• 更年期
    35~50歳女性の妊娠確率!30代・40~50代更年期の妊娠確率
    2015年6月7日
  • 生理(月経)
    生理前、生理中の体温は上がる?下がる?基礎体温測定で見えること
    2018年6月18日
  • 生理(月経)
    生理予定日前後の出血を解説
    2018年6月16日
  • 更年期,生理,長引く 更年期
    更年期に生理が長引く・止まらないのが不安!出血が鮮血や少量・多いのなぜ
    2018年4月4日
  • 生理(月経)
    生理周期の簡単計算!短い?バラバラ?早くなる?正常周期と数え方を解説
    2018年6月20日
  • 閉経
    閉経前の生理の変化を解説 出血が多い、少ない、だらだら続く
    2018年6月10日
  • 生理(月経)
    長い生理周期の原因と改善方法を解説!更年期の不正出血も気を付けて
    2018年6月21日
  • 更年期,生理,早い,早くなる 更年期
    更年期の早い生理周期…なぜ早くなる?1週間~2週間早まる原因は閉経?
    2018年4月6日
  • 茶色,おりもの,ストレス 生理(月経)
    茶色おりものはストレスが原因?妊娠?生理前・生理後の臭いや塊はどう?
    2018年4月6日
  • 更年期,更年期障害,眠い,眠気 更年期
    朝も昼も夜も眠い…眠気・睡魔の原因は?眠気覚ましの方法や対策を調査
    2018年4月6日
  • 更年期
    更年期の生理の悩み!生理不順・生理周期・生理痛・生理が止まらない
    2018年6月8日
  • 更年期
    基礎体温の平均値や変化と更年期・閉経・妊娠・排卵時との関係性
    2018年6月17日
  • 閉経
    閉経前は生理周期と生理期間が変化? 生理痛と大量の出血にも注意
    2018年6月9日
  • 閉経
    生理復活?閉経後に出血や生理痛のような痛み 生理再開の可能性は
    2018年6月11日
  • 更年期,生理 更年期
    更年期・閉経時期に生理が止まらない、生理が終わらないで長く続く原因
    2018年4月6日
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型 更年期
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
    2018年4月6日
  • 生理(月経)
    生理が来たのに高温期?生理中も生理後も体温が高いまま…いつまで続く?
    2018年6月19日
  • 糖尿病,症状,初期症状 更年期
    糖尿病症状チェック!女性も注意!糖尿病の初期症状や前兆・兆候
    2015年7月13日
  • 更年期
    少量の出血や鮮血が止まらない!更年期の長引く生理の原因を解説
    2018年6月20日
  • 更年期
    生理周期が短い!20代・30代・40代・更年期と年代別に見る原因を解説
    2018年6月22日
背中がかゆい!目が届きにくいから分からない…背中のかゆみの原因とは

背中がかゆい…その原因は乾燥や接触性皮膚炎、ニキビやあせもといったものが一般的。

しかし中には意外なことが原因となって、かゆみを感じているケースもあります。

かゆいからと言って、掻きむしってしまうのは絶対NG!

かゆみが治まるどころか悪化の一途を辿ってしまいます。

早く治したい背中のかゆみの原因を見ていきましょう。

スポンサーリンク

背中のかゆみの原因は「乾燥」であることが多い

乾燥の悪循環

冬になると多くの人が経験する背中のかゆみ。

これは乾燥が原因になっているケースが殆どです。

肌には適度な水分と皮脂が必要。

保湿されていることで肌のバリア機能が働き、外部からの刺激を防いでくれています。

乾燥は肌トラブルの悪循環になり兼ねません。

肌の乾燥、かさつき、かゆみ

ついつい掻いてしまう

角質が壊れ、更にバリア機能が低下

肌の乾燥、かさつき、かゆみ

と繰り返してしまいます。

既にかゆみの症状が表れてしまっている場合は、かゆみ止めの薬を塗ることで改善されることも多いのですが、それは根本的な解決にはなりません。

出来るだけ普段から保湿成分のあるクリームやオイル、乳液などで乾燥を防ぐことが大切です。

ニキビやあせもが出来ていませんか?

