• 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    更年期女性の眠気・睡魔は更年期障害?眠い時の眠気覚まし方法や対策
    2018年4月6日
  • 更年期,生理 更年期
    更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因
    2018年4月6日
  • 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 胸の悩み
    乳首が痛い…読者の皆さんは?生理前・妊娠・更年期?乳首痛の体験談と考察
    2018年4月1日
  • 閉経後,太る,太りやすい 閉経
    閉経後に太る!なぜ太りやすい?更年期・閉経肥満の原因とダイエット方法
    2018年4月7日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
背中の脱毛どうしてる?見えにくい届きにくい背中の脱毛方法とは

背中の毛に悩む女性は意外と多いもの。

水着になったり何かと肌をさらす機会の多い夏だけではなく、温泉やスパ、エステやマッサージなどで季節に関係なく背中を見せることも少なくありません。

自分では見えにくく、処理も難しい背中の毛。

その脱毛方法を御紹介します。

スポンサーリンク

背中の脱毛 やっぱりカミソリが手っ取り早い?

カミソリを利用する方法

背中の脱毛の一番オーソドックスなのはカミソリを使用した方法。

専用のクリームとカミソリを準備すればいつでも出来る方法ですが、自分だけで背中全体をきれいに剃ることは難しいですよね。

そうなるとやっぱり誰かに手伝ってもらうことがベターです。

とは言っても、気心の知れた人でないと恥ずかしいもの。

オーソドックスな方法ではあるものの、手伝ってくれる人がいる時でないと出来ないという不便さもあります。

自分ひとりで剃るのは難しいから

そんな悩める思いに応えるための商品もちゃんと販売されています。

刃の部分は通常のカミソリと同じですが、持ち手(柄)の部分が長くなっていて、孫の手のような感じで背中に行き届くようになっています。

また同じく持ち手の長い電動式タイプのシェーバーもあります。

これで背中の隅々まできれいに剃れるかどうかは、その商品や使い方にもよるかも知れませんし、傷をつけないように注意が必要です。

何事もそうですが慣れてくることでコツを掴み、段々と上手に剃れるようになってくると思います。

背中の脱毛 こんな方法もあります

背中の毛を絡め取るタイプ

最近ちょっと話題になったのが「脱毛タオル」。

ウェーブ状に突起のある生地が、背中を洗う感覚でムダ毛を絡め取るという仕組み。

同時に古い角質も除去してくれるので、ツルツルの背中に生まれ変わります。

しかし脱毛出来る毛は産毛程度のもの。

硬く太い毛になると対応出来ないことがあるようです。

・背中用エピローラー

毛を絡め取るタイプでは背中用のエピローラーもあります。

背中にコロコロ滑らせてローラーがムダ毛を絡め取ります。

フェイス用で有名になりましたが、痛みを感じる人もいるようで、その使用感にも個人差があります。

簡単に出来るタイプ

・脱毛テープ、脱毛ワックスシート

背中なのできれいに貼れるかどうかが問題ですが、貼って剥がすだけで簡単にムダ毛処理が可能な脱毛テープ。

昔の脱毛テープは結構痛みを伴う物でしたが、現在の商品は保湿成分が配合されていたり敏感肌の人にも使用出来るようなタイプがあります。

但し肌が少しでも濡れていると貼り付かないため、汗などをしっかり拭き取ってから使用するようにしましょう。

・除毛クリーム、ローション、ジェル

除毛したい部分にクリームを塗り数分放置。

その後、シャワーなどで洗い流すタイプが一般的。

肌の表面に出ているムダ毛をクリームで溶かすのが除毛クリームの仕組みです。

しかし表面にあるムダ毛のみの処理なので、またすぐ生えてきてしまうというデメリットもあります。

あくまでも一時的、緊急的なムダ毛処理が目的と言えそうです。

背中の脱毛 見えにくいからこそ気を付けたいこと

肌トラブルが起きることも

脱毛・除毛ともに肌への負担がゼロという訳にはいきません。

その人の体質や商品との相性などにもよりますが、場合によっては肌トラブルの原因になることもあり得ます。

ニキビや吹き出物、傷などが出来てしまったというケースも少なくないのです。

せっかくムダ毛を処理したのに、背中がニキビでいっぱいになった…なんてことになったら本末転倒。

口コミや商品説明を良く読んで、メリットだけでなくデメリットも知っておくことが必要です。

その後のケアも忘れずに

脱毛や除毛が終わったら、その後のケアを忘れないように気を付けましょう。

ムダ毛を処理した直後は、肌がナイーブになっています。

保湿クリームや保湿オイル、乳液などで乾燥を防ぐことが大切です。

またその時の体調によって、肌荒れがひどくなることもあります。

女性の場合は月経前後、また更年期に入っている場合は注意が必要です。

脱毛サロンを利用する

自分へのご褒美

こういった肌トラブルを出来るだけ回避するためには、やっぱり専門家にやってもらうのがベストと言えるでしょう。

お金はかかるかも知れませんが、専門家に任せられる脱毛サロンなどを利用することをおススメします。

一度に全てのムダ毛を処理出来る訳ではないので、定期的に通う必要はあります。

少し面倒に感じるかも知れませんが、そんな時間もお金も「自分へのご褒美」と考えてもいいでしょう。

脱毛サロンをどう選ぶ?

脱毛サロンもいろいろあります。

何よりも重要視しなければならないのは「安全」と「安心」。

事前にきちんとカウンセリング等を行なってくれるお店を選ぶようにしましょう。

また料金についても、はっきりさせておくことが大切。

分からないこと、不安なことは自分からどんどん質問し、しっかり納得してから申し込むようにして下さい。

最初に料金のことを曖昧にしてしまった結果、思いもしなかった追加料金が発生するようなケースもあるので気を付けましょう。

まとめ

見えにくい届きにくい背中は、お手入れも難しくついつい後回しになりがち。

背中の毛の処理に悩む人はたくさんいます。

脱毛や除毛の方法はいろいろありますが、肌に負担が全くかからないということはありません。

肌トラブルを防ぐためにも、

・商品、もしくは脱毛の方法や説明を良く読む

・メリットデメリットの把握

・脱毛、除毛後のケア

をしっかりやることが大切。

これらのことを守って、美しい背中を目指していきましょう。

関連キーワード
美容の関連記事
  • 女性の疑問
    いつまでも女性らしくあるために、きれいな乳首をキープしよう!
  • キレイな乳首でありたい・・そんな人に届けたい!乳首の美白とは?
  • 胸を美しく、そして理想的に・・「美」を追求するレーザー治療とは
  • 背中の脱毛どうしてる?見えにくい届きにくい背中の脱毛方法とは
  • 油断大敵!背中のお肉に要注意!正しい背中ダイエットできれいに痩せる
  • 肌悩みが減っちゃうかも!?美容大国・韓国で大ブーム「卵白美容」でツルツル肌に
おすすめの記事