間あるのかが重要です。
加入できる被保険者の年齢は、0歳から6歳(7歳・8歳とする保険会社もあります。かんぽ生命は12歳)までになります。それ以降は学資保険に加入することができません。

子どもの年齢が進めば進むほど、運用期間が少なくなりますから、返戻率が低くなります。

※かんぽ保険は、子どもの入院特約等を付加できるので、加入できる年齢が高くなっていると思います。貯蓄性を重視している会社の学資保険には入院特約を付加することができません。

子どもが生まれたら、その子どもの将来を応援するため、早いうちに学資保険に加入するようにしましょう。

保険ブログの関連記事
  • 保険
    妊娠後に考えるべき女性特有の保険なんてあるの?
  • 保険
    ミニ保険?入りやすい小口の少額短期保険が人気!
  • 女性,保険
    女子が好きな海外旅行!海外へ行くなら事前に「海外旅行保険」を検討しよう
  • 保険
    知らないと損?保険の意外と知らない入院などの請求ポイント!
  • 女性,保険
    子供のために保険を!こどもの日常生活を守る保険とは?
  • 保険
    知って得する?保険料控除で少しでも税金を安くしよう!
おすすめの記事