背中のかゆみは背中ニキビやあせもが原因になっていることも考えられます。

ニキビやあせもを防ぐには、

・汗を放置しないこと

・汚れを溜めないこと

・乾燥させないこと

これらを守ることが大切。

吸汗性、吸湿性、通気性のある肌着を着用し、背中にシャンプーやボディソープなどの洗い残しがないように気を付けましょう。

背中のかゆみ~その原因を突き止めることが大事

かぶれやアトピー性皮膚炎も考えられます

背中のかゆみには乾燥のほかに「かぶれ」が原因になっていることも少なくありません。

「かぶれ」=「接触性皮膚炎」

この接触性皮膚炎には一時的なものとアレルギーによって起こるものがあります。

シャンプーやボディソープ、衣類の生地などによって刺激を受け、炎症を起こしてしまいます。

またアトピー性皮膚炎によるかゆみも考えられます。

アトピー性皮膚炎は生まれつきのものと考えられがちですが、そうとは限りません。

大人になってその症状が表れるケースもあります。

これらのかゆみはひどくなることが多いので早めに皮膚科を受診し、原因が何であるかを突き止めることが必要です。

そのかゆみ、ダニやノミが原因かも

現代では少なりつつありますが、それでもダニやノミ、シラミといったものがかゆみの原因になっていることも否定出来ません。

特にペットを飼っている場合には注意が必要です。

これらは専用の駆除剤によって、駆除することが可能です。

かゆみのある所を皮膚科で診てもらえば、その原因がはっきりします。

まずは、かゆみの原因が何であるかを診断してもらうことが大切です。

背中のかゆみとストレスの関係

ストレス→かゆみに

皮膚科で診てもらっても、原因がはっきりしないかゆみもあります。

それは意外かも知れませんが、ストレスが原因になっていることも考えられます。

これを「ストレス性皮膚炎」と呼んでいます。

ストレスが原因で自律神経の働きが乱れ、それが「かゆみ」というカタチで体に表れます。

これは皮膚科ではなく、心療内科や精神科、メンタルクリニックなどを受診し、適切な治療を行なわないと改善されません。

またストレスの原因となっているものを取り除くことが最も大切。

心身の疲れを溜めないよう、睡眠や休養をしっかり取ることも心がけましょう。

かゆみ→ストレスに

逆パターンでかゆみ自体がストレスになってしまうこともあります。

体が温まるとかゆみが強まることが多いため、布団に入って暫くすると猛烈なかゆみに襲われるという人も少なくありません。

これは睡眠を妨げることに繋がり、質の良い睡眠が得られなくなります。

睡眠不足になると、心身に様々な悪影響を与えます。

背中のかゆみを軽く見ていると、思いもしなかった症状に繋がることもあるので、早め早めに対処することが大切です。

背中のかゆみ こんなことにも気を付けましょう

大きな体の異変が隠れている可能性も

あまり知られていませんが、背中のかゆみが大きな体の異変の症状として表れることもあります。

考えられる疾患は、

・糖尿病

・肝硬変

・慢性腎不全

などがあります。

糖尿病の場合は、倦怠感や頻尿、喉の渇きなどといった症状も見られます。

また肝硬変は指先の腫れ、黄疸、むくみなどが見られます。

慢性腎不全は疲労感、夜間多尿症、食欲の減退、筋力の低下などの症状が見られます。

食べ物にも気を付けたい

また次のような食品の過剰摂取にも気を付けましょう。

・カフェイン→コーヒー、紅茶、緑茶など

・糖分の多い食品→清涼飲料水、甘いお菓子など

・塩分や脂分の多い食品→スナック菓子、ファストフードのメニューなど

・冷たい飲食物→冷たい飲み物、体を冷やすアイスクリームやかき氷など

肌に良い栄養素はタンパク質、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどです。

それらの栄養素が含まれる物では卵や納豆、蜂蜜など、日頃から摂取しやすい食品もあります。

まとめ

背中のかゆみには、こんなことが原因になっている場合も考えられます。

・冷えや血行不良

・新陳代謝の低下

・加齢、老化によるダメージ

・間違ったスキンケア

・背中を強くこする、洗う

乾燥や接触性皮膚炎などでも、間違ったケアをすると症状を更に悪化させることがあります。

また体の表面だけでなく、内側から改善することも大切。

栄養バランスを考えた食事、十分な睡眠・休養、そしてストレスを溜めないように心がけましょう。

スポンサーリンク
あわせて読みたい
関連キーワード
健康, 病気・不調の関連記事
  • 更年期,女性,脂肪,お腹,体型
    中年女性の中年太りは更年期が影響?お腹周りの脂肪と中年体型の原因
  • 背中の湿疹が気になる。自分では見えにくい背中の湿疹の原因と対処法とは
  • 背中のしこりが気になる。見えにくい背中のしこりは何が原因?
  • 「背中がつって痛い!」知っておきたい背中がつる原因と対策
  • 背中のこりって治せるの?知っておきたい背中のこりの原因と改善策
  • 背中がかゆい!目が届きにくいから分からない…背中のかゆみの原因とは
おすすめの記事