背中が痛い~左側右側で何か違うの?背中の痛みで意外な病気を発見!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原因がはっきりしない背中の痛み。

長時間同じ姿勢を続けていたり、背中に負担がかかるようなことを行なったのであれば、筋肉疲労や骨の歪みなどが考えられます。

しかしそういった覚えがないのに背中が痛いという場合は、内臓の疾患から来る痛みかも知れません。

スポンサーリンク

背中の痛み、どんな病気が隠れている?

ひとくちに背中の痛みと言っても、どのへんが痛むかで病気の種類が分かることもあります。

背中の左側が痛むケース

胃炎~胃のむかつき、不快感、痛み、食欲不振、

胃潰瘍、十二指腸潰瘍~胃の痛み、不快感、嘔吐、発熱、吐血、下血、

胃がん~胃の痛み、不快感、むかつき、吐き気、便が黒っぽくなることもある

膵炎~みぞおちから左脇腹上部にかけても痛みがある 嘔吐、下痢、便秘

膵臓がん~体重減少 黄疸 胃の周辺が痛む

心筋梗塞~胸部を中心に激痛が継続 冷や汗や血圧低下、意識障害が起こることも

狭心症~胸の締め付けられるような痛み 痛みは背中や肩、腕などに見られるケースも

胸郭出口症候群~肩や腕の痛みや痺れ 握力低下 感覚障害

背中の右側が痛むケース

肝炎~発熱、黄疸、食欲不振、嘔吐、吐き気、倦怠感

肝臓がん~食欲不振、腹部の張り、黄疸、むくみ、便秘、下痢、疲労感

胆石症~みぞおちから右上腹部にかけての激痛を伴う 黄疸、嘔吐

胆のう炎~嘔吐、吐き気、発熱、肋骨の下やみぞおちの激しい痛み

胆管がん~右上腹部の痛みやしこり、黄疸、食欲不振、倦怠感、発熱、

左右関係なく背中が痛むケース

筋肉痛~首、肩、背中の痛み、違和感、重苦しさ、こり、張り、腕の痺れ

腎臓がん~血尿、腹痛、腹部の腫れ、発熱、食欲不振

腎盂腎炎~悪寒、発熱、頭痛、吐き気、残尿感、排尿痛

尿路結石~脇腹から背中にかけての激痛、血尿、冷や汗、吐き気、頻尿、排尿痛

関係ない筈の背中が痛むのはなぜ?

背中の痛みは殆どが心配ない?

背中の痛みは殆どの場合、筋肉疲労や骨の歪み、冷え、加齢によるものや骨粗しょう症といったものが原因になっているケースが多いと思っていいでしょう。

しかし背中の痛みとともに前述した症状が表れる場合は、内臓疾患を疑ってみる必要があります。

全く関係ないと思われる内臓の異状にも関わらず、どうして背中に痛みが起きるのでしょうか。

知っておきたい関連痛

これは関連痛と言われるもので、体のどこから発生した痛みなのかを脳が正確に把握出来ずに、他の部位の痛みだと勘違いを起こしてしまう現象。

この場合は痛みの原因を治療しない限り、背中の痛みも治りません。

大きな病気が隠れている可能性も否定出来ないので、背中の痛みだけでなく、ほかの症状にも注意しておく必要があります。

背中の整形外科的疾患を防ぐには

整形外科的疾患を取り除く

背中の痛みを内臓疾患の関連痛と勘違いしないためには、整形外科的疾患を出来るだけ防ぐことが大切。

特に次の項目に当てはまる人は要注意です。

➀デスクワークや同じ姿勢を長時間続けることが多い人

➁重いものを持ち運ぶ人

➂スポーツをしている人、もしくは運動不足の人

➃姿勢の悪い人

➄冷え症の人

➅更年期の人

適度な運動、正しい姿勢

長時間同じ姿勢を続ける人は肩や首のこりや腰痛に悩まされることが多いもの。

1時間に1度を目安に体を動かすことを心がけましょう。

軽いストレッチなどで固まった筋肉をほぐすだけで、大きな違いが出てきます。

また重いものを持ち運ぶ仕事の人、姿勢の悪い人は、定期的に整形外科や整骨院などで筋肉や骨に異状がないかどうかを確認しましょう。

マッサージ等を受けることもおススメです。

姿勢の悪い人、重いものを持つ人は猫背になりがち。

出来るだけ胸を張り、背中を真っ直ぐするように意識しましょう。

筋肉疲労や血行不良が背中の痛みの原因に

スポーツをしている人も、運動不足の人も

スポーツをしている人はウォーミングアップやストレッチを丁寧に行ないましょう。

鍛えているから大丈夫なのではなく、筋肉は疲労が溜まると固くなって痛みやすくなります。

正しいケアを行ない、ケガを防ぎましょう。

また運動不足の人は血流や新陳代謝が悪くなり、それが痛みとして表れることもあります。

長時間同じ姿勢を続ける人と同じく、軽いストレッチやウォーキングなどで体を動かしましょう。

女性は注意!冷えや更年期が背中の痛みに繋がることも

冷え症の人はしっかり入浴することが大切。

夏は暑いからシャワーだけという人多いかも知れませんが、冷房で体が冷えてしまっています。

半身浴などで体の芯からゆっくり温めましょう。

また更年期の人も冷えは大敵。

血行不良は更年期のあらゆる症状を悪化させます。

女性ホルモン「エストロゲン」の減少により骨粗しょう症を起こしやすくなります。

骨折などを防ぐためにも、定期的に骨密度の測定を行なうようにしましょう。

まとめ

背中の痛みが続くようであれば、そのほかの症状にも注意することが大切。

痛みが強くなってきたり、気になる症状がある時は迷わず医療機関を受診しましょう。

背中が痛いからと言って、背中に異状があるとは限りません。

自分の健康を過信せず、あらゆる可能性を視野に入れ、手遅れにならないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

あわせて読みたい