• 生理(月経)
    長い生理周期の原因と改善方法を解説!更年期の不正出血も気を付けて
    2018年6月21日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理の長い・短いギモン!生理期間の長さの差はなに?原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    更年期の体温は高い、低い、微熱のどれ?上がる・下がる原因も解説
    2018年6月17日
  • 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理血(経血)の色が茶色、鮮血、黒い、濃い、薄い…色が違う原因は?
    2018年6月16日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 更年期
    更年期や閉経前後の基礎体温の測り方と高温期と低温期の変化を解説
    2018年6月16日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 更年期,生理 更年期
    更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因
    2018年4月6日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 閉経
    閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
    2018年6月10日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
生命保険会社の「介護保険」がおすすめのワケ

「介護」にはいろいろな方法や種類がありますが、その中には、家事代行や配食サービスなど、公的な介護保険制度では賄えない費用もあります。そのときの蓄えや公的介護保険だけで、その費用の全てを賄うことは難しいと思います。

では、どんな保険商品をいつから準備しておけばよいのか?実際の介護保険商品を見ながら考えてみましょう。

スポンサーリンク

■介護保険金の受け取り方には3つの選択肢がある

「介護保険」は、被保険者が要介護状態となり、支払事由に該当した場合に給付されるものです。保険金は一時金で給付されるタイプ、年金として給付されるタイプ、あるいは両方の組み合わせで給付するタイプ、の3通りに分かれます。

一時金は、要介護度が低い段階で、自宅のバリアフリー化等のリフォーム費用や介護ベッドなどの購入に充てることがあります。また、貯蓄性を高めるために終身保険とセットにし、死亡または所定の要介護状態で保険金をもらえる商品も多くなっています。

これに対し、要介護度が重くなり、長期間にわたり介護を必要とする状態に対しては年金タイプの保障の方が適しています。

▼保険金の給付は保険会社によって異なる

ほとんどの「介護保険」は、公的介護保険制度に連動して保険金(介護年金)を給付します。ただし、どの要介護度で給付するかは保険会社によって異なります。

また支払額については、要介護3あるいは4以上で金額は同額という商品が多いのですが、中には要介護度に応じて金額が変わる商品もあります。一般的に、要介護度の低い段階から保険金を給付する商品の方が保険料は高くなります。

一時金タイプは要介護2でお支払いする商品が多く、年金タイプは要介護3または4のどちらかでお支払いする商品が多いようです。

▼保険料払込期間・保険期間と払込免除

年金タイプの介護保険は保険期間が終身(年金)の商品がほとんどです。保険料の払込期間も終身払込が多いのですが、これは保険料を毎月無理なく払っていくためにやむを得ないことだと思います。

そのかわり、大抵の商品には保険料払込免除の制度があります。例えば、要介護3に該当して介護終身年金の給付事由に該当した場合、以降の保険料払込は免除されます。

また、特約を付加することにより、要介護1・2に該当すると年金は支払われないものの保険料の払込は免除される、という商品もあります。

「毎月の保険料が高くてもいいから、掛け捨てにならない商品がいい」という人は、65歳くらいまでに払込が終わる商品を選ぶという方法もあります。

また、最近では、一時払終身保険に介護終身年金が組み込まれた商品も販売されていますので、一時金を活用して介護保障と死亡保障を同時に準備するという方法も選択肢として良いと思います。

■では、介護保険にはいつから加入するべきか?

日本は世界有数の長寿国であり、しかも女性の平均寿命は86歳と男性よりも約6歳も長く、世界一の水準です(2014年度簡易生命表より)。長生きする人が多いということは、それだけ要介護状態になる人が多いということですから、保険料は当然、男性よりも女性の方が高くなります。

例えば

朝日生命 介護保険「あんしん介護」

一時金300万円 基準介護年金額60万円のプラン

被保険者 40歳 女性 保険料払込期間/保険期間 終身

月払保険料 7,908円

 

同条件で、被保険者 60歳で加入すると月払保険料は19,074円と倍以上になります。

 

無理ない保険料で継続していくためには、少しでも若いうちに始めることが大切です。保険料は、将来自分が要介護状態になったとき、配偶者や家族に少しでも迷惑をかけないようにするための先行投資と割り切るべきでしょう。

もしも、高齢になってからの加入となる場合は、手持ち資産を活用して、一時払で準備することをおすすめします。

■おすすめの介護保険商品はコチラ

数ある「介護保険」の中でも、わかりやすく、なおかつ様々なニーズに対応できる、おすすめの介護保険を3つご紹介します。

▼朝日生命「あんしん介護」 (「一時金」と「終身年金」の組み合わせタイプ)

・公的介護保険制度に連動し、要介護1から年金が一生涯受け取れます。

受け取れる年金の額は、要介護度により変動します。

 

例えば、基準介護年金額60万円の場合

要介護度 年金額
要介護1 20万円
要介護2 30万円
要介護3 40万円
要介護4 50万円
要介護5 60万円

・「要介護1」に認定されると、保険料の払込が免除となります。

・「要介護3」に認定されると、上記の終身年金とは別に一時金を受け取れます。

・保障内容は「一時金」のみ、あるいは「終身年金」のみ、とすることもできます。

・保険料

一時金300万円、基準介護年金額60万円、終身払込(月払)のプランの場合

契約年齢 介護終身

年金部分

介護一時金

部分

合計保険料
40歳 5,784円 2,124円 7,908円
50歳 8,250円 3,258円 11,508円
60歳 13,488円 5,586円 19,074円

 

▼東京海上日動あんしん生命「長生き支援終身」・・・「一時金」タイプ

・死亡・高度障害・要介護状態のいずれかの場合に一時金で保険金を受け取れます。

・保障は一生涯続きます。

・介護保障は「要介護2」または所定の状態のときに支払われます(介護保険金を10年間にわたり年金として受け取るプランもあり)。

・保険金を受け取ることなく、所定の支払対象年齢に到達した場合、「健康祝金」が支払われます。(祝金なしタイプもあり)

※所定の支払対象年齢は、「70歳・75歳・80歳」もしくは「80歳・85歳・90歳」のいずれかになります。

※祝金の金額は保険金額により以下のとおりとなります。

  祝金の額 例:保険金額500万円の場合
1回目 保険金額の20分の1 25万円
2回目 保険金額の20分の1 25万円
3回目 保険金額の5分の1 100万円

・3大疾病保険料払込免除特則を付加した場合 <任意付加>

悪性新生物(がん)、急性心筋梗塞、脳卒中の所定の疾病状態になった場合、将来の保険料の払込が不要となります。

・保険料

保険金500万円、65歳払込満了、健康祝金あり(70歳・75歳・80歳)、3大疾病

保険料払込免除特則つき

契約年齢 合計保険料
40歳 17,300円
50歳 30,930円

 

▼明治安田生命「パイオニアケアプラス」・・・「終身年金」タイプ、一時払

・一生涯にわたり死亡保障および要介護状態の終身年金による保障を準備できます。

・介護終身年金は「要介護3」または所定の状態に該当した時から、被保険者が亡くなるまで一生涯受け取れます。

・死亡給付金額は介護終身年金年額×(10-介護終身年金の支払い回数)で計算されます。(介護終身年金の支払事由に該当することなく亡くなった場合は、介護終身年金年額の10倍の金額となります。)

・保険料

介護終身年金年額60万円(死亡給付金最大600万円)

契約年齢 一時払保険料
40歳 5,001,060円
50歳 5,309,100円
60歳 5,607,000円

 

■介護は必ずやってくる

年をとっていくことは皆に平等に、必ず起こることです。その中で、ご家族の介護を多かれ少なかれ、必ずと言っていいほど経験する、もしくは介護される側になるのではないでしょうか?

それなら、家族の負担がなるべく少なくできるように「介護保険」で資金を準備するようにしませんか?

スポンサーリンク
あわせて読みたい
保険ブログの関連記事
  • 保険
    妊娠後に考えるべき女性特有の保険なんてあるの?
  • 保険
    ミニ保険?入りやすい小口の少額短期保険が人気!
  • 女性,保険
    女子が好きな海外旅行!海外へ行くなら事前に「海外旅行保険」を検討しよう
  • 保険
    知らないと損?保険の意外と知らない入院などの請求ポイント!
  • 女性,保険
    子供のために保険を!こどもの日常生活を守る保険とは?
  • 保険
    知って得する?保険料控除で少しでも税金を安くしよう!
おすすめの記